気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「男たちの大和/YAMATO」メモ

<<   作成日時 : 2006/01/16 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 22

画像
製作年度/ 2005年
製作国/ 日本
上映時間/ 145分
監督/ 佐藤純彌
製作総指揮/ 高岩淡 、広瀬道貞
原作/ 辺見じゅん
脚本/ 佐藤純彌
音楽/ 久石譲
出演/ 反町隆史,中村獅童,鈴木京香,松山ケンイチ,渡辺大,仲代達矢,渡哲也
【映画館】
++++++++++
今年,最初の劇場鑑賞は邦画になりました.「男たちの大和/YAMATO」.
約6億円をかけて,大和の艦首から艦橋までを実寸大で再現した広大なセットが売りの最近の日本映画の中でも超大作映画です.

世界最大最強の“戦艦大和”は昭和16年に完成.
しかし,戦争は飛行機の時代となり,さしたる活躍の場を与えられることもなく,昭和20年4月7日沖縄に向かう途中(菊水一号作戦),米軍の猛攻により海底に消えた・・・

物語は,平成17年4月6日,枕崎に一人の女性が訪れるところから始まる.
彼女は漁師たちに北緯30度43分,東経128度4分まで船を出してほしいと頼みます.そこは戦艦大和の沈没地点.
皆が危険だからと断る中,一人の老漁師がその依頼を引き受けます.
老漁師がその女性を船に乗せ目的地へ向かう途中,彼女は自分が内田二等兵曹の娘,真貴子であると告げます.老漁師にとって内田は忘れられない存在.老漁師は神尾といい,今から60年前,戦艦大和に特年兵として乗艦していました.内田は大和一の暴れん坊でしたが,彼には心強い上官でした.
その内田の名前を聞き,彼の脳裏には当時の出来事が次から次へと甦ります.
新兵として憧れの大和に乗艦したときのこと,上官・内田二等兵曹のこと,想いをよせた幼馴染のこと,寝食を共にした仲間たち,不条理な戦争に対する葛藤,そして“戦艦大和”最後の戦闘,等々・・・

菊水一号作戦・・・
戦艦大和は飛行機による援護もないまま,駆逐艦8艘,軽巡洋艦1艘を従え,沖縄に旅立つ.
この大部隊は,戦艦大和だけで3,000余名,部隊全体で約7,000名の将兵で構成されていた.
アメリカの容赦ない攻撃により撃沈すると分っている死出の旅路.
この大部隊の指揮をとったのは伊藤第二艦隊司令長官.この愚策に猛反対した人物.
しかし連合艦隊命令には背くわけにはいかず,已む無く作戦は決行された.
その結果,大和で生き残った者は約250名.部隊全体でも約半数近くの人が死亡.
また伊藤は操縦桿に自らを縛って大和と最後を共にした言われている・・・

この映画の主役はもちろん戦艦大和.子供心にも迫力のある,それでいて美しい造形に惚れ,大海をゆく勇姿を想像し胸躍らせた戦艦です.そんな大和が映画になるだけでも私にとっては楽しみでした.
戦争アクション映画ではありませんが,壮絶な戦闘シーンは迫力満点.太平洋戦争で戦艦大和と共に散っていった男達の物語です.
一方的に米軍機の猛攻を受け続け,将兵たちが次々と戦死していく壮絶さが印象に残る映画でした.

映画全体の雰囲気はドキュメンタリー・タッチなのですが,内容的にはドラマ仕立てであり,軸足がしっかりしていない点が少し気になりました.
この映画では,戦艦大和で壮絶な戦闘に遭遇する兵士たちの身内との離別が数々のエピソードとして挿入されています.
最後の戦闘シーンを盛り上げる伏線にもなるのですが,この映画の場合,それらの演出が過剰であったと思います.個々のエピソードで映画を観る人を感動させようとするあまり,映画全体のバランスが崩れてしまったような印象を受けました.
それらのエピソードをもっと淡々と綴り,戦艦大和に纏わるエピソードをもっとしっかりと描けば,より骨太の戦争映画になったことでしょう.

内田二等兵曹.彼のような下士官は現実にはいないと思いますが,かなり魅力的なキャラクターでした.その内田の役を中村獅童が演じ,この映画をぐいぐいと引っ張っていました.
また,若かりし日の神尾を演じた松山ケンイチや同じ特年兵の仲間たち,彼の幼馴染の蒼井優らの演技は初々しく,新鮮で好感が持てました.
現在の老漁師 神尾役の仲代達矢は渋い円熟した演技をしていました.戦後生まれの私には実感として理解できない戦争で生き残った人の苦悩も何となく伝わってきたような気がします.

邦画でこれだけエネルギーをつぎ込んだ戦争映画は非常に稀なのではないでしょうか.
ストレートな表現への躊躇も見られますが,映画館で観る価値のある作品だと思います.


男たちの大和/YAMATO@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 《 YAMATO 》&lt; 男たちの大和 &gt; 2006年
映画 《 YAMATO 》&lt; 男たちの大和 &gt; 2006年 私の勝手な評価 ★★★★★ 映画鑑賞日 2006年1月13日 久しぶりに、日本産・戦争映画を観ました。学生時代に、山本五十六だったかを主演にした映画を観ました。やっぱり大和が出てきて、コテンパンにされちゃいます。この映画は、それとは違って、大和の乗組員から、大和を通じて戦争の悲惨さを訴えた映画でした。戦争によって、引き裂かれる友情、愛情、家族愛。全ての人と人の係わり合いが、戦争によって、潰されていきます。後半に長島一茂... ...続きを見る
お呼びじゃない・・・?
2006/01/16 14:58
男たちの大和1
公開前に何度か放送された特番やNHK「その時歴史は動いた」を観たり、もう観た人が買ってきたパンフを見せてもらったりして予習ばかりしていましたが、やっと観ることができました!もちろん大和ミュージアムやロケセットにも行きましたよ。写真は尾道市にあるロケセット... ...続きを見る
うさうさ日記
2006/01/21 15:47
映画館「男たちの大和 YAMATO」
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/01/21 23:40
NO.142??????d?????/YAMATO???????/???????????
&&&&?&Ф&&&?&&&&?&&& &~&&&&&&&&?&&&&???&$&&& ...続きを見る
????????????
2006/04/24 00:34
男たちの大和/YAMATO
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。 ...続きを見る
日々是桜
2006/05/27 01:02
男たちの大和 DVD
 劇場公開で話題となった、辺見じゅんの原作を佐藤純彌監督が映画化した戦後60年記念作品、戦艦大和の壮絶な運命を描く「男たちの大和」のDVDが2006年8月4日に発売されます。 ...続きを見る
Helon's Enjoy Life
2006/07/08 12:37
『男たちの大和/YAMATO』 必ずここへ帰ってくると…
戦艦マニアでも、海軍マニアでもないけれど (あ、でも制服は好き♪) 大和の、この威風堂々っぷりには、息を呑んだ。 ...続きを見る
*モナミ*
2006/08/25 18:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
これもご覧になったのですね〜。
昨年の福井原作3本はダメダメでしたが、この「男たちの大和」は評判が良いようですね。
自分は仕事でバタバタしていて、今年はまだ一度も劇場へ行ってません (^^;;
一応、劇場で見る予定にしていますが、どうなることやら…トホホ。

え〜、毎度の揚げ足取りで恐縮ですが…。
「内田二等兵.彼のような下士官は」の部分、二等兵を下士官とは呼ばないのではないでしょうか (^^;;
タラララ
2006/01/16 12:03
タラララさん,こんにちは!
なはっ・・・どうもです
下士官は正しいのですが・・・実は彼は二等兵曹なのです(^^);
記事の方は速やかに修正しますねっ!

ちょっと,評判が良すぎるかもしれませんね〜(^o^)
タラララさんの場合,もし「男たちの大和」がダメだと本当に全滅ですねっ!

>自分は仕事でバタバタしていて
私も尻に火がついているため,記事を書く時間がなかなか作れません・・・(^^);
しゅー
2006/01/16 15:20
TVでこの映画をやる前に実際にヤマトに乗っていた人
攻撃した人の放送をみました。
辛かったな・・・実際に戦った人の話を聞いたけど

映画はもちろん・・・映画館では観ることは出来ないだろうと
思う 菜っ葉です・・
野澤菜っ葉。
2006/01/16 17:57
菜っ葉ちゃん,こんばんは&久しぶりっす(^^)v
菜っ葉ちゃんは「男たちの大和」ではなく,「宇宙戦艦ヤマト」の方が良いかもね〜!
たぶん,菜っ葉ちゃんの好きな“ぱち”にも“宇宙戦艦”のキャラはありそうですし・・・(^^)v

ところで・・・
ちょっと覗いたのですが,
菜っ葉ちゃんのブログ,だいぶイメチェン図りましたね〜
あとで遊びに行きますねっ!
しゅー
2006/01/16 20:46
ヤマトは昔にもあって・・・
去年ヤマト2が出たんです
パチの話ですが・・・
ヤマト2はリアで遊びましたが・・・
ヤマトはゲーセンにあるのでそれで遊びました。

私のブログのあの映画は面白いかな?
野澤菜っ葉。
2006/01/17 09:01
軸がぐらついているのは残念ですね。
この大和を本当に作ったらしいじゃないですか?
大和を見たいんですよね〜。
日本がこんな凄いもの作っちゃう国ってことで、
アメリカは恐怖だったことでしょうね。
やっぱりレンタル待ちになります(-_-;)

お話かわりましてTBの件ですが、
お調べいただき有難うございました。
私も問合せをしてみてるんですが、
うんともすんとも返答がきません。
私もビッグにお引越ししようか検討中です。
タ〜コ
2006/01/17 16:00
菜っ葉ちゃん,こんにちは!
>私のブログのあの映画は面白いかな?
ダニー・ザ・ドッグ・・・
リュック・ベッソンの映画ですね!
すこし映画サイトを見てみると,結構,評判良いみたい.
でも,私がお邪魔するブログでは,あまり見た人がいませんでした・・・
でも,ひとりだけ見ている人がいて,その方は褒めていました.
感想として,ジェット・リーはリー・リンチェイの頃と比べるとこかなり良くなったと,書かれていました.

見るの・・・(・_・?)
しゅー
2006/01/18 12:49
タ〜コさん,こんにちは!
>やっぱりレンタル待ちになります(-_-;)
タ〜コさんが是非とも見たいという邦画はなかなかないようですね〜
ターコさんも洋画は劇場で見ていても,邦画はここ何年も見ていないのでは?
もっとも,DVDでは,かわったところも見ているようですが・・・
デビルマンの記事には笑いました・・・(^o^)

タ〜コさんがどうしても観に行きたいと思うような邦画が出てこないかな〜(^^)v
しゅー
2006/01/18 12:57
メンテでなかなか入れない^^:

私のブログに来てくれている人は

ビックで作っている人が多いのでレスが

出来ないけど〜〜もういいかな?

ダニー・ザ・ドッグ、、カッコイイ感じの男の人で

気にはなっている映画です 旦那と相談して行きたいです^^
野澤菜っ葉。
2006/01/18 21:14
こんにちは。
今日は雨まじりです・・・
太陽が恋しいですねぇ〜
「男たちの大和」見たいですね〜
結構戦争物好きですから・・・
洋画のもよく見ます。
洋画はベトナム戦争ものが多いですけどね。
実際に自分がああいうとこに行ってたらと思いながら見てると
ゾッとしますね。
昔の男の人たちには脱帽します。
果たして今戦争が起きたとしてお国のためと戦う若者がどれだけいるでしょうか?
ドラッカー
2006/01/19 11:43
菜っ葉ちゃん,こんにちは!
昨日はビックさんはメンテで自分のとこに入れませんでした(^^);
>カッコイイ感じの男の人・・・
ジェット・リーですね.結構,若く見えますね〜

>旦那と相談して行きたいです^^
もうDVDが発売されましたよ〜.レンタルされているのは確認していませんが・・・
しゅー
2006/01/19 12:25
ドラッカーさん,こんにちは!
昨年は“戦争物”はまったく見ていませんでした.
「男たちの大和」は久々に観る戦争映画でした.
「プライベート・ライアン」以来の“戦争物”でした.

個人的には「プライベート・ライアン」の方が好きです.
と言っても,「プライベート・ライアン」を観た当時は,暇つぶしに何となく観ていた時期なので,もう一度観るとどういう印象になるのか解りませんが・・・

>今戦争が起きたとしてお国のためと戦う若者が・・・
私自身にも,お国のためにという発想はないですねっ!
でも,“有事”には洗脳されてしまうかもしれませんが・・・(^o^)
これからの時代は,お国のためよりも,お金のためならば,それなりに人が集まるような気もします(^^);
しゅー
2006/01/19 12:38
<ジェット・リーですね.結構,若く見えますね〜
若くないの?

プライベート・ライアン

私も見たよ 珍しくこれは映画館でみました

なかなかハラハラしてみた思いがあります
野澤菜っ葉。
2006/01/19 18:26
>若くないの?
菜っ葉ちゃんがいくつぐらいを想定しているのでしょうか?
彼は,42歳ぐらいだと思います・・・
若いのか,若くないのか・・・私の感覚では若くない・・・(^o^)

プライベート・ライアン・・・
ビデオを借りてきて観た映画.
冒頭のシーンで圧倒された印象があります.
もちろん,途中からハラハラもしましたよ〜(^^)v
しゅー
2006/01/20 00:51
私は30代かなって思っていました
それも前半です。

この頃男の人も年齢不詳が多いような気がします

まぁ〜私 男の人みても年齢当たった事がないけど^^:
野澤菜っ葉。
2006/01/20 09:17
菜っ葉ちゃん,こんばんはっ!
>私は30代かなって思っていました.それも前半です。
10歳も若く見られるなんて羨ましいですね〜
私の場合は,まず,若く見られることはありません.
体型的にも,髪の毛的にも・・・(^^);
でも,さすがに5歳以上も上に見られるとがっかりします・・・(><)

>男の人みても年齢当たった事がない
男性の年齢はあたらなくても良いのです.もし,年齢を聞かれたら自分の印象より5歳若く答えましょう!
男性は単純な生き物ですから・・・(^o^)
しゅー
2006/01/21 02:14
はじめまして。
中村獅堂さんが演じた内田のモデルになった内田さんは数年前TV出演されていましたよ。中村さんがそっくりそのまま演じたのではないとは思いますが。
うさ
2006/01/21 15:46
うささん,はじめまして&ようこそ!
コメントありがとうございます(^^)v

>中村獅堂さんが演じた内田のモデルになった内田さん・・・
戦後の内田さんの生き様もエピソードにして,過去と現在とをしっかりとつなぎとめるストーリーにしたかったようですが,了解がもらえなかったらしいですねっ!

>中村さんがそっくりそのまま演じたのではない・・・
え〜っと・・・あの〜
記事では“彼のような下士官は現実にはいないと思いますが・・・”と書きました.
内田さんのキャラクターはかなりデフォルメを効かせているなあ〜という印象を書いたつもりだったのですが・・・表現が舌足らずだったでしょうか?
あれだけ感情をむき出しにして,軍隊生活を送れるとはとても考えられないですからね〜(^o^)
しゅー
2006/01/21 23:40
TBありがとう。
過去に、大和をモデルの戦争映画は、出来はともかく、何作も作られています。今回は、辺見じゅんの、生き残った兵士や家族の取材が、原作となっています。だから、そちらに比重をおいたのだと思いますね。
kimion20002000
2006/04/27 12:02
kimion20002000さん,こんにちは&ようこそ♪
生き残った兵士・・・
辺見さんの原作は未読ですが,聞くところによると内田さんについてもっと掘り下げられているそうですね.
内田さんの当時だけでなく,戦後の生き様が表現されれば,さらに現在につながる視点の映画になったかもしれませんねっ.
しゅー
2006/04/27 17:39
昨夜、見ちゃいました〜。
自分には★★の凡作、でもクライマックスが迫力あったので★1つオマケで★★★ですね (^^;;
あと、木炭バスも良かったです。
実際に動いているのを見たのは初めてかも (^^)

今の若い人向けに作られた映画という印象ですね。
全体的に軽い感じなのが自分には不満でした。
愛する人を守るために戦った人もいたでしょうが、実際は「お国」のために亡くなられた方がほとんどです。
映画のような人ばかりだったら、「日本は戦争していないっショ」って突っ込んでしまいました。
ええ、自分はオジサンですとも (^^;;
タラララ
2006/08/07 23:27
タラララさん
>全体的に軽い感じなのが自分には不満でした。
はい,私ももっと骨太な男性的な作品を期待していました(^^);

>今の若い人向けに作られた映画という印象ですね。
昔風に言うと,“文部省指定映画”ってところですか(^o^)
私は,若い人向けというよりも,かなり女性層を意識した作品だったな〜と思いました.

でも・・・大作という雰囲気は感じられる作品でした♪
しゅー
2006/08/08 01:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「男たちの大和/YAMATO」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる