気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「アバウト・シュミット」メモ

<<   作成日時 : 2006/03/14 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 23

画像
About Schmidt
製作年度/ 2002年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 125分
監督/ アレクサンダー・ペイン
製作総指揮/ ビル・バダラート 、レイチェル・ホロヴィッツ
原作/ ルイス・ベグリー
脚本/ アレクサンダー・ペイン 、ジム・テイラー
音楽/ ロルフ・ケント
出演/ ジャック・ニコルソン 、キャシー・ベイツ 、ホープ・デイヴィス 、ダーモット・マローニー 、ハワード・ヘッセマン
【DVD】
ゴールデン・グローブ賞(2002)/ 脚本,男優
LA批評家協会賞(2002)/ 作品,脚本,男優
++++++++++
DVDのカバーはコメディ風の感じがするJ・ニコルソン主演の「アバウト・シュミット」を観ました.一応コメディですが,シニカルな部分が印象に残る映画でした.

ビルの立ち並ぶオフィス街の一角.カメラは“WOODMEN”という大きなロゴのあるビルをクローズ・アップします.
そのビルの一室では,主人公のシュミットが時計の針が退社時刻を指すのをじっと見つめていました.その日は彼の定年退職の日.彼は極々普通の会社員でした.

翌日から新たな人生が始まります.
といっても会社中心の生活を送ってきたシュミットは何をしたら良いか判らない状態.それなのに周囲の人間が自分を必要としないことに腹を立てます.
ある日,彼はたまたまテレビCMで見たチャリティ団体に応募.それはアフリカの恵まれない少年の里親になるというもの.寄付と一緒に少年に自己紹介の手紙を書き始めるものの,結果的に自分の不平不満を綴ってしまう始末.
そんな折,長年生活を共にしてきた妻ヘレンが急死.
急遽,離れて生活している一人娘のジーニーが帰ってきましたが,葬儀が終わるとさっさと彼のもとを去ります.ジーニーはシュミットが快く思わない男と近々結婚する予定.
一人ぼっちになり,何もすることのないシュミットは,ジーニーに結婚するまでの間何か手伝いたいと申し出ます.しかし,彼女は彼の提案を拒否.仕方なく,彼は娘の結婚までの間,妻ヘレンの提案で購入したキャンピングカーで一人旅に出かけますが・・・

もちろん,シュミットを演じるのはJ・ニコルソン.
この映画では,彼が普通の男を演じています.やはり彼の演技は非常に上手い.
彼の演じる普通の男は,取り立てて特別なことをしているわけでもないのに見ていて飽きません.シュミットの行動や仕草の端々にニコルソンならではのアクセントが付けられています.ニコルソンが何かを仕出かすかもという期待感も手伝います.娘の結婚式で本心を隠しつつのスピーチはちょっとしたサスペンス.
見る側のこういう想いを想定した演出には脱帽でした.

さて,シュミットという男について・・・
自分は成功者であり,人から必要とされる存在だと思っている男.
しかし,彼の喜怒哀楽や行動には小心さがぎっしり詰まっていました.
それら全てが笑える部分であり,身につまされる部分.
また,彼は妻ヘレンのことを「なんでこの人間は自分と一緒に住んでいるのだろう?」と考えるような亭主.善良な市民ではあるかもしれないが,良き父親,良き亭主とは言い難い存在.
彼は家族や隣人を軽んじていました.しかし,妻がいなくなり,娘が離れていったとき,やっと自分の存在価値を自覚します・・・

平凡な会社員の将来を示唆するような映画.
ちょっと悲しいことですが,自分もシュミットのような年寄りになるかもしれない,と思いながら鑑賞しました.
日々,平凡な人生を送っている私としては,映画には何らかの華とか夢を求めます.ですから,こうゆう映画はあまり人に薦めたくありません.なので★にしました.
でも,旦那とシュミットを重ねて見られる立場の人にとっては,かなり面白い映画かも・・・


アバウト・シュミット@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
しゅーさん、久しぶりの更新ですね (^^)/
お待ちしてましたよ〜。
「アバウト・シュミット」とは、また渋いところを (^^)

個人的にモノローグを多用する映画は好きでないのですが、こういうラストなら…まあ納得です (^^;;
ニコルソンの演技は長い彼のキャリアでも屈指ですね。
彼の演技を見るだけでも値打ちがあると思います。
そんなニコルソンを吹き飛ばすほど強烈な印象を残したのがキャシー・ベイツのあのシーン。
彼女、1948年生まれですよ〜。
女優根性には頭が下がりますが、もそっと若いおねえちゃんにお願いしたいですぅ。
あのシーンが夢に出てきて、うなされます (^^;;
タラララ
2006/03/15 13:48
タラララさん,こんばんはっ!
やっと,記事のアップができました♪
私の今年度の仕事もあと2週間になりました!
いいかげん燃えつきそうですが,“くび”にならぬよう最低限のことはしなくては・・・なはっ(^o^)

いや〜,この映画のシュミットさん・・・
平凡な会社員の多くが定年退職をしたら,やりそうなことばかりしてましたねっ!
私も彼と同じ歳になったら,おそらく魔法にかかったように,否応無しに大なり小なり同じようなことをするのでしょうね♪

>キャシー・ベイツのあのシーン・・・
まったくもって,私はシュミットさんと同じ行動をすると思います.
あのシーンを見てセクシーというよりも彼女の貫禄を感じました・・・ははは(^^)v
しゅー
2006/03/16 00:52
追伸
次はもっと若々しい映画を見て,メモを書こうと思っています♪
しゅー
2006/03/16 01:00
こんばんは〜!

この映画は観てないのですが
ジャック・ニコルソンが好きで^^

とっても存在感のある役者さんだなって思います。

昨日、たまたま いかりや長介さんの息子さんのお話が
流れていて、彼の私生活も役者さんとは線を引かれているんですね。
お二人のお顔は別人ですが
雰囲気が似てるなって思いました。
アリス
2006/03/16 21:28
アリスさん,こんばんは!
>ジャック・ニコルソンが好きで^^
あちこちのブログを覗くと,女性の方の中には“J・ニコルソンは怖い”と感じている方が多いようです.
特に,「シャイニング」&「バットマン」の印象が強いらしい・・・
そして「恋愛適齢期」を見て,ちょっと彼を見直すようです(^o^)

いかりや長介&J・ニコルソン
いかりや長介はゴリラで,ニコルソンはウルフかな〜(・・?)
でも,どちらも“むすっ”としていると,近寄りがたいかも・・・(^o^)

>いかりや長介さんの息子さん・・・
何かの番組で見たことがあるような・・・
結構,二枚目でしたっけ!・・・ちがったかなっ(^^);
しゅー
2006/03/16 23:29
J・ニコルソンは・・恋愛小説家とバットマンかな?

昨日 映画観てきました 観終わってから
ドンヨリしてしまった^^:

来月は「シャウィルダンス」です。
野澤菜っ葉・
2006/03/17 09:52
長介さんの息子さんは
落語家のミッキーさんをジッとではなく
1.2秒ササッと観た感じでしょうか(笑)

最近、映画よりDVDのほうが多くて・・
迫力がね〜・・(ションボリ)
アリス
2006/03/17 21:11
菜っ葉ちゃん,こんばんは
たしか「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でしたよねっ!
未見ですが,タイトルからして,重くダークな雰囲気がします.
菜っ葉ちゃんが,落ち込むとは,さぞかしダークな映画だったのでしょう・・・
やっぱり,映画は楽しい方が良いですね♪
しゅー
2006/03/17 21:53
アリスさん,こんばんは!
落語家のミッキーさん・・・
そもそも,そこから判りません・・・トホホ(^^);
そういえば,ミッキー・カーチスが立川談志に弟子入りして,ミッキー亭カーチスなる名前で落語家をしているとか・・・
もしかして・・・(・・?)

いかりや長介さんの息子・・・
父親の癌を告知しなかったことで,ちょっと話題になりましたよねっ!
たしか,「嘘をついてしまった」と悔やんでいたように記憶していますが,
どちらが良いかは難しいですよね〜.
その状況によっても,違ってくると思います.
しゅー
2006/03/17 22:04
あぁ・・わたしもミッキーさんの正式なお名前は分かりません(笑)

息子さんは今度単行本を出版されましたね。
インタビューした方が芸能人の子供にしたら
とても控えめな方だと評しておられました・・

>たしか,「嘘をついてしまった」と悔やんでいたように記憶していますが,

ウソを突き通すのは大変だったことでしょう・・
宣告する側の優しさが感じられました・・

あ・・そうそう
長さんの「踊る大走査線」はも少し観たかったな〜(*^.^*)



アリス
2006/03/19 12:03
アリスさん,こんにちはっ!
いかりや長介・・・
『踊る大捜査線 THE MOVIE』『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の和久平八郎は彼のはまり役でしたね〜
あの渋い声(・・?)を生かしたナレーションも好きでした(^o^)

むかし,札幌に行ったとき,いかりやさんのお気に入りということで「だるま」というジンギスカンの店に行きました♪
しゅー
2006/03/20 12:22
こんにちは。
定年退職後のことが映画になると、リアリティーがあって
観るのが怖い気がします。
ずっと苦手だったジャック・ニコルソンですが、
しゅーさんの記事でちょっと観てみようかと思ってます。

長さんのイメージでダブるのは
「リーサル・ウェポン」のダニーグローバーです。
顔もなんとなく似てませんか?(o^^o)ふふっ♪
タ〜コ
2006/03/20 17:33
タ〜コさん,こんにちはっ♪
>定年退職後・・・リアリティーがあって観るのが怖い・・・
何をおっしゃいますか,タ〜コさん!
タ〜コさんはまだまだ十分若い.
定年なんて恐るるに足らずでは・・・
私でさえも,まだ,ちょっと実感としてイメージすることのできない人生のイベントです♪

リーサルウェポンのギブソンとグローヴァーは名コンビでしたねっ!
ダニー・クローヴァーは刑事が良く似合う俳優さん・・・
いかりや長介も踊る・・・の和久刑事はぴったりのはまり役.
う〜ん,そう考えると確かに似ているのかもっ(^o^)
しゅー
2006/03/21 12:09
昨日からディーンの映画を観ていました。

エデンの東は。。やっぱり お父さんの誕生日の
あのシーンは切なかったです。

でも ジャイアンツが1番よかったな〜〜
野澤菜っ葉。
2006/03/21 13:53
菜っ葉ちゃん,こんにちはっ!
ジェームスディーンの作品・・・
すべて見ているのですか,すべて子供の頃に観ただけなので,今ではイメージしか残っていません(^^);
3作品の中では,私は「エデンの東」が最も好きだったように思います.
映画のシーンとしては,「理由なき反抗」のチキンレースでしょうか・・・
「ジャイアンツ」は非常に長い映画.広大なアメリカの地では,人がなんと小さく見えるだろう,と感じた印象があります♪
しゅー
2006/03/22 12:52
しゅーさん
ディーンの映画の記憶は全部当たっていますよ
凄いね!!

ディーンはポスターでしか見ていない状態だったので
カラー映画にビックリしました

だってポスターとかは白黒かセピア色だったので
野澤菜っ葉。
2006/03/22 18:33
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
>ポスターとかは白黒かセピア色
「ジャイアンツ」の“ライフルを自分の首の後ろにまわすシーン”はテレビCMになりましたねっ!
リーバイスでしたっけ(わたしの記憶がたしかなら・・・)
彼はいつも上目使い・・・そして,永遠に若い・・・羨ましいな〜・・・たはっ(^o^)
しゅー
2006/03/22 23:42
>テレビCMになりましたねっ!

そっかぁ〜だから見たことがあったんだね。

旦那・・・仕事の期限が延びたため
代休はなくなりました^^:
ついでに今週の土日も休みでは無いそうです

4月になったら・・あれも・・
違うような気がする
llllll(-_-;)llllll ずーん
野澤菜っ葉。
2006/03/23 09:36
菜っ葉ちゃん,おはよう!
>そっかぁ〜だから見たことがあったんだね。
うっ!うる覚えなので自信ないです(^^);
もしかしたら,違うかも・・・

菜っ葉ちゃんの旦那って,年度末は,毎年こうなの(・・?)
まだ,若いから良いものの,これが続くと・・・(><)だよね
しゅー
2006/03/24 09:00
旦那は去年の7月にここの会社に
転職したので・・どうでしょうか?
年度末はそんなに大きなプロジェクトを
任されていなかったと思います。
野澤菜っ葉。
2006/03/24 17:14
菜っ葉ちゃん,そうでしたかっ!
転職・・・
まだ1年経ってないんだ〜
それじゃ,余計に頑張っちゃいますね!
今の仕事が終わると,旦那は死んだようになってしまうのでは・・・
4月になったら,温泉にでも行って,ゆっくりと休養が取れると良いですねっ(^o^)
しゅー
2006/03/26 09:14
29日までの締め切りが終ると少し
息がつけるようですが・・・4月までではなく・・・
5月までが忙しいって^^:
私の早く忙しいのが終って欲しいって思いが
4月と思ったのでしょうか?
野澤菜っ葉。
2006/03/26 20:34
菜っ葉ちゃん,こんばんはっ!
>5月までが忙しいって^^:
すみません(^^);
私の仕事では年度末が忙しいので(タラララさんの言葉を借りると季節労働者),どうしても他の方も3月が終わると一息つけると思ってしまいます.
菜っ葉ちゃんの旦那は,本当に大変ですね〜
菜っ葉ちゃんの我慢も大変ですね♪
しゅー
2006/03/28 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
★「アバウト・シュミット」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる