気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「スティング」メモ

<<   作成日時 : 2005/12/17 03:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 43

画像
The Sting
製作年度/ 1973年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 129分
監督/ ジョージ・ロイ・ヒル
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ デヴィッド・S・ウォード
音楽/ マーヴィン・ハムリッシュ
出演/ ロバート・レッドフォード 、ポール・ニューマン 、ロバート・ショウ 、チャールズ・ダーニング 、アイリーン・ブレナン
アカデミー賞/ 作品,監督,脚本,ミュージカル映画賞,美術監督・装置,衣装デザイン
【DVD】
++++++++++
このブログをはじめたとき,昔,感動した映画を見直しそう,と目標を立てたのですが,現実には思うようにいきません.でも今回のメモはジョージ・ロイ・ヒル監督の「スティング」.私が高校時代に観て“映画って面白い”と思った作品のひとつです.

映画はスコット・ジョプリン作曲のラグタイム「エンターテイナー」の調べにのって,出演者の紹介からはじまります.ポール・ニューマン,ロバート・レッドフォード,ロバート・ショウ等々・・・
それから映し出されたのは,この映画の舞台となる1930年代のシカゴ近郊の下町.
オープニングの軽やかなそれでいて郷愁感の漂う音楽からは一変して,うらぶれた雰囲気が漂います.治安が乱れ,ギャングたちが幅を利かせ,普通の人々は肩身の狭い生活を強いられているようです.

そんな町で,ある日,詐欺仲間の三人組が,通りがかりの男からまんまと大金をせしめます.
彼らに金を奪われた男は組織の大親分ロネガンの手下.賭博の上がりをシカゴに届ける途中でした.
数日後,詐欺師の一人が死体となって発見されます.もちろん,ロネガンの差し金によるもの.魔の手は三人の中で最も若いフッカーにも伸びます.彼は身の危険を感じて町から脱出.死んだ詐欺仲間の友人でシカゴに住むゴンドルフを訪ねます.そして,死んだ仲間のための復讐に力を貸してほしいと頼みます.ただし,その復讐とはロネガンを殺すのではなく,彼を破産させること.
ゴンドルフはフッカーの願いを叶えるべく,自分の仲間たちに召集をかけます.さあ,戦闘開始.ゴンドルフを中心とする詐欺集団は,ロネガンをやり込めることができるでしょうか・・・

ゴンドルフたちのロネガンを騙すプロセスとその事の成り行きが楽しい作品.
ちょっとコミカルで郷愁を誘う演出が雰囲気を盛り上げます.
しかし,ロイ・ヒル監督が画策したのは,この映画を観る人を騙すこと.彼の遊び心が見え隠れします.
また,力ずくでなく,知恵を絞って嫌な奴をやっつけるというコンセプトが,この映画を粋で小気味良いものにしているようです.

映画に出てくる主人公たちは,特徴がはっきりしていてちょっと漫画的です.
ポール・ニューマンが演じたゴンドルフは頼りになる格好良い中年.
ロバート・レッドフォード演じるフッカーはエネルギッシュな若者.
ロネガン役のロバート・ショウは,誰が見ても悪い奴.
いかにも娯楽映画という感じがしました.

音の使い方が実に上手いところも印象的でした.
テーマ曲「エンターテイナー」は,もちろんこの映画の雰囲気を作り出しています.
しかし,最近の映画とは少し異なり,この心地よい調べも含めて音楽は本当に必要なところでしか流れません.
あとは,雨の強く降る音,列車音,賑やかな会話,さらには静寂すらも映画のシーンを盛り上げていました.

「スティング」という映画は1970年代の名作と評する人が多い作品です.
名作か否かはともかく,私もこの映画は一見の価値ある娯楽映画だと思います.
もっとも,このブログに訪れる大半の方はすでに観ていると思いますが・・・


スティング@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『スティング』
The Sting(1973/アメリカ) 【監督】ジョージ・ロイ・ヒル 【出演】ポール・ニューマン/ロバート・レッドフォード/ロバート・ショウ ...続きを見る
愛すべき映画たち
2006/01/27 13:22
『70年代アメリカン・シネマ103』
筈見 有弘/編集 70年代アメリカン・シネマ103―もっともエキサイティングだった13年 ...続きを見る
本だけ読んで暮らせたら
2006/02/03 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(43件)

内 容 ニックネーム/日時
しゅーさん,ごぶさたしております。
いいテンポで楽しい映画ですよねえ。私も好きです。
ポール・ニューマンの役,伝説の人でありながら,今ではおいぼれであぶなっかしいところが,見ている方はほっとけなかったのでは。。。まさか,観客をもトリックにかけている映画とは。楽しいですねえ。
NAKA
2005/12/17 06:56
この「スティング」は、単なるブルース・リー好きだった自分を映画の世界へ引き込んだ思い出の1本です。
年末にスペシャル・エディションのDVDが発売されますね。
今までのDVDは、画角がマスキングを外したスタンダード・サイズだったのですが、こちらは公開時のビスタ・サイズで収録されているようです (^^)/

この映画、『1回見たらネタが解ってしまい面白くない』と思われがちですが、決してそんなことはありませんですよ〜。
伏線の張り方の巧さ、俳優たちの演技、ロイ・ヒル監督の演出などなど、見るたびに新しい発見がある映画です。
別に『人生とは何ぞや?』という大層なことは語っていませんが、「名作」「傑作」と呼ぶに相応しい映画だと思います。
観客を泣かせるのは簡単ですが、笑わせて楽しませるのは至難の業。
個人的に映画の原点は“娯楽”だと確信しています (^^)
『人生とは何ぞや?』という映画も好きですけどね (^^;;
タラララ
2005/12/17 13:28
名作か否か、なんてしゅーさん言ってますが「明日に向かって撃て」と並んで、アメリカンニューシネマを代表する名作です。
昔TV放映された時、解説の淀川さんが『ある人が、この映画を観ないと13年間後悔します、と言っていましたが私はそうは思いません。一生後悔します!』とおっしゃっていましたが、まさにその通りだと思います。

その時の吹替え版がとてもよく出来ていたので、あの版を録画したいのですが、BSの字幕放送ばかりで残念です。後半のラジオ中継あたりのスリリングな展開は吹替えの方が楽しめる気がします。
いわゆる「コンムービー」とでも言いましょうか、とにかくまだ見てない人は、思う存分だまされてください(もちろんいい意味で)
トースケ
2005/12/17 16:32
>今ではおいぼれであぶなっかしい・・・
そうなんですか?知りませんでした
さすがのMr.America ポール・ニューマンも年には勝てませんか?
ちょっと,さびしいですね〜
アメリカの俳優さんだと,
私にとっては,ジョン・ウェインとポール・ニューマンだったのですが・・・(^^);
しゅー
2005/12/17 20:20
いや,ポール・ニューマンの演技ではなく,役の話です。
まあ,私の記憶力もぼやけておりますので,気にせんといて下さい。
そーりー。
NAKA
2005/12/17 21:13
NAKAさん,了解しました.
なんていう映画だったのでしょうね〜
しゅー
2005/12/17 21:35
タラララさん,トースケさん
力強いコメントありがとうございます.
お二人にとっても,この映画は名作だったのですね〜(^^)v

私もこの映画が好きです.
演出&脚本が素晴らしいですよねッ!
再度,見直してもストーリーに無理がないんですよね〜(一箇所を覗いて・・・小さな声で)

>見るたびに新しい発見がある映画です。(タラララさん)
音の使い方への印象は,今回見て感じたことです.
新たな,発見ですね(^o^)

>アメリカンニューシネマを代表する名作です。(トースケさん)
>ある人が、この映画を観ないと13年間後悔します、と言っていましたが私はそうは思いません。一生後悔します!
そうなんですか?
私には“アメリカンニューシネマ”という表現はピンときませんでした(^^);
それから,淀川さんはそんな事を言っていたのですか(^^)v
でも,“13年間後悔する”,って言った人は,なんで13年だったのでしょうね〜
しゅー
2005/12/17 21:57
↑につづく
さて,お二人に質問です・・・(^^);
再度,この映画を観て,新たに感じたことがあります.
記事にも書きましたが,血なまぐさい時代でも,無血で相手をやり込めるところに魅力を感じていました.作り手もそこに力点をおいていると思っています.

なのに・・・
彼らは殺し屋だけは殺してしまうんですよね〜.それがちょっと不満.
もっと,他の展開が考えられなかったのか・・・?
ニューマンのレッドフォードへの気遣いとして表現されているのですが・・・
どうも,殺し屋とのからみには違和感を感じました.
殺し屋だって,レッドフォードをもっと早く殺せたはずだし・・・???
私の理解が浅いのかな〜.もっと別の意図があるのかも????・・・(><)
しゅー
2005/12/17 21:59
完全にネタバレの話題になるので気が引けるのですが…。
まだ映画をご覧になっていない方は、くれぐれも読まないで下さい (^^;;

疑問に自分なりに解釈した答えを…。
最初のほうでレッドフォードの師匠の黒人が殺されてますよね。
それに対する報復というか、釣り合いを取ったのではないでしょうか。
まあ、殺し屋さんが死んでくれたお陰で、スリリングな名シーンになった…ということで (^^;;
銃を向けた相手と標的が違っていてビックリ…というシチュエーションは、他の映画や日本のテレビドラマでも良く見かけます。
もっと古い西部劇にも同じようなシーンはあったと思いますけど、多分、これが元ネタではないでしょうか。
タラララ
2005/12/17 22:51
引き続きネタバレです (^^;;

殺し屋さんがレッドフォードをもっと早く殺さなかったのは機会がなかったからですよ〜。
とにかく殺して終わり…というのは、893の鉄砲玉でプロの殺し屋ではありません。
特に一流の殺し屋ですから、自分の逃げ道を確保してからでないと仕事はしないはずです。
前夜(だったかな?)は、レッドフォードが部屋に入るところを隣人に目撃されていますし、店内で殺してしまうとすぐに自分が疑われてしまうからでしょう。
つまり、野次馬風のオバサンが顔を出すシーンも、ちゃんと意味があるってことですね (^^)

トースケさんに反論するようで気が引けるのですが…。
「スティング」は一般的にアメリカン・ニューシネマの範疇には入れませんね。
ニューシネマの特徴は、それまでのハリウッド・システムの映画が描かなかった「主人公が反体制側であること」「悲劇的な最後であること」「アメリカの暗部を描いていること」などでしょうか。
まあ、ニューシネマの定義はあってないようなものなのですが、「スティング」はニューシネマの対極にあるような作品だと思います。
タラララ
2005/12/17 22:51
タラララさん,ありがとうございます!
>釣り合いを取ったのではないでしょうか
ちょっと苦しいのでは・・・(^^);
改めて考えたのですが・・・
レッドフォードは無血での報復を願った・・・
でもニューマンは別に,無血でなくてもかまわなかった・・・
ロネガンを殺すと組織との戦いになり面倒になる.
この映画での詐欺は,相手には分らず終いになるほど巧妙な手口.
ということでしょうか?

でも,完全無血の方が良かったな〜(^^);

>野次馬風のオバサンが顔を出すシーンも、ちゃんと意味があるってことですね
なるほど,そうですね〜(^^)v
白昼の方が目撃者いる可能性が高くなりますけどね〜
そこは,映画ですから,まあ許せる範疇ですねっ!
しゅー
2005/12/17 23:34
す、すみません、ちょっと勘違いで、「スティング」はアメリカンニューシネマではないですよね。ジョージ・ロイ・ヒル監督がニューシネマの旗手、という表現の方が適切だったかと。
大変失礼いたしました。
トースケ
2005/12/18 01:04
トースケさん,了解しました!
わざわざ,ありがとうございます(^^)v
私にとって,“アメリカン・ニューシネマ”として真っ先に浮かぶのは,
「イージー・ライダー」かな〜(^o^)
しゅー
2005/12/18 01:26
おはようございまあす!

ポールニューマン・・
浮かぶのは両腕を抱えられながら歩き
ゆで卵を食べてる姿です(え〜!なんの映画だったんでしょう?)笑。

後は、白州次郎さんと似てらっしゃるところ(*' '*)テヘヘ
アリス
2005/12/18 10:34
>ちょっと苦しいのでは・・・
テヘヘ…、やっぱりかなり苦しいですね (^^;;
しゅーさんの解釈の方が数段、素晴らしいですよ〜。
完全無血の方が良かったという意見には自分も大賛成です。

>トースケさん
すいませんでした、揚げ足取りみたいなことをして m(_ _)m
自分もアメリカン・ニューシネマで真っ先に思い出すのは「イージー・ライダー」です。

>アリスさん
その映画、「ゲット・ア・チャンス!」では?
記憶があやふやですが、老人ホームにいるボケ老人(のフリをしていた)役だったと思います。
ところで、白州次郎さんって誰ですか?
タラララ
2005/12/18 16:04
タラララさん ありがとう!!

「ゲット・ア・チャンス」でしたか。
まだ、よく思い出せなくって(笑)

白州次郎さんは多分検索されれば
肩書きやお顔が拝見できるかもしれません(汗)

戦争終了まもなくサンフランシスコ条約締結の際
時の首相、吉田茂氏が英語でスピーチをしようとした時
「戦争に負けたが 奴隷になったわけではない」と彼に日本語での
スピーチをアドバイスした唯一の日本人と聞いています。
また、80代で亡くなられていますが
80歳にして女の子を乗せポルシェを乗りまわしたら
一番よく似合う男とも言われています。

ヘンなところしか覚えていなくって(*~o~*)ヾスミマセン
アリス
2005/12/18 19:16
アリスさん&タラララさん,こんばんは!
>白州次郎さんと似てらっしゃるところ(*' '*)テヘヘ
白州次郎って知りませんでした(^^);
それでもって,調べちゃいました(^o^)

↓に白州次郎の説明がありました.
http://www.page.sannet.ne.jp/tsekine/syouzou.htm
日本で一番格好良い人なのですねっ!

「僕らはあなたに憧れる」というサラリーマンを対象としたアンケート調査では,ダントツの一位でした.
1位 白州次郎 222
2位 ヤン・ウエンリー 24
3位 坂本竜馬 17
4位 飯島寿久 15
5位 所ジョージ 13

タラララさんも私も,サラリーマンとしては失格?
もっとも,タラララさんはサラリーマンじゃないから良いとして,
私の場合は,ちょっと,まずい?・・・(><)

>その映画、「ゲット・ア・チャンス!」では?
そういう映画があるんですか・・・
NAKAさんのコメントで指していたのも,この映画なんだろうなあ〜(^^)v
しゅー
2005/12/18 21:15
白州次郎は「しらす・じろう」って読むのですね。
「しろ・しまじろう」って読んじゃいましたよ (^^;;
凄い人のようですね。
でも、ポール・ニューマンとはあまり似てないような…。

今日も浅田真央ちゃん、可愛かったですね。
タラララ
2005/12/18 21:48
浅田真央ちゃん・・・
はいっ!可愛かったです(^^)v
しゅー
2005/12/18 21:54
しゅーさん こんにちは
「スティング」は見ましたよ! ポールニューマンとレッドフォード!
二人とも身長がわからないところが面白い(笑)
ラストのどんでん返しのテクニックはビックリでしたよね
ポール・ニューマンの「暴力脱獄」も良いですよ!

アメリカン・ニューシネマは 「俺達に明日はない!」が衝撃的な作品で
「卒業」「真夜中のカーボーイ」「イージーライダー」「明日に向かって撃て!」「フレンチコネクション」などが思い出します

高校の時に彼女と「卒業」を見たときが一番良く思い出します(笑)
母と不倫しながら娘と付き合う男?・・ダスティ・ホフマンにはその当時、伝統とか形式を打ち破る姿が共感を呼んだと思います

いまの女性には「卒業」の評判があまりよくないようです(笑)

テス(nosaman)
2005/12/19 11:27
白州さんはともかく
2位 が ヤン・ウェンリー ってああた
『ことの』さんが出てくるぞ

レッドフォードとポール・ニューマンって
なんちゅうか 何もかもみな懐かしい…

( ̄u ̄;)ハァハァゼェゼェ…  寝ます
黒一
2005/12/19 13:48
しゅーさん
どうまずいの?(突っ込んじゃぁダメですって)エヘヘ。
白州さん人気があったんですねぇ(~~*)ウレシイ

外見とか背景じゃなく生き方に共感するものが
あるのでしょうね。

タラララさん

ポールニューマンと似てないですかぁ・・(汗)
見られたお写真にもよるのかも(まだ、抵抗してる)笑。
真央ちゃん、可愛かったですねぇ〜!
こんな方たちがどんどんと出てきてほしいものです!

アリス
2005/12/19 17:37
卒業は観ました・・・
あの教会の窓を叩いて「エレェ〜〜〜〜〜〜ン」って
叫ぶところだけは凄いって思いつつ
こんなことされたら・・・大変だろうなぁ〜って思ったよ
でも・・親と不倫親と家で観ていたから少し落ち着きがなく
観ていたと思う(お互い^^:)

レッドフォードカッコいいよね〜
野澤菜っ葉。
2005/12/19 20:00
テスさん,こんばんはっ!
>二人とも身長がわからないところが面白い(笑)
確かに身長差が気になりませんでした.
これも,一種のトリックですね〜(^o^)

ボニー&クライド/俺たちに明日はない・・・
私にとって印象深い映画です
いかにもアメリカン・ニューシネマを代表する映画ですね〜
でも,再度見たら,どんな印象を持つかちょっと不安な映画です.
なぜだろう〜(^^);
しゅー
2005/12/20 01:57
アリスさん,こんばんはっ!
>白州さん人気があったんですねぇ(~~*)ウレシイ
蝶有名人なのですね・・・知らなかった(^^);
新たな発見です・・・アリスさんの言う道草も良いですね〜(^o^)

>外見とか背景じゃなく生き方に共感するものがあるのでしょうね。
って言うか,一種の憧れでしょう〜
自分が出来ないから,魅力を感じるのです(^^);
平凡な私の素直な感想・・・小さな声で(^^)v
しゅー
2005/12/20 02:11
黒一さん,こんばんはっ!
>2位 が ヤン・ウェンリー 
>ってああた『ことの』さんが出てくるぞ
乱入してきませんね〜ちょっと残念・・・(^^);

ことのさ〜ん,ヤン・ウェンリーってどんな人ですか〜?

>レッドフォード&ポール・ニューマン
>何もかもみな懐かしい…
はいっ!懐かしい映画もたくさんメモしたいのですが・・・
なかなか,メモできないですね〜

新しい映画も好きなもんで・・・(^o^)
しゅー
2005/12/20 02:19
菜っ葉ちゃん,こんばんはっ!
>卒業は観ました・・・
・・・
>でも・・親と不倫親と家で観ていたから少し落ち着きがなく
>観ていたと思う(お互い^^:)
私は,当時はあまり感じなかったのですが・・・
たぶん,今見ると,ずいぶんと難しい映画だと思うのでしょうね〜
もう一回,
見てみたいような,見てみたくないような・・・(^^);

ロバート・レッドフォード・・・
若い頃の彼は,なんとなくブラピに似てますね〜
レッドフォードの方か,ちょっと真面目そう・・・(^o^)
しゅー
2005/12/20 02:25
<ロバート・レッドフォード・・・
若い頃の彼は,なんとなくブラピに似てますね〜
レッドフォードの方か,ちょっと真面目そう・・・(^o^)
    ↑
確か・・ブラピが出たことは隠し子?とか・・
親子??とか・・色々言われたような・・・
違ったかな??
野澤菜っ葉。
2005/12/20 09:10
オッホン!
え〜、レッドフォードがブラピに似ているのではありません。
誰が何と言おうと、「ブラピがレッドフォードに似ている」のですよ〜。

確かに、「リバー・ランズ・スルー・イット」を初めて見た時には、監督のレッドフォードが若くメイクして出演もしているのかと思ったぐらいです。
当時はまだ、「ブラピって、レッドフォードにそっくり」だったんですよ。
でもね、最近はレッドフォードの古い映画を見た若い子は皆が、『レッドフォードってブラピに似てますね』って言うんですよ、グスン (T_T)
ブラピも好きな俳優ですが、30年もレッドフォードのファンをしている自分にするば、ちょっと寂しいです…。
タラララ
2005/12/20 14:21
こんばんは。

実は、しゅーさんのブログ、
自分の見てない映画の時は、読まないようにしてるんです。
ごめんね。<(_ _)>
(前にmickさんも書いてましたね)
この映画も一度見ましたが、よく覚えてないのでまた見ようと思って、
記事もコメントもあまり読んでいません。

そしたら、たまたま私の名前が目にはいって・・。(^^*)
ヤンウェンリーは私や笑也さんの大大大好きな小説の主人公です。
私のブログの記事にもある「銀河英雄伝説」に出てきます。

では、また私の見た映画の記事の時に
遊びに・・くるかも。(^ー^* )
ことの
2005/12/20 21:01
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
>確か・・ブラピが出たことは隠し子?とか・・
そうなんですか.
真相の程はともかくとして,やはり,誰が見ても似ているのですね〜

>違ったかな??
そんな噂があってもおかしくないですよねっ!
しゅー
2005/12/21 01:01
タラララさん,こんばんはっ!
>誰が何と言おうと、「ブラピがレッドフォードに似ている」のですよ〜。
失礼しました・・・(^o^)
そうですよね〜“ブラピがレッドフォードに似ている”ですねっ・・・たはっ!
そう言えば・・・
「スパイゲーム」ではブラピ&レッドフォードがしっかり競演してましたね
映画の評判は芳しくありませんでしたが・・・(^^);
しゅー
2005/12/21 01:11
ことのさん,こんにちは
>記事もコメントもあまり読んでいません。
>遊びに・・くるかも。(^ー^* )
ちょっと,いや,かなり寂しいコメント(><)
確かにコメントではネタばれもありますが・・・
記事の方は,まだ観ていない人に迷惑をかけるような書き方はしていないつもりです(^^);
観ていない人の参考になれば良いな〜と思いつつ書いているのですが・・・ダメですかね〜

「銀河英雄伝説」・・・ヤンウェンリー
以前,アニメで初めの方は見たことがあるのですが・・・出てくる人の名前までは覚えていませんでした(^^);
しゅー
2005/12/21 12:58
(@⌒ο⌒@)b ウフッ
修行が足りないわよ 衆参!!

『ことの』さんに来てもらおうと思ったら
名前を出せばいいのよ 目を通してくれるから
(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!
(ノ_-;)ハア… しんど

ポールニュウマンの最近の映画って 何かな…
もう 渋い役柄ばっかりなんだろうね〜

寝ます〜
黒一
2005/12/22 01:46
黒一さん,サンキュー・・・ふ〜(^^)v

>(ノ_-;)ハア… しんど
お疲れのところ,申し訳ありません.
ありがとうございます.

・・・
ところで,どうしますかね〜
“ことのさん”という名前の記事をアップでもしましょうか(^o^)

ポールニュウマン・・・
ウルトラマンと読んでしまった・・・たはっ(^^);
彼は引退したのではないでしょうか・・・もう,80だし・・・
しゅー
2005/12/22 05:55
・・・もう 80なのかぁ〜
そういえば あの頃 好きだったひとたちって
今はみんなそんな年なのでしょうねぇ〜

カークダグラスとかへストンおじさんとか
(・・∂) アレ? まだ健在なのかなぁ〜 しみじみ

なんか昔の映画が 見たくなったなぁ〜
『ロードショウ』とか『映画FUN』なんか
かなり バックナンバー揃えてましたねぇ〜
・・・しみじみ 地味地味

明日も雪かな(・_・?)
Zzz…(*´〜`*)。o○ ムニャムニャ
黒一
2005/12/23 00:03
こんばんは。
人のことを珍獣か何かみたいに・・・。
(-^〇^-)

今日は寒かったでしょうね。
風邪ひかないように暖まっておやすみくださいね。

`*:;,.★ 〜☆・:.,;*
ことの
2005/12/23 00:33
黒一さん,おはようっす!
>カークダグラスとかへストンおじさんとか
お二人とも,今のところ,訃報は聞きません.
でも,ヘストンおじさんは,だいぶもうろくしてしまっているとか・・・

クリントおじさんも,かなり年寄りにみえますよね
ハリソン・フォードだって,だいぶふけてしまった
最近のカトリーブ・ドヌーブの写真を見たら,黒一さんはビックリしますよっ!

>『ロードショウ』とか『映画FUN』なんか
それから,スクリーンとキネマ旬報ですね〜(^^)v
しゅー
2005/12/23 10:14
ことのさん,おはようっす!
>人のことを珍獣か何かみたいに・・・。
いっぱいいますよ〜
コモンマーモセット,ピグミースローロリス,ミケリス,ゴッゴル,等々・・・
それとも,一角獣とか,ペガサスですか?
はたまた,今,流行の珍獣族かなっ・・・(^o^)

>今日は寒かったでしょうね。
いえいえ,そんなことはありませんでした.
天気も良かったし,風もほとんどなかったので・・・(^^)v
私が行くところは,風が強くて,高い木があまり成長しないところ.
だから,大抵,冬に行くと,吹雪いていて大変なのですが・・・

むしろ,昨日は,関東は風が強く,体感気温は関東の方が寒かった(><)

ところで・・・”大きなお魚さん”は,どうなったかな〜
しゅー
2005/12/23 10:58
スティングは見たんだけど、あまり覚えてない・・
ポール、ニューマンは存在感がありますよね〜

ボニー&クライド・・TVで初めて見た時に良い!
と思いました・・危険かも知れないけど、ある意味
共感を覚えました・・

最近TVを見てたらタイトルを忘れたんだけど
ホッがボニー&クライドに似てるな・・と思った
映画を放映するそうです・・思い出せない・・
ホッ
2006/01/31 23:27
ホッさん,こんにちは!
ボニー&クライド/俺たちに明日はない!・・・
結末の悲しい映画だったと記憶しています.
ボニー・・・フェイ・ダナウェイ
私の好きな女優の一人です.印象が強烈ですね〜.とても気性が激しそうな女性に見えます.でも,そこがたまりません(^o^)

さて,ホッさんが“ボニー&クライドに似てるな・”って思った作品は,なんてタイトルの作品なんでしょうね〜(・_・?)
わかったら,教えて下さいね!
しゅー
2006/02/01 12:43
こんにちは。今晩は、でした。
やっと参加できる映画がでてきました。
『スティング』や『明日に向かって撃て!』、『イージー・ライダー』、『真夜中のカーボーイ』、『ワイルドバンチ』などは、私が最も映画を観ていた時代(といっても、リアルタイムではなく、もっぱら単館再上映のものやビデオでですが・・・)の作品たちです。
特に、『スティング』は良かったですネ。
フ〜、長らくこのブログをwatchしてきましたが、やっとコメントできた。
では、また今度・・・。
nanika
2006/02/03 23:49
nanikaさん,こんばんは&はじめまして(ここでは)
うひゃ〜,watchされてましたか・・・何となく,恥ずかしいような,照れくさいような・・・恐縮です(^o^)

>私が最も映画を観ていた時代・・・
アメリカン・ニューシネマですね〜(^^)v
ワイルドバンチはかなり強烈な映画でした.
スローモーション撮影がものめずらしくて・・・なはっ!

nanikaさんお奨めの「キル・ビル」も見たいとは思っているのですが・・・観たときにはメモ書きますね〜(^^)v
しゅー
2006/02/05 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「スティング」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる