気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「バットマン ビギンズ」メモ

<<   作成日時 : 2005/12/04 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 19

画像
BATMAN BEGINS
製作年度/ 2005年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 140分
監督/ クリストファー・ノーラン
製作総指揮/ ベンジャミン・メルニカー 、マイケル・E・ウスラン
原作/ −
脚本/ クリストファー・ノーラン 、デヴィッド・S・ゴイヤー
音楽/ ジェームズ・ニュートン・ハワード 、ハンス・ジマー
出演/ クリスチャン・ベイル 、マイケル・ケイン 、リーアム・ニーソン 、モーガン・フリーマン 、ゲイリー・オールドマン
【DVD】
++++++++++
私にとって“バットマン”は“スーパーマン”と並び親しみを感じているアメコミのヒーローです.子供の頃にTVで,このヒーローたちの大活躍を観ていたためでしょうか.
さて,今回の“バットマン”はティム・バートン監督の「バットマン」(1989)から5作目にあたる作品のようです.しかし,私の場合は,ティム・バートン監督の「バットマン」以来,久しぶりに観る“バットマン”映画です.

画面全体に空を飛ぶコウモリの大群が映し出されます.そのコウモリたちが重なり合って,“バットマン”のトレードマークが画面に浮かび上がります.音楽も雰囲気があり,期待感いっぱいのオープニングでした.
物語は,“バットマン”ことブルース・ウェインの子供の頃の回想シーンから始まります.この映画は,題名からもわかるように“バットマン”誕生までの経緯が語られるとともに,彼が“バットマン”になった理由を解き明かすものでした.“バットマン”にとって最大の宿敵“ジョーカー”と出会う少し前までの物語です.
ブルース・ウェインの役はクリスチャン・ベイルが演じています.「マシニスト」(2004)では役柄のために約30kgもの減量をして話題になった俳優です.しかし,今回の映画では逞しい筋肉質の肉体を披露していました.

映画の前半部では,大富豪が闇の騎士“バットマン”として悪に立ち向かう必然性がひとつひとつ紐解かれていきます.単なる金持ちの余暇として正義の味方を演じているのではないこと,バットマンにも苦しみがあり決して楽ではないこと・・・
それらの説明には少し無理があるように思われました.しかし,個々のエピソードはなかなか良くできており,特にバットマンとして活躍するための最新鋭の武器が徐々に揃えられていく様は心憎い演出でした.

この映画は,ヒーロー物の映画として重要なアクションシーンもなかなか見応えがありました.特に,最新鋭の武器のひとつである“バットマン・カー”によるカーチェイスは,迫力満点で,はらはらどきどきしました.
ただ,今回のバットマン・カーは,装甲車のような格好をしており,従来のバット・モビールとはかなり異なっています.従来のファンの方はがっかりするかもしれません.

この映画のもうひとつの魅力は,ブルース・ウェインと彼を取り巻く人々とのエピソードではないでしょうか.父親の代から仕える執事のアルフレッド,幼馴染のレイチェル.ブルースとこの二人のエピソードはこの映画の柱になっています.
アルフレッドを演じるのはマイケル・ケイン.最近,私のお気に入りの俳優です.彼の存在は暖かい雰囲気も作り出していますが,彼の味わいのある演技が映画全体を引き締めていました.
幼馴染のレイチェルは毅然とした態度で悪に立ち向かう女性地方検事補です.彼女はブルースが人生の岐路に立たされたとき,どこからともなくやってきて,彼を勇気づける存在でした.その対応は厳しいのですが,それだけ彼のことを気遣っている女性のようです.
“バットマン”になったブルースが,影で彼女のためなら自分の犠牲を顧みない姿は,この映画の見所のひとつです.

クリストファー・ノーラン監督は,今までのヒーロー物とは少し異なる映画を目指したようです.この映画には正義と悪との明確な色分けがありません.
今回の悪の親玉デュカードも人間的に良い面もあり,彼の憎むべき行動も彼なりの信念に基づいていることが強調されています.また,ブルース・ウェインの行動がすべて正義ではなく,非難されるべき行動もあります.この映画ではブルースのそのような行動もきちんと言及されていました.

「バットマン ビギンズ」の“バットマン”の誕生の理由はいまいちでしたが,アクション・シーン,エピソードの演出は素晴らしく,とても魅力的な作品でした.さらに,“バットマン”というキャラのもつ少し陰のある雰囲気を映像と音楽が上手く醸し出しているのも好印象でした.
なお,渡辺謙は犯罪組織の首領ラーズ・アル・ゲールの役で,怪しげな雰囲気作りに一役買っていました・・・


バットマン ビギンズ@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画館「バットマン ビギンズ」
「バットマン」シリーズ、パート1,2,3、「キャットウーマン」観ましたが、今回のビギンズはなんだか今までのバットマンとは全然違うのりでした。今までのシリーズでは、コミックに出てきたキャラクターがそのまま実写になる感じがあったのでメイクやコミカルさが売り... ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2005/12/04 15:54
【外国映画】バットマン ビギンズ  クリスチャン・ベール主演
1989〜1997年に4本の映画が製作されたシリーズが復活。バットマンの誕生秘話に焦点を ...続きを見る
あるある人気アイテム紹介隊
2005/12/13 16:36
<バットマン ビギンズ> 
2005年 アメリカ 141分 原題 Batman Begins 監督 クリストファー・ノーラン 脚本 クリストファー・ノーラン デヴィッド・S・ゴイヤー 撮影 ウォリー・フィスター 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード ハンス・ジマー 出演 ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール    アルフレッド執事:マイケル・ケイン    ヘンリー・デュガード/ラーズ・アル・グール:リーアム・ニーソン    ルシウス・フォックス応用科学部責任者:モーガン・... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2006/07/23 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、装甲車のような外見のバット・カーには驚きました。
でも、バンバン突進していくバット・カーも爽快ですよね。
続編が作られるのならば、引き続きこのバット・カーの登場に期待したいです (^^)

スーパーマンはネアカのキャラでOKですが、やはりバットマンは翳りがないとバットマンではありません。
ノーラン監督のバットマンも良い雰囲気が出ていましたね。
過去の4本と比べても、これが一番出来がよいのではないでしょうか。
多分、ジョーカーとの対決が次作になるのでしょうが、バートン版のニコルソンが強烈だっただけに、次にジョーカーを演じる役者さんは大変だと思います (^^;;
タラララ
2005/12/04 21:59
タラララさん,こんばんは!
>バンバン突進していくバット・カーも爽快ですよね。
最近見た映画の中で最も楽しいカーチェイスでした!

>バートン版のニコルソンが強烈だっただけに、次にジョーカーを演じる役者さんは大変だ>と思います (^^;;
バートン版では,ジョーカーとバットモビールしか印象に残っていません(^^);
それほど,ニコルソンは強烈でした.
私には,ジョン・マルコヴィッチぐらいしか,思いつきません(^o^)
しゅー
2005/12/04 23:40
マルコヴィッチのジョーカー役なんか面白そうですね。
でも、彼は長身なので、ひょっとしたらベイルより高いかも…。
え? CGで縮めちゃいますか (^^;;

いずれにせよ、ニコルソン以上の個性がある俳優でないとインパクトは残せないので難しいですね。
う〜ん、最近の個性派で悪役をしても違和感がないと言えば…。
ショーン・ペンなんかはどうでしょう (^^;;
タラララ
2005/12/05 00:42
今まで、ほとんど見てこなかったのですが、
今回のバットマンは見たいです。
悪役で、切れてるイメージの強い
ゲイリー・オールドマンいかがでしょうか?
タ〜コ
2005/12/05 16:11
こんばんは〜!
ビギンズ、観ましたよ!
いつも思うのですが マスクに覆われていないお鼻とか唇はセクシィですね(うふふ)

私的には、バットマンとして活躍してるウェインよりも
 憂いや哀愁、恋人?にも事情を話せないもどかしさみたいなものが
表現されてるプライベートな彼のほうが好きかな・・
アリス
2005/12/05 22:03
タラララさん,こんばんは.
ショーン・ペンですか!
確かに強烈な個性があるし,背もあまり高くないですしね〜適役かも・・・(^^)v
インタープリターのとき,ラストでペンは座り,キッドマンは立ったまま話していました.
そのとき,やっぱりキッドマンの方が背が高いからなあ〜,と思いました(^o^)
しゅー
2005/12/06 01:07
タ〜コさん,残念でした!
ゲイリー・オールドマン・・・
この映画での彼の役どころは,正義感のある数少ないゴッサム市警の刑事でした.
彼がどこでバットマン裏切るのだろう,と思いながら見ていたのですが・・・(^o^)

でも,タ〜コさんのコメントは違う意味かな〜
“ジョーカー”に適役という意味???
しゅー
2005/12/06 01:54
アリスさん,こんばんは!
クリスチャン・ベイル・・・
アリスさんの好みのタイプ?
顔だけ見ると頼りない感じもするのですが,結構マッチョでしたね〜
ちょっと陰があって,善人にも,悪人にもなれそうな風貌ですね(^o^)
しゅー
2005/12/06 02:37
しゅーさん、おはようございます。
バットマン・ビギンズ見ました。
主人公は「マシニスト」で1年間眠らない男を演じ、激痩せをしてた
クリスチャン・ベイルですね。
脇をかためるモーガンフリーマンたちの曲者も見所の一つですね。
今年を代表する娯楽大作の一つでしょうね
ドラッカー
2005/12/06 09:08
すみませ〜ん。
ゲイリー出演してたんですね?f(^-^; ポリポリ
ジョーカーって思ってたんですけど・・・・
彼が出てくると、ただではすまない気がしますね(o^^o)ふふっ♪
タ〜コ
2005/12/06 09:40
ドラッカーさん!
>今年を代表する娯楽大作の一つでしょうね
ここ10年以上も暇つぶし程度にしか映画を観ていなかったので,
最近の様子はあまりよく解らないのですが・・・
結構,今年は大作が多かったなあ〜という印象です(^^)v
それとも,例年と変わりないのかな〜

「バットマン ビギンズ」もかなり制作費をかけた映画って感じがしましたねっ!
「スターウォーズ」「宇宙戦争」「ブラザーズ・グリム」も金賭けているな〜と思いました.

まだ,「キングコング」も残ってましたね〜
しゅー
2005/12/06 12:53
タ〜コさん,やっぱりそうでしたか(^o^)
クリストファー・ノーラン監督・・・・
意図的に,悪役といい人役を入れ替えてますよねっ!
ゲイリー・オールドマンがいい人で,リーアム・ニーソンが悪役.
普通はちょっと考えられないですよね〜
しゅー
2005/12/06 12:58
好みのタイプではないです(笑)

リターンズのマイケル・キートンのほうが
良いかな??(*~o~*)ナゾ
そういえば、渡辺謙さんが出ておられましたね。
ラスト・サムライなどで外人さんの中でも浮きあがることなく
名演技はさすがだなって思いました。
アリス
2005/12/06 21:58
アリスさん、おはよう!
ヘ〜、マイケル・キートンの方が好き?
おじ産後のみですか←ナイス(^o^)

渡辺謙・・・
ラスト・サムライは良かったですね!
でも,バットマンの彼はいまいちだったかな〜
しゅー
2005/12/07 07:54
>画面全体に空を飛ぶコウモリの大群が映し出されます.そのコウモリたちが重なり合って,“バットマン”のトレードマークが画面に浮かび上がります.
これは不覚! 気が付かなかったです。 もう一度観なければ〜。

>渡辺謙は犯罪組織の首領ラーズ・アル・ゲールの役で,
しゅーさん、渡辺謙は犯罪組織の首領ラーズ・アル・ゲールだったんですか? わたしはリーアム・ニーソンが本物の首領ラーズ・アル・ゲールで、渡辺謙は影武者かと思ってしまいました。
みのり
2006/07/23 21:37
>渡辺謙は影武者かと思ってしまいました。
やっと判りました.それで,みのりさんは渡辺謙の役柄をがっかりしていたのですねっ!
役柄的には重要で,クレジットの並びではモーガン・フリーマンより上です.以下のHPをご覧になってください.http://us.imdb.com/title/tt0372784/
しゅー
2006/07/24 00:34
>役柄的には重要で,クレジットの並びではモーガン・フリーマンより上です.
これは映画を観た時に驚いたのですが、あれって本当にラーズ・アル・ゲールだったのかな〜。 すごく変な最期でしたよね。
リーアム・ニーソンが再登場の時、ラーズ・アル・ゲールって名乗っていたのはどうしてなんですか? しつこくてすみません。
今度日本語吹き替え版も放映されるようなのですが、もう一度観るのは面倒なような…。
みのり
2006/07/26 08:43
みのりさん,こんばんは♪
>ラーズ・アル・ゲールって名乗っていた・・・
そうでしたか・・・記憶に残っていないのですが・・・想像するに・・・
“影の同盟”の首領ラーズ・アル・ゲールがブルースに殺されてしまったので,2代目としてデュカードがラーズ・アル・ゲールの名を踏襲したとは考えられませんか(・・?)
しゅー
2006/07/27 01:17
しゅーさん、その考えが一番妥当ですね。 ありがとうございました。
みのり
2006/07/29 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「バットマン ビギンズ」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる