気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「シンデレラマン」メモ

<<   作成日時 : 2005/10/10 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 30

画像
Cinderella Man
製作年度/ 2005年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 144分
監督/ ロン・ハワード
製作総指揮/ トッド・ハロウェル
原作/ −
脚本/ アキヴァ・ゴールズマン 、クリフ・ホリングワース
音楽/ トーマス・ニューマン
出演/ ラッセル・クロウ 、レネー・ゼルウィガー 、ポール・ジアマッティ 、クレイグ・ビアーコ 、ブルース・マッギル
【映画館】
++++++++++
ラッセル・クロウとレネー・ゼルウィガーが出演する実在したボクサーの映画という情報だけで「シンデレラマン」を観に行きました.
私は,ふだん,観る映画を選ぶとき,その映画の監督を確認するのですが,この映画ではそれをまったくしませんでした.それだけ,この二人が主演する映画なら間違いない,と思ったのかもしれません.
映画を観て,はじめて,私の好きな監督の一人である「アポロ13」(1995),「ビューティフル・マインド」(2001)などを手がけたロン・ハワード監督の作品であることを知りました.

ジム・ブラドック(ジェームス・J・ブラドック)は1906年,ニューヨークで生まれました.将来を期待され19歳のときにプロ・デビューを果たしました.強力な右を誇るライトヘビー級の選手だったようです.彼は23歳で世界戦に挑戦します.最終まで闘い抜きましたが,途中で負傷して惨敗してしまいました.
彼が世界戦で敗れた年は,奇しくも1929年の世界恐慌の年でした.ジムも今まで蓄えてきた自分の財産を失ってしまいます.彼は家族を守るため,世界戦での怪我が完治しないのに,試合に出場し続けます.試合に出る度に負けを重ね(33戦22敗),さらに怪我も悪化させ(6回の骨折),敗戦と貧困の悪循環に陥っていくのでした.
しかし,彼は怪我を隠して試合をしていたという理由で,プロモーターからボクサーのライセンスを剥奪されてしまいます.
ボクサーとして稼げなくなると,日雇いの仕事で生計を立てるようになります.しかし,その仕事すらありつけない日々が続きます.
それでも,彼は思います.こうやって妻や子供たちと一緒に暮らすことができるのだから,幸せだと・・・・

彼の努力もむなしく生活はさらに苦しくなっていきます.
冬の出来事です.子供が風邪をひいて熱を出すのですが,そのとき電気が止められてしまいました.彼は,このままでは,家族が一緒に暮らすことはできないことを悟ります.
今まで,生活保護を受けることすら拒否していたジムでしたが,彼はかつてのボクシング仲間から物乞いまでしてお金をかき集めるのでした.
そんな,ある日,彼の元マネージャーから試合の話を持ちかけられます.たった,一度だけの試合,まったく勝つ見込みのない試合を・・・
ボクシングから遠ざかっていたジムにとって,試合をすることは自殺行為に匹敵するものです.
彼は家族のためにそれを引き受けます・・・ところが,彼の決意が“シンデレラマン”という現実のおとぎ話を生むことになるのです・・・

「シンデレラマン」は,物語とその時代の背景,映像の雰囲気,役者の演技が非常に良くあった映画でした.それらが醸し出す雰囲気を適度に音楽が盛り上げていきます.
いくつものエピソードを重ね,登場する人物も丁寧に描写されています.
この映画のテーマである家族愛と見応えのあるボクシングシーンの数々・・・
良く練られた脚本による効果的な伏線は,知らず知らずのうちにクライマックスへ見る人を導いてくれます.多少,感動を誘おうという見え見えの演出もあるのですが・・・
さすがはロン・ハワード監督というべき職人的なソツのない娯楽映画に仕上がっています.

この映画の数々のボクシングシーンのうちでも,ジムとマックス・ベアとの闘いは迫力満点でした.試合に向けての伏線も効いていて,試合シーンでは実際のボクシングの試合よりどきどき,わくわくするもので,手に汗を握ってしまいました.
「アポロ13」を観たときに感じたのですが,ロン・ハワード監督は,人物を息遣いが聞こえるくらい超クローズ・アップで映し出すのが好きなようです.ボクシングシーンでも,他の技法と絡めて用いて,迫力をアップさせていました.

ジム・ブラドックをラッセル・クロウ,ジムの妻メイをレネー・ゼルウィガー,そしてジムのマネージャー,ジョー・グールドをポール・ジアマッティが演じています.
この映画でのラッセル・クロウの演技は非常に素晴しいものでした.妻や子供を見つめる目線は父親そのものであり,また演技をとおしてジムの気持ちが伝わってきます.私生活ではトラブル・メーカーのようですが,映画の彼はとてもそういう俳優には見えません.
それに対してレネー・ゼルウィガーは多少オーバー・アクション気味でしたが,ラッセル・クロウの存在感を考慮すると結構バランスの取れた演技だと感じました.
ポール・ジアマッティの熱演も見事です.ラッセル・クロウと彼との絡みはこの映画に魅力を加えています.

「シンデレラマン」は,映画の内容,キャスト,音楽ばかりでなく,エキストラに至るまで気が配られており,さすがハリウッド映画と感じられる娯楽映画です.そして,なんで俺の人生は・・・と考えてるときに,ちょっと元気をくれる,そんな映画でした.


シンデレラマン@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画館「シンデレラマン」
ヨカッタです。フツーに良かったです。 家族愛と、ボクサーとしての復活、ストーリーも面白かったし、キャストもピッタリはまっていて申し分ございませんでした。前半は家族愛、後半はボクサー復活といった感じ。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2005/10/11 22:34
「シンデレラマン」ラッセル・クロウの本気
「シンデレラマン」★★★★ ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー主演 ...続きを見る
soramove
2005/10/13 23:39
シンデレラマン
灰かぶりの ままで終わるが 大多数    ...続きを見る
空想俳人日記
2005/11/20 09:25
『シンデレラマン』
「金に切れ目が生じても、家族や親友との縁は切れない」というのが、「シンデレラマン」の主題かな? ...続きを見る
ストーリーの潤い(うるおい)
2006/02/22 06:57
<シンデレラマン> 
2005年 アメリカ 145分 原題 Cinderella Man 監督 ロン・ハワード 原案 クリフ・ホリングワース 脚本 クリフ・ホリングワース  アキヴァ・ゴールズマン 撮影 サルヴァトーレ・トティーノ 音楽 トーマス・ニューマン 出演 ジェームス・J・ブラドック:ラッセル・クロウ    メイ・ブラドック:レニー・ゼルウィガー    ジョー・グールド:ポール・ジアマッティ    マイク・ウィルソン:パディ・コンシダイン    マックス・ビア:クレイグ・ビアコ ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2006/12/04 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画、評判が良いみたいですね。
良い意味で、単純明快で解りやすいロン・ハワードの映画は好きです。
劇場で予告編を見て、「面白そうだなぁ」と思ったのですが、しゅーさんのブログでますます見に行きたくなりました。
ただ、行ける時間があるかは、かなりビミョ〜です (^^;;
タラララ
2005/10/12 23:05
タラララさん,こんばんは!
はい,非常に単純明快でわかりやすかったです.
斬新さはありませんが,良い映画だと思いました.

ボクシングシーンは迫力満点です.
CG全盛の昨今,目新しさは感じませんでしたが,
かなり映像技術はレベルが高いのではないでしょうか?

ラッセル・クロウの演技はもちろん良かったのですが,
ポール・ジアマッティという俳優が良かったです.
ラッセル・クロウを引き立てつつ,自分の存在感も十分に示していました(^^)v

最後に,一番びっくりは,レネー・ゼルウィガーでした!
日本にプロモーションに来たときには,電撃結婚をしていて,
私がこの映画を見たときには,もう離婚していたのですから・・・(^^);
しゅー
2005/10/13 02:22
こんにちは
私も観たいんです。こないだ、もうちょっとで観れるところだったのに、
ハニーのブーイングでファンタスティックフォーとなってしまいました。
レンタルになってしまうかも(-_-;)
でも、絶対に観たいです。
ボクシングシーンってカメラつけて戦ったんでしたっけ?
迫力すごそうですね。
タ〜コ
2005/10/14 15:39
タ~コさん,こんばんは!
>ボクシングシーンってカメラつけて戦ったんでしたっけ?
そうだったんですか.でも,言われてみれば,そうかもしれませんね!

ハニーちゃんには人気なかったですか・・・ブーイング(^^);

この映画のボクシングシーンは,生々しい描写で迫力を出しているわけではないので,誰でも楽しめる映画だと思いました.

タ〜コさんの観たい映画
「チャーリーとチョコレート工場」,「シン・シティ」,「シンデレラマン」・・・
どんどん,たまっていきますね〜
しゅー
2005/10/15 01:36
こんばんは〜!

著作名は思い出せないんですけどこんなお話が・・・

思春期のもやもや燻ったものをもてあましてる一人の少年が
ある日 不良グループの大人たちにからまれ叩きのめされます・・・
後一歩ってところで一人の青年に助けられ、少年はそれを機に
ボクシングの道を歩いていきます。
やがてチャンピオンにまでなったある日、いつものように練習していると
ケンカに打ちのめされた痩せた少年に出会う・・・
それが、過去の自分だったというストーリー。

心と身体のアンバランスをボクシングで昇華させていくあたりと
最後の展開はインパクトがあるので「ボクシング」というと
これを思い出してしまいます(~~:)
お話からそれてすみません。



アリス
2005/10/15 23:10
わっ,アリスさん,こんばんはです!
いえいえ,コメント興味深いです(^^)v
私にはちょっとその作品名&著者がわかりません・・・(> <)
ちなみにいつごろの読まれたのですか?
ネットで検索してみましたが,
物語の内容ではやはり難しいです.
キーワードがあれば良いのですが・・・(^^);

ところで,見苦しい状況の中,良く書き込めましたね・・・恐縮です(^^);
しゅー
2005/10/16 01:08
おはようございまあす!

これは5年以内に読んでると思うんですけど・・・あぅ・・思い出せないわ(~~;)
わたしは、この作家の方の作品ならということで読むこともあるのですが
大抵、表紙の言葉と本のあらすじにザッと眼を通した時にもっと続きが
読みたいなぁ・・とそんなことから手にしちゃうんです(><;)

>ところで,見苦しい状況の中,良く書き込めましたね・・・恐縮です(^^);
ん??
映画の内容ということでしたらそれぞれ好みもあり
主観的なものが入るものでしょうから気にしなくてもいいのでは・・
わたしのブログなど主観的過ぎて何処へいくのやらです(~~;)
アリス
2005/10/16 09:52
アリスさん!
いや,記事の内容ではなくて・・・・(^^);
昨日のアリスさんの書き込みの時間帯に,ブログのレイアウトをいじくっていました.
一時は,記事の文字が非常に読みづらくなっていたので,大変ではなかったかと・・・・いう意味です.
しゅー
2005/10/16 10:28
今日はよそのブログ訪問休み日ですが・・・
遊んでくれる旦那が仕事でいません^^:

ブログ巡りしちゃっています。
しゅーさんは仕事がお休みの時は家族とお出かけするの?
野澤菜っ葉。
2005/10/16 14:37
あはは。いやん!またやっちゃった!!(//▽//)

大変ではなかったですけど 毎夕方と朝の時間帯でラッシュのような
ものがあるみたいですね。
ページ表示に時間がかかることがあります(><;)
アリス
2005/10/16 19:43
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
そりゃ〜,出かけますよ・・・(^o^)
買い物とか,食事とかetc・・・
でも,あまり遠くへはいきません!

買い物のときは,うちの彼女と2人が多いです.
食事のときは,家族全員で繰り出します・・・(^^)v
といっても3人ですが・・・
しゅー
2005/10/16 20:25
アリスさん,こんばんは!
なんか,まだ話が噛みあっていないようですが・・・まっ,いいか・・・(^o^)

このブログにアクセスするのに時間がかかりますか?
写真とかで,ちょっと重くなったのかもしれませんね(> <)
それでは,トップの記事数を減らして,ちょっとだけ軽くしますね・・・(^^)v
しゅー
2005/10/16 20:38
こんばんは。
アリスさんとしゅーさんの会話、見事に噛み合ってませんね (^^)
でも、それはそれで、横から見ていると面白いですよ(失礼!)。

しゅーさんの「見苦しい状況」というのは、ブログのレイアウトを変更されていたのですね。
なるほど、それで自分が昨日書き込む時に、急に「シンデレラマン」の背景になったりしたのですね。
その時は、頭の中が「???」でした (^^;;

アリスさんがおっしゃってるように、時間帯によっては表示が遅れることがありますね。
それでも、BIGLOBEは有料会員へのサービスですから、まだマシですよ。
ホリエモンの無料ブログでは、夜の10〜12時ぐらいまでは混みすぎて、書込がエラーになりますから。
タラララ
2005/10/16 22:11
はははははっ・・・・(^^);
しゅー
2005/10/16 22:17
わたしも大笑い。

タラララさん、ありがとう!

わたしは、そのことに対してコメントする前に遠くから攻めて
いくんですね(笑) 
で、ときどき(いつも?)外れてしまうわ(*~へ~*)トクギニ シヨウカナ

>ホリエモンの無料ブログでは、夜の10〜12時ぐらいまでは混みすぎて、書込がエラーになりますから。

そういえば、数は桁違いだなぁ〜って感じることがありました。
楽天でパスワードやIDを取ろうとしたら
「それはすでに他の方が取得されてます」って出てきちゃう。
次々にこれはないだろうっていうものを入力してもエラー!
一晩、考えたことがありました(><;)

↑今度はお話ズレテないよねっ!(*~~A)
アリス
2005/10/17 08:23
しゆーさんは奥さんの事彼女って呼ぶんですね。
なんか新鮮な感じでいいなぁ〜

お休みはやっぱり家族とお出かけですよね。
お子さんは一緒について来てくるんですね^^
野澤菜っ葉。
2005/10/17 10:01
タラララさん,アリスさん,こんにちは!
へへへっ・・・です(^^);
私はもともとブロバイダーがビッグローブだったので,
なにも考えずにウェブリブログにしました.
それでもって,今,他のブログと比べると・・・
融通性はないものの,安心して利用できるブログだと思っています.
メンバーの方も,他と比べると相対的に良いのではないでしょうか・・・(^^)v
しゅー
2005/10/17 12:35
菜っ葉ちゃん,こんにちは!
うちの彼女という呼び方は,ブログの中での呼び方です・・・(^o^)
日常生活では使わない呼び方です.
自分のことも日常生活では,“わたし”なんて言いません.
オフィシャルの場でも,特別な場合だけですよっ(^^)v

my son・・・
美味しいものがタダで食べられるから,ついてきますね.
でも,買い物にはついてきません・・・(^^);
私も息子と同じ頃は,今の息子と同じようにしていたと思います(^o^)
しゅー
2005/10/17 12:45
壁紙変わったのね〜

一瞬 私は誰?ここは何処?しちゃいました^^

きっと私もよく変えるからみんなも一瞬そう思うのかな?

なんって思いながら今レスしています。

そっかぁ〜彼女はブログ用だったんだ^^

彼女ってなんかいつまでも恋愛ポイ感じでいいなぁ〜

なんって思った菜っ葉でした。
野澤菜っ葉。
2005/10/19 11:29
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
ミックさんが・・・
“ビックさんのブログ”(ウェブリブログ)はバリエーションがないのでつまらない!
と言うので,ちょっとデモンストレーションをしていました(^o^)!
“ビックさんのブログ”でも,少し手を加えればインパクトのあるブロクなるよ〜って・・・

結構,インパクトあったでしょ!
もう少しまじめにレイアウト考えれば,見やすなるのですが,・・・
デモのつもりだったので,そこまではしませんでした.

うちの彼女・・・結構,気に入っている呼び方です(^^)v
しゅー
2005/10/19 19:20
しゅーさん こんばんは
「シンデラマン」見ましたよ! ようやくPCがDVDを認識してくれて
見ることが出来ました
感想はしゅーさんが書いてる通りです!(笑)

あの映画で「プリモ・カルネラ」って名前が出た時はちょっと驚きましたが・・その時代だったんですねえ〜
力道山のプロレスの時に来日して見た事ありますが
ボクサーだと知ってましたが・・まさか「シンデレラマン」に出るとは?(笑)

それとポール・ジアマッティが良かったねえ〜
あ〜言う人物がいないとボクサーの晩年はひどいことになるんですよね

ボクサー映画では「レイジング・ブル」も良かったですよ!

テス(nosaman)
2006/03/25 20:47
テスさん,こんにちは!
>ようやくPCがDVDを認識してくれて
はて・・・どういう意味かな〜(・・?)

>プリモ・カルネラ
力道山の時代に来日したプロレスラー・・・
シャープ兄弟,ルー・テーズぐらいはわかるのですが,プリモ・カルネラはまったく記憶にありません(^^;)

ポール・ジアマッティ・・・
彼はこの「シンデレラマン」で,アカデミー賞にもノミネートされました!
結局,助演男優賞はジョージ・クルーニーで,残念でした.
でも,この映画での彼の演技は良かったです♪

レイジング・ブル・・・
モノクロ映像が印象的な映画でした.
ロバート・デ・ニーロが最高に乗っていた頃の作品ですね〜
私も好きな映画です.
しゅー
2006/03/26 15:14
しゅーさん おはようございます
PCにDVDを取り込んで見ることを出来るようにしてますが
それをDVD−Rに焼くとテレビで見れます!
焼く作業が出来ない・・ライティングソフトの不具合でした(笑)

プリモ・カルネラ・・人間山脈と言われてように記憶してます

アカデミー賞はやはりもらわなければ値打ちがないんですね?
二、三日前にBSで「砲艦サンパブロ」のマコ・岩松も
アカデミー助演男優賞の候補で終わってしまったのが残念ですね

主演のスティーブ・マックイーンもアカデミー賞に縁がなかったのが不思議ですね?
テス(noosaman)
2006/03/27 10:32
テスさん,こんばんはっ!
もしかして,それって,○ロテクトはずして・・・ってこと(小さな声で)
と,それはさておき・・・

スティーブ・マックィーン・・・
ちょっとネットで調べてみました.
本当に,アカデミー賞とは無縁のようですね〜
「荒野の七人」,「パピヨン」,「ゲッタ・ウェイ」,「栄光のル・マン」等の有名な作品もアカデミー賞を受容していない(^^);
「華麗なる賭け」ですら,歌曲賞を受賞したのみ・・・

もっとも,「砲艦サンパブロ」のマコ・岩松のように,ノミネートはあるのかも・・・
「砲艦サンパブロ」では,リチャード・アッテンボローがゴールデン・グローブ賞を受賞していますねっ!
しゅー
2006/03/28 00:24
しゅーさん、マックィーンは生涯に一度だけ、「艦サンパブロ」で主演賞にノミネートされていますよ。
まあ、基本的に彼が出演する映画はアカデミー賞とは無縁のタイプが多かったので、仕方がないでしょうね。

DVDをDVD-Rに焼くのは自分もしてますよ。
でも、こちらのブログに迷惑がかかる可能性もあるので、話題にはしないでおきますね (^^;;
タラララ
2006/03/28 15:48
ラッセル・クロウとレネー・ゼルウィガーが
共演してる映画なんか在ったんだ・・
しゅーさんの解説を読んでみると観たくなった・・

今度、機会を見つけて観てみるかな。
今日は朝から吹雪きでした~(≧◇≦)/゙゙゙゙
ホッ
2006/03/29 17:30
タラララさん,ありがとうございます♪
マックィーン・・・
そうですか!ノミネートがありましたかっ!

もしかしたら,
本人は受賞を望んでいたかもしれませんが,
あそこまでメジャーになれば,必要ないですよねっ.
それに,彼の実力は見れば判るし,みんなの記憶に残りますから・・・
しゅー
2006/03/31 02:24
ホッさん,こんばんは!
是非,観てくださいね♪
ホッさんの好きな,直球勝負の映画です(^o^)

29日は,こちらも北西の風がめちゃくちゃ強く,小型台風が上陸したような状態でした.
しゅー
2006/03/31 02:28
素敵なTBありがとうございます。 しゅーさんの映画評を読むと、いつも絶対にその映画を観たくなってしまいます。 表現力が素晴らしいので楽しいですし、微妙に読んでいる人に期待感をもたせるからかな?
レニーの結婚と離婚のこと、ホントなの? さすが女優さんですね。
みのり
2006/12/04 10:57
みのりさん,こんばんは.
>いつも絶対にその映画を観たくなってしまいます。
映画評などという大そうなものではないですけど,お褒めに預かり光栄です(^^)v
もともと技術屋なもので上手い文章は書けませんが,読んでいただいて内容がイメージできれば良いな〜と思っています!

>レニーの結婚と離婚のこと、ホントなの?
ええ,本当です.根っからの女優さんのようですね♪
しゅー
2006/12/05 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「シンデレラマン」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる