気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「たそがれ清兵衛」メモ

<<   作成日時 : 2005/11/06 02:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 23


製作年度/ 2002年
製作国/ 日本
上映時間/ 129分
監督/ 山田洋次
製作総指揮/ −
原作/ 藤沢周平
脚本/ 山田洋次 、朝間義隆
音楽/ 冨田勲
出演/ 真田広之 、宮沢りえ 、小林稔侍 、大杉漣 、吹越満
【DVD】
++++++++++
日本アカデミー賞をはじめ,数々の賞に輝いた山田洋次監督の時代劇「たそがれ清兵衛」を観ました.
彼はこれまでに“男はつらいよ”シリーズなど数多くの作品を手がけてきましたが,時代劇ははじめてではないでしょうか.
私は,これまでの彼の作品では「幸福の黄色いハンカチ」(1977),「遥かなる山の叫び」(1980)が比較的気に入っています.

主人公の井口清兵衛は幕末の庄内,海坂藩の下級武士です.
仕事ぶりは真面目なようですが,特に目立たつこともない平凡な男.
彼は人付き合いが悪く,下城の太鼓がなるとさっさと帰ってしまいます.
仲間たちがそんな彼に付けたあだ名は“たそがれ清兵衛“

清兵衛が仲間たちに蔑まれても早く帰るのには訳がありました.
彼の妻は長い間の闘病の末,幼い二人の娘と老母,それに多額の借金を残して先立っていました.そのため,どうしても借金の返済のための内職をする必要もありましたし,家族の面倒もみなければなりません.
それでも,彼は自分の置かれた境遇を嘆くこともなく,家族との生活に幸せを感じるのでした.

ある日,清兵衛は幼馴染みの朋江が元夫の甲田に付き纏われているところを助けます.
清兵衛は幼いころから朋江にほのかな恋心を抱いていました.彼はこの一件をきっかけに,あたらめて自分の彼女を想う気持ちを再認識します.
しかし,彼は自分の境遇では彼女を幸せにはできないと思い,朋江の兄からの縁談の誘いにも耳を貸しません.
城内でもこの一件は話題となり,清兵衛の優れた武芸の腕前が評判になりました.
そんなある日,清兵衛に一刀流の剣客・余吾を討ち取るようにとの藩命が下ります.
彼はやむなく藩命に従うのですが・・・

この映画は,幕末という束縛は多いもののそれが徐々に崩れ始めた時代の中で,主人公のキャラクターに現在の価値観を持たせて,山田監督の主張を代弁させているような印象を受ける作品です.
そして,これまでの時代劇のような形式美に捉われない出来るだけリアルな描写を試みた作品のようです.

映画全体の流れは実にゆったりとしています.
緩やかな描写の中で,清兵衛役の真田広之と朋江役の宮沢りえの演技が光ります.
真田広之の演技はしっかりしていて,父親としての強さと優しさ,そして一人の人間としての迷いや葛藤が映像をとおしてよく伝わってきます.
宮沢りえの演技も素晴らしく,つつましい女性の微妙な気持ちの揺らぎを上手く表現していました.彼女は演技することにより,美しさが,より一層,鮮明になるように感じました.
その上,この二人が時折見せる凛とした立ち振る舞いは,この映画に適度な緊張感を与えているように思われました.
二人の脇を固める小林稔侍,大杉漣,田中泯らも存在感のある演技をしていました.

この映画には,多少不満も残りました.
この映画は,清兵衛の長女が父を回想する形で話が展開されていきます.長女の父に対する想いは岸恵子のナレーションが用いられています.
重要なシーンになるとナレーションが入ります.説明が過剰なように感じました.
ナレーションが緊迫した雰囲気を台無しにしたシーンもありましたし,岸恵子の甘ったるい語り口は映像に馴染んでいない印象を受けました.
さらに,清兵衛と余吾との死闘の場面でも,二人の交わす会話がしつこく,時代劇のクライマックスとなるはずの殺陣シーンに集中できませんでした.

「たそがれ清兵衛」は山田洋次監督の嗜好が強く反映された時代劇です.多少不満はあるものの,見応えのある映画に仕上がっています.かなり,真田広之と宮沢りえの演技に助けられている部分もありますが,映画館で鑑賞するに値する作品だと思いました.


たそがれ清兵衛@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
たそがれ清兵衛
たそがれ清兵衛 (THE TWILIGHT SAMURAI) 製作: 2002年、日本 監督: 山田洋次 脚本: 山田洋次、朝間義隆 原作: 藤沢周平 出演: 真田広之、宮沢りえ、小林捻侍、大杉漣、吹越満 ...続きを見る
結局映画かよ
2005/11/16 01:13
「たそがれ清兵衛」見たよ
はい、こんにちは。 ...続きを見る
雪華と、うふふ
2006/04/18 18:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
時代劇のクライマックスである殺陣・・・
これが問題ですよ 『しゅう』さん
クライマックスと決めて掛かってしまうと
確かに あのくどい台詞たちは辛いものがある
でもね よりリアルにあのシーンを描く方法の
ひとつとも 取れなくはないと 考えるのです

いきなり殺陣に突入!! ってのもいただけない
かといって 会話ばっかりじゃ緊張感に欠ける
私は けっこう 気に入ってましたよ(。-_-。 )ノハイ
黒一
2005/11/06 10:15
近年の邦画の中では傑出した出来ですね。
この原作は未読ですが、大好きな藤沢周平の世界が見事に表現されていると思います。
清兵衛と余吾の会話は気になりませんでしたが、岸恵子のモノローグは…。
個人的にモノローグを多用する映画が好みでないこともありますが、この映画の唯一の不満点です。
でも、日本の原風景を捉えたようなカメラも美しいですし、心に残る映画でした。
タラララ
2005/11/06 13:37
黒一さん,タラララさん
さっそく,ありがとうさんでがんす・・・これで良いのかな?(^^)v

清兵衛と余吾の決闘する場面・・・
>でもね よりリアルにあのシーンを描く方法のひとつとも
たぶん,それが監督の意図するところだと思います.
さらに,
余吾が自分のプロフィールを語り,自分と清兵衛との境遇について分析までする.
見る人によっては,この二人の対決の刹那さを誘うことになる・・・

でも,K-1の試合で
対戦者の紹介があり場内は徐々に盛り上がっていく・・・
さて,試合が開始すると1ラウンドで終わってしまった.
それも,片方の選手がちょっと油断したために・・・

黒一さんの言うようにバランスだと思います.
あれだけ引っ張ったのだから,もう少し殺陣シーンを楽しみたかったです.
真田広之と大杉とのシーンが良かったので,もう一度楽しみたいと思いました!
真田広之が結構気に入っているので,なおさらかも・・・(^^);
しゅー
2005/11/06 16:16
それから・・・
・高校時代,山本周五郎をほぼ読破しました(1冊だけ読んでいない).
 藤沢周平は,周五郎の作品と似ていますか?
・個人的には,もうちょっとだけ色鮮やかな映像が好きです(^^)v
しゅー
2005/11/06 16:16
え〜、藤沢周平と山本周五郎の違いですが、逆に自分は山本周五郎をほとんど読んでいないので解りません (^^;;
これは、独断と偏見ですが…吉川英治ほど読みやすくなく、司馬遼太郎ほど読みにくくない…という感じでしょうか。
これまた私見ですが、藤沢周平は女性の描き方が下手だと思います。
でも、それが決して短所ではなく長所になっているところが好きです (^^)
タラララ
2005/11/06 17:22
タラララさん,ありがとうございます.
「たそがれ清兵衛」は周五郎の世界に比較的近い感じがしたもので・・・

でも,藤沢周平は,周五郎の作品はだいぶ違うのですね!
周五郎は女性の描き方も上手いですから・・・
私の女性観は,周五郎の小説で構築されています・・・なんちゃって(^^)v
しゅー
2005/11/06 18:14
私はあまり日本の映画は観ないんですが
これは良かった〜〜〜〜^^
宮沢リエが物凄く綺麗で 惚れてしまう〜〜〜って
思いながら観ていましたよ。
野澤菜っ葉。
2005/11/07 09:06
菜っ葉ちゃん!
宮沢りえ・・・
良いですよね〜
女性の目から見ても良いですか(^o^)

今思うに,ちょっと雰囲気の怪しい(元)貴乃花の奥さんにならなくて本当に良かったです(^^)v

つつましい女性・・・
うちの彼女に,宮沢りえさんの爪の垢を煎じて飲ませたい・・・
なんて,決して思ってないです・・・はい(^0^)
しゅー
2005/11/08 02:02
本当に宮沢りえは綺麗ですね。
益々磨きがかかって、色気も出てきましたよね。
貴乃花の奥さんにならなくて正解!
もったいないもん。

この映画、どうも臭ってきそうでそれだけがダメだったんですが、
これまで、邦画をほとんど見なかった私が、
その後、邦画を楽しむきっかけになった映画でもあります。
まだ、劇場にまで足を運ぶほどにはなっていないのですが、
今後を期待しています(*^。^*)
タ〜コ
2005/11/08 10:18
宮沢リエの妖艶な色気がたまらなく好きです。
でも少し痩せすぎだから・・・もう少し太って欲しい
昔 ヘヤーヌード出した時物凄く可愛かった^^

今度TVで瀬戸内さんの役をするみたいですが・・・
楽しみです

若貴・・・今では「藪の中」ですね。
野澤菜っ葉。
2005/11/08 22:34
タ〜コさん,こんばんは&お久しぶり!
「たそがれ清兵衛」・・・
この映画は以前知り合いに薦められていたのと,タ〜コさんが「鬼の爪」の記事を書いていたので観ることにした映画です.
やっぱり「鬼の爪」をみるなら,その前に「たそがれ清兵衛」を見なくちゃと思って・・・(^o^)
上記2作品に対する私の軍配は「たそがれ清兵衛」でした・・・(^^);
しゅー
2005/11/09 00:51
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
>ヘヤーヌード出した時物凄く可愛かった^^
なんだか,すごく懐かしい響き・・・(+_+)
ちょっぴり,★ひ★わ★い★(^^)v

>でも少し痩せすぎだから・・・もう少し太って欲しい
一時よりはよくなったと思いますが,首のあたりがちょっとね〜(^^);
しゅー
2005/11/09 00:53
ひわいですか・・すみません^^:

リエちゃんがとっても可愛かったあの「7日間戦争」も好き
リエちゃんを見たときこんな可愛らしい子がいるのかぁ〜
って思ったよ私は・・・・
野澤菜っ葉。
2005/11/09 20:26
あれっ,菜っ葉ちゃんはだれに謝っているのかな〜
ここの管理人である私は中年のすけべ熊だから,菜っ葉ちゃんのコメントはぜんぜんOK.もっと,歌劇でも喜んでいたりして・・・(^o^)
とすると,だれに謝っているのだろう?

それよりも,↑の表現はダメですか・・・オロオロ(^^);
私はいろんな映画を観ますから,その中には“お色気ムンムン”もあるのですが・・・
そういう場合,↑がダメだとすると,どう表現しようかな〜う〜ん・・・困ったぞっ(^^);
しゅー
2005/11/10 01:25
ヾ(≧д≦)ノうひょひょ

しゅーさんが男の人って忘れていたよ^^

映画の話をよく知っている人って感じで

男の人って認識が薄れている^^

怒られる発言かなぁ?

逃げる (((((((っ・ω・)っ ブーン
野澤菜っ葉。
2005/11/10 18:26
はい,どういうわけか,うん十年間もの間,男をしております.
たぶん,このまま,一生終わるのではないでしょうか・・・(^^);
ある日,突然,女性になっても良いのですが,
たぶん,神様がお許しにならないでしょうね・・・(^o^)
しゅー
2005/11/10 21:02
キャメロン、ディアス
旦那が大好きな人です 可愛くて面白くて
結構 この人の映画はビデオで観ていると思う
今度また映画が来るみたいだけど・・・
旦那は映画館で観ようと考えているのかな?
野澤菜っ葉。
2005/11/11 18:56
菜っ葉ちゃん,こんにちは.
キャメロン・ディアス・・・
彼女の出演している映画では「チャーリーズ・エンジェル」だけですが,
旦那さんが言うように可愛くて面白ろそうな女性ですね・・・(^o^)
9月頃,日本に来てましたよねっ!テレビで取り上げられてた記憶があります.

今度の映画は「イン・ハー・シューズ」・・・
結構,評判よさそうですね(^^)v
菜っ葉ちゃんが,彼女を最初に観たのは「マスク」?
しゅー
2005/11/12 12:41
映画館で初めてあったのは・・マスクです^^
でも気が付かなかったの・・・
TVで見て(ノ゜ο゜)ノオオオオォォォォォォ-と
思いましたよ^^

ビデオで「マリーに首っけ」を見て以来旦那が
嵌りましたよ^^
野澤菜っ葉。
2005/11/14 10:48
誰かに突っ込まれる前に・・・・
「メリーに首ったけ」です^^:
野澤菜っ葉。
2005/11/14 19:19
>「マリーに首っけ」
はははっ,でもちゃんと通じましたよ・・・(^o^)

今回の映画のキャメロン・ディアスは,今までの彼女と一味違うみたいですね!
「旦那は菜っ葉ちゃんに首っ丈」なんちゃって(^^)v
しゅー
2005/11/15 02:06
しゅーさま、こんにちは。
TBにコメントも、どうもありがとうございました。
こちらのブログはコメントも楽しいですね。
賑わってますー。

そうですねー最後の決闘シーンが不満な方
多いみたい。
私は、話合いで決着がつくもんなら、その方が
いいんだけど・・・って思いながら見てました(笑)。
清兵衛もたぶん、そうではなかったかと・・・。
雪華
2006/04/20 16:53
雪華さん,こんにちはっ!
>私は、話合いで決着がつくもんなら、その方がいいんだけど・・・
確かにおっしゃるとおり.平和な方が良いのですが・・・
でも,水戸黄門で“控え,控えおろう,この紋所が・・・”ってシーンがなかったり,
遠山の金さんで“この桜吹雪がちゃんとお見通しよ〜・・・”っていうのがないとやっぱり寂しいです(^^;)
それと同じで,時代劇はやはりチャンバラシーンもしっかりみたいです.
欲張りですかねっ♪

“雪華と,うふふ”って・・・思わずフラッとくるような名前ですね(^^)v
しゅー
2006/04/21 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「たそがれ清兵衛」メモ  気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる