気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「チャーリーとチョコレート工場」メモ

<<   作成日時 : 2006/04/16 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 16

画像
Charlie and the Chocolate Factory
製作年度/ 2005年
製作国/ アメリカ,イギリス
上映時間/ 115分
監督/ ティム・バートン
製作総指揮/ マイケル・シーゲル[製作] 、ブルース・バーマン 、グレアム・バーク 、フェリシティ・ダール 、パトリック・マコーミック
原作/ ロアルド・ダール
脚本/ ジョン・オーガスト
音楽/ ダニー・エルフマン
出演/ ジョニー・デップ 、フレディ・ハイモア 、デヴィッド・ケリー 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ノア・テイラー
【DVD】
++++++++++
「チャーリーとチョコレート工場」は,監督ティム・バードン,主演ジョニー・デップ&音楽ダニー・エルフマン,という今までにも人気のある作品を生み出してきたトリオで製作された作品です.
この映画の原作はロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」.今から40年前に書かれ,いまでも世界中で愛されている童話のようです.

日本(TOKYO)でもよく売れている“ウォンカ”のチョコレート.
そのチョコレートが作られる世界一大きな工場は謎のベールに包まれていて,工場の中を見た人は誰もいません.
ところが,ある日,“ウォンカ”は全世界に向けて,チョコレートに挿入したチケットを手にした5人の子供を工場内に招待すると発表.
チョコレート工場の近くに住むチャーリー少年も,その発表に目を輝かせます.でも,彼の家は驚くほど貧しく,自分の誕生日のときしか“ウォンカ”のチョコレートを買ってもらえない.ところが,奇跡が起こり,彼は5人の中に選ばれます.
そして,チャーリー少年は,“ウォンカ”の工場で不思議な世界を体験します・・・

不思議な世界の案内役はジョニー・デップ演じる工場長のウィリー・ウォンカ.
おかっぱのような変な髪形,白塗りメイクという奇妙な格好をしています.
大人になりきれなかった変な大人で,子供に何か言われると顔全体が引き攣ったり,夢中になって子供に自慢話を聞かせたり,時折,トラウマ・スイッチも入ります.
でも,変人のウォンカが,ときどき魅力的にも見えます.ジョニー・デップの怪演の賜物なのでしょうね.

案内される子供たちも,チャーリー少年を除くと変な子供ばかり.
お菓子を意地汚く食べ続ける太った少年,親を召使のように思っている我儘な少女,ゲーム中毒で切れやすいオタク少年,勝ち負けに拘る意地悪そうな少女.みんな可愛げがなく生意気な子供たちです.

さらに,工場内も変で,チョコレートの滝や川があったり,お菓子でできた草原があったりします.その他にも,毒々しい液の入ったフラスコやらビーカーの並ぶ実験室だったり,チョコレートを電波に換えて転送するTVシステム・ルームがあったりと,およそ,チョコレート工場には見えません.

でも,やっぱり,一番変なのが,チョコレート工場で働く小人たち.
彼らの名前はウンパ・ルンパ.南の国でカカオを崇拝して暮らす民族だったのですが,ウォンカと出会い工場で働くことを選んだようです.
からだは小さくて可愛いのですが,顔は全員まったく同じ濃いおやぢ顔.
彼らは,要所要所でいきなり歌や踊りを披露したり,彼らの活動がいろんな映画のパロディだったりします.ミュージカル映画,歴史スペクタクル,SFやホラー等々・・・彼らの歌う音楽は,ミュージカル,グループ・サウンズ,ディスコ・ミュージックなど多岐にわたり,さらにはロック・ミュージシャンのライブ・パロディもありました.もちろん,総てのシーンを濃い同じ顔が演じるわけですから異様です.これらのシーンではダニー・エルフマンの音楽が冴えわたります.

変な家,変な工場,変な登場人物,変な音楽,変なダンス,そして原色が散りばめられた派手な映像はまさにバートンの世界.ファンタジーを撮らせたら本当に上手い監督ですが,この映画はちゃんと子供のための作品にもなっています.
可愛げがなく生意気な子供は,やっぱり憎らしい.それを素直に映像化して,素直に懲らしめてしまう映画.ディズニー映画も良いけれど,このくらいの毒はあった方が子供にもきっと面白いだろう,という印象が残る映画でした・・・


チャーリーとチョコレート工場@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画館「チャーリーとチョコレート工場」
ティム・バートン監督は「ビートルジュース」のころから大好き!ジョニー・デップは「エルム街の悪夢」のころから大好き!!この2人が組んだ「シザー・ハンズ」や「スリーピー・ホロウ」も大好きなので、私が嫌いなわけが無い!と思って観にいってきました。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/04/17 06:03
<チャーリーとチョコレート工場> 
2005年 アメリカ 116分 原題 Charlie and the Chocolate Factory 監督 ティム・バートン 脚本 ジョン・オーガスト 撮影 フィリップ・ルースロ 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ウィリー・ウォンカ:ジョニー・デップ    チャーリー:フレディ・ハイモア    グランパ・ジョー:デヴィッド・ケリー    バゲット氏(父):ノア・テイラー    バケット夫人(母):ヘレナ・ボナム=カーター    ウンパ・ルンパ:ディープ・ロイ   ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2006/10/26 03:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
珍しく一番乗り。。ですよね。(^^*)

で、
しゅーさんは楽しめましたか?

我家では評判良かったです。
もう、「子供」と呼ぶには
年をとった彼らですが、(^^*)
ストーリーも、音楽も、映像も
明快だからでしょうね。

ところで、
気のせいかもしれませんが、
しゅーさんのプロフィールの趣味の欄ですが、
私の書き方ととても似ているような・・・。
(*'‐'*)
ことの
2006/04/16 21:26
ことのさん,こんばんは!
>しゅーさんは楽しめましたか?
ラストは,ちょっとダメ(なんか取って付けたようで)でしたが,チョコレート工場の中での出来事は楽しく見ました(^^)v

ことのさんは,チャーリー少年が道路に落ちていたお金をネコババしてチョコレートを買ったことをどう思いますか(・・?)・・・ちょっと興味が・・・

>しゅーさんのプロフィールの趣味の欄・・・
はいっ!ことのさんのプロフィールを“右に倣え”しました(^o^)
ダメだったでしょうか(^^);

ps.ちょっとはアクセスしやすくなりましたか?
しゅー
2006/04/16 23:50
しゅーさん、
私は、この映画は童話として単純に
見てました。(^^*)

童話って
暗くて怖い部分もずるい部分も
ありますから。

(同じくジョニーデップの「ショコラ」は
大人の童話という感じでした)

プロフィール、やっぱり〜。
弟なのでOKです。(^ー^* )

はい、アクセスしやすくなりました。
おかげで、ちょこちょこ覗かせてもらっています。
ありがとうございました。
わがままな姉でごめんね。(*'‐'*)



ことの
2006/04/17 00:20
ことのさん!
チャーリー君が道で拾ったお金は神様からのプレゼントかもしれませんよ♪
神様がくれたささやかな誕生日プレゼント(だからずるくない・・・小さな声で)

>弟なのでOKです。(^ー^* )
お姉さん,すみませんね〜(^o^)
うちの“まめ君”は“ハバネロ君”の弟にしちゃいますかっ・・・なはっ!

>わがままな姉でごめんね。(*'‐'*)
とんでもないです.出来の悪い弟ですが見放さないでねっ(^^)v
しゅー
2006/04/17 00:53
そこのお二方!
仲良しすぎです(⌒▽⌒)アハハ!

しゅーさん「チョコレート工場」気にいただけましたか?
な〜んて、配給会社側よりのコメントですが、
とにかく、この映画、全てが好きなもので(*^。^*)
ウンパ・ルンパ人はツボに入りましたw
タ〜コ
2006/04/17 14:09
お、「チャリ・チョコ」☆印ですね (^^)
しゅーさん、バートン監督はお嫌いだったのでは?
ひょっとして、嵌りつつあります?
この際だから、続けて「コープスブライド」も行ってみよ〜。
タラララ
2006/04/17 15:10
しゅーさん、
私達の関係がバレてしまったようですね。

タ〜コさん、
ここだけの話にして下さいね。

しゅーさんと私は
実は
親子(母子)なんです。。
(^^*)
ことの
2006/04/17 23:14
タ〜コさん,こんにちは〜
>ウンパ・ルンパ人はツボに入りましたw
はい!私も壺に入っちゃいました(・・?)
ディープ・ロイはもう一生忘れられませんねっ♪

ジョニー・デップの“引きつり顔”も最高でした.

もし,日本に“バートンのチョコレート工場”ができたら,タ〜コさん,真っ先に遊びにいっちゃいそうですねっ(^o^)

>仲良しすぎです
大人(・・?)の会話です・・・なははっ(^^)v
しゅー
2006/04/18 12:49
タラララさん,こんにちは〜
>しゅーさん、バートン監督はお嫌いだったのでは?
でもねっ,タラララさん!
映画メモでは,ティム・バートンの作品を3回も取り上げていて,★はないのですよ〜がははっ♪
もともと,カラフル映像が大好きで,華やかな作品が大好きなので・・・

>続けて「コープスブライド」も行ってみよ〜。
近いうちに,観ようと思います♪
しゅー
2006/04/18 12:55
こ,ことのさん(^^);
言うに事欠いて,親子(★)ですか・・・
ちょっと,無理がありますよ〜
もっと,説得力のある言い訳をしなくちゃ〜(^o^)
(ことのさんはゼロ歳で,わたしを産んだの〜)

たとえば・・・
実は夫婦だったのです・・・・とかねっ!
まだ,お会いしたことはないですが・・・へへっ♪
しゅー
2006/04/18 13:05
しゅーさん こんちは〜
「チャーリーとチョコレート工場」は映画館で見ましたよ
それもレイトショーで・・満員でした!
DVDでは見てないので、すっかり忘れてしまいましたが
しゅーさんの映画評を読んで思いだしました(笑)

確かに ジョニー・デップの怪演ですよね
テス(nosaman)
2006/04/18 16:09
テスさん,こんにちはっ!
>それもレイトショーで・・満員でした!
私もレイトショーを良く利用します.
でも,満員だったことはないですね〜

今まで観たレイトショーで一番混んでいたのは,「always 3丁目の夕日」です.
いちばん少なかったのは,「ミリオンダラー・ベイビー」で貸し切りでした♪

うちの方には,大きなシネコンが2箇所あって,「ミリオンダラー・ベイビー」は人気のないシネコンの方で観ました.
テスさんちは都会ですから,“貸し切り”は一生経験できないのではっ・・・(^^)v
しゅー
2006/04/19 13:19
こんばんは〜。
その「コープス・ブライド」のほうから観ました(笑)

↑一応ブログで取り上げたんですよ(*^.^*)エヘエヘ
チョコレート工場はまだ観てはいないんですけど
知人には評判はいいみたいです(笑)

最近、やっとミスター&ミセススミスを観たところ・・
しゅーさんのブログに追いつくのはいつの頃かしら(ウフフ)

アリス
2006/04/22 20:40
アリスさん,こんばんは!
「コープス・ブライド」は近いうちに観ようと思っている映画です.
そのときは,コメントさせてくださいねっ♪

>しゅーさんのブログに追いつくのはいつの頃かしら(ウフフ)
気ままに観てますから,その気になれば,直ぐに追いつくのでは・・・
ゴールデン・ウィークには,1日ぐらい,何本かまとめて見られる日が取れるだろう,と楽しみにしています♪

「Mr.&Mrs. スミス」も楽しい映画でしたね(^^)v
しゅー
2006/04/23 17:40
観た人が「楽しい」と言っている訳が
分かりました(^^)
素直に楽しめそうな映画ですね♪
炒りたまご
2006/04/24 16:30
炒りたまごさん,こんばんは!
この映画は,家族そろって観るのが,最も楽しく観られる映画だと思います♪
個人的には,ウンパ・ルンパに嵌りました.
ウンパ・ルンパは,ディープ・ロイという役者さんが演じているのですが,
その風貌を見て,“せんだみつお”が頭に浮かびましたっ!
しゅー
2006/04/25 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「チャーリーとチョコレート工場」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる