気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ※「無藝荘」を訪問して

<<   作成日時 : 2005/08/11 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
蓼科高原へ行って来ました.
涼しくて,夜はトレーナーを着てちょうどでした.
天候に恵まれました.日頃の行いが良かったのかも・・・

蓼科2日目に,故小津安二郎監督ゆかりの無藝荘(むげいそう)に立ち寄りました.
「東京物語」(1953),「秋刀魚の味」(1962)などの作品が有名な日本を代表する監督です.

「無藝荘」は,小津安二郎監督および彼と関係する人たちの資料館のようになっていました.
建物は,古い日本作りの家で,屋根はわら葺きでした.まだ,葺き替えてから日が浅いようで状態は良いです.
中に入ると囲炉裏があり,お湯を沸かすのに使用されていました.
頼めば,茶を馳走してくれるようでしたが,無粋な私は遠慮しました.
柱や天井は,小津監督の生前から使用されてきた囲炉裏から出る煤によって,黒光りしていました.時代の重みを感じます.

展示資料等によると,小津監督は脚本家の野田高悟に連れられてこの地に訪れ,非常にこの地が気に入ったそうです.そして彼は野田高悟とともにここで7本の作品を執筆しました.
彼らの執筆活動は野田高悟の山荘「雲呼荘」において行われ,「無藝荘」は東京から訪れる映画関係者などの接待の場として使われたそうです.山荘「雲呼荘」はすでに取り壊されて現存しません.

蓼科の地で彼らによって執筆された作品は,「彼岸花」(1958),「お早う」(1959),「浮草」(1959),「秋日和」(1960),「小早川家の秋」(1961)および「秋刀魚の味」(1962)です.
そして,小津監督は「秋刀魚の味」を最後に1963年に亡くなりました.
“秋刀魚の味”は,宇津井健主演でリメイク(2003)されましたね.
彼らの執筆活動の様子を伝えるものとして,一本シナリオが完成するごとに百本の酒が並んだ,という有名なエピソードがあるそうです.

黒澤明と小津安二郎抜きにして日本映画は語れないとまで言われ,彼は亡くなった現在も世界の映画人に大きな影響を与え続けていると言われています.

私は,小津監督が亡くなったときにはすでに生まれていましたが,リアルタイムで観るには程遠い年齢です.
しかし,これほど有名な監督ですから,その後もTV等で放映され,それらのうちの何本かはおそらく観ているものと思います.しかし,作品名は幾度となく聞いているにも関わらず,その作品自体の記憶はありません.
黒澤明監督ならば,「七人の侍」(1954),「天国と地獄」(1963),「赤ひげ」(1965)など,何本かの作品は非常に鮮明に記憶に残っているのですが・・・

野村芳太郎監督の「砂の器」(1974)を契機に,最近,古い日本映画がデジタルマスター版として復活し,DVDで販売されるようになりました.
インターネットで調べると,「秋刀魚の味」は8/27に,また,ここで並べたいくつかの作品を集めたDVD-BOXが9/25に発売されるようです.
レンタルショップで借りられるようになったら,いくつかの作品は観てみようと思います.
【dshu echo】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
初めておじゃまします。
ことのさんのお部屋から飛んでまいりました。

蓼科高原、素敵な所ですね。
私も避暑地に行きたいです。
が、ついつい繁華街へ出てしまいますf(^-^;

映画を沢山観られているんですね。
私がパッと思いつく、ベストスリーは
一位 ニューシネマパラダイス
  (完全オリジナル版でない方)
二位 アウトサイダー
三位 アイアムサム

スターウォーズは全シリーズ集めようと決心し、
一生懸命小遣い稼ぎに励んでおります。
私のブログにおいでいただいた様ですが
どうして入れないんでしょうね?
一応下記にアドレス入れさせていただきました。

http://taako.blog12.fc2.com/

宜しくお願いします<m(__)m>
タ〜コ
2005/08/11 15:58
ターコさん,こんにちは
すこし舌足らずの文章ですみません.
訪問して記事は読めるのですが,コメントが書けないのです.
「宇宙戦争」(http://taako.blog12.fc2.com/blog-entry-16.html)のところで,3回ほどトライしたのですがダメでした.
コメント記入した後で,ニックネームとURLを記入して送信を押しても,ターコさんの記事にコメントが追加されませんでした.
dshu echo
2005/08/11 19:32
(~ヘ~;)ウーン

どうして入れないのかな??

dshu echoさん コメントって所をクリックして
下の方に行くとレスを入れるところがあるんですが・・
そこに入れても駄目なんですか?
野澤菜っ葉
2005/08/11 22:07
ターコさん,菜っ葉さん,お騒がせしました.
URLを記入しないと,受け付けてくれるようです.
コメント落として見ました.

私はターコさんのように,自信を持ってベスト3が語れないのです.
このブログは,それを確認するためのブログです.
「ベンハー」,「十戒」,「風とともに去りぬ」,「ローマの休日」等々・・・をもう一度見るのが怖いです(宝物はそっとしまっておく).
でも,もう一度観ないと,自信が持てないです.
いつ記事にできるかな〜
dshu echo
2005/08/11 23:15
いえいえ、自信をもってではないです。
というか、あれもこれも好きで絞り切れない。という感じです。
こうして「ベンハー」,「十戒」,「風とともに去りぬ」,「ローマの休日」
などと、挙げられてしまうと、また迷いがo(T□T)o

菜っ葉ちゃん有りがとう。
無事に我が家へ到着されました♪
タ〜コ
2005/08/12 09:15
何が1番などと決める必要はないのですが,ランキングのようなものを作りたくたってしまうのは昔の悪い教育のせいでしょうか (^_^);
それはさておき,ターコさんのブログを拝見したら,ターコさんの方がいっぱい映画を観ているのでは,と思いました.
現在,なんとか月2回,がんばって映画館へ足を運ぼうともがいています .
dshu echo
2005/08/12 12:47
dshu echoさん
ターコさんの家に遊びに行く事ができてよかったですね^^


野澤菜っ葉
2005/08/12 20:28
はい,ありがとうございます.
やっと到着しました.
dshu echo
2005/08/13 02:11
dshu echoさん、おはようさんです。
あなたのコメントは映画をみるうえで大変勉強になります。
「亡国のイージス」「ローレライ」とか見てみたいです。
「ローレライ」はそれほどじゃなかったんでしょうか?
もうすぐビデオ出ますよね
まあ見てみますね。

それからdshu echoさん、リンク貼らしてもらってよろしいでしょうか?
返事を頂く前には貼ってると思いますが・・・(笑)
ドラッカー
2005/08/13 10:07
ドラッカ−さん,こんばんは.
リンクして頂きありがとうございます.
??
ドラッカーさん.ジョークきついです.
私のブログが勉強になるなんて・・・
でも,単純なので素直に喜ぶ (^_^)v
勉強はさておき,
こちらこそ,いろいろ教えてくださいね.
よろしくお願いします.
dshu echo
2005/08/14 00:11
dshu echoさん 私もここをみて今度ビデオ借りるとしたら??って
参考にしいていますよ
なかなか観たくなるような説明がいいです^^
私はターコさん友達の映画好きな人のブログをあともう1人
昔の映画ですが・・・その人の映画の説明を読んで結構
心ウキウキしていますが・・なんせ田舎なもので^^:
ビデオ屋が近くにないのが・・・難点です^^:
野澤菜っ葉
2005/08/14 20:59
菜っ葉さん,こんばんは.
菜っ葉さんは車の運転はしないのですか?
私の方では,車の運転ができないと,かなりつらい生活を強いられます.
最近,メモのアップがめっきり遅くなっています.
dshu echo
2005/08/16 03:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
※「無藝荘」を訪問して 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる