気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ウィンブルドン」メモ

<<   作成日時 : 2006/05/28 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

画像
Wimbledon
製作年度/ 2004年
製作国/ イギリス&フランス
上映時間/ 99分
監督/ リチャード・ロンクレイン
製作総指揮/ ティム・ビーヴァン 、デブラ・ヘイワード 、デヴィッド・リヴィングストン
原作/ −
脚本/ アダム・ブルックス 、ジェニファー・フラケット 、マーク・レヴィン[脚本]
音楽/ エドワード・シェアマー
出演/ キルステン・ダンスト 、ポール・ベタニー 、ニコライ・コスター=ワルドウ 、ジョン・ファヴロー 、サム・ニール
【DVD】
++++++++++
この映画のタイトル“ウィンブルドン”といえば英国のテニス大会.
主演はポール・ベタニー&キルステン・ダンスト.
でも,製作したのは「ブリジット・ジョーンズの日記」,「ノッティングヒルの恋人」等の作品で有名なワーキング・タイトル社.
なので,タイトルと出演者からは想像しにくくても,やはりコメディ・タッチの恋愛映画でした.

テニスボールをヒットする音と軽快な音楽で映画は始まります.
背景には,テニスの試合を観戦する人たちがボールを追う姿・・・
ちょっと洒落た感じのオープニング.

そして,主役となるピーター・コルトの簡単な自己紹介.
彼は30歳を過ぎた落ち目のベテラン男子テニス・プレーヤー.かつては世界ランキング11位まで登り詰めたものの,現在は100以下に下がり,今回のウィンブルドンの大会を最後に引退を決意.

そんなピーターが試合のために予約したホテルの部屋に入ってみると,そこには若い魅力的な女性がシャワーを浴びていてビックリ.でもちょっといい眺め.
彼女の名前はリジー・ブラッドベリー.テニス界にすい星のごとく現れた現在最も注目されている女子テニス・プレーヤー.
ホテルのフロントの手違いが,この対照的な男女の出会いのキッカケとなり,そしてウィンブルドンを舞台にした恋愛ゲームがはじまるのですが・・・

この映画は,まさに,中年男性のための“おとぎばはし”.
30過ぎたテニス・プレーヤーは,普通の社会ではすでにロートル.
そんな男に世界が注目する若い女性が積極的にアプローチ.
とても現実にはありえないような非常においしい展開です.
恋の行方もさることながら,恋に落ちたピーターの試合も奇跡的な展開・・・

でも,プレー中のピーターは,そんな奇跡的な展開にも,あ〜でもない,こ〜でもない,と独り言.観客席で彼のプレーを見守る人たちの興奮をよそに,彼の心の中はかなり弱気.白熱する試合とピーターの心境のギャップが面白い.

お気楽ゴクラクな内容ですが,コミカルで洒落た演出,英国っぽいユーモアセンスが魅力的な作品です.ストーリーの流れの中に挿入されるいくつかのシーンには思わずにやり.

さらに,テニスの試合は,巧みなカメラワークとちょっとデフォルメの効いたCGを駆使し,楽しい映像で盛り上げます.そんな映像と背後に流れる音楽との相性はピッタリ.

若き女子テニス・プレーヤー,リジーを演じたキルスティン・ダンストは,特に美人ではないけれど,この映画では意外とキュート.
一方,ちょっと頼りないテニス選手ピーター役のポール・ベタニーも悪くありません.屈折した役柄を得意とする俳優のイメージがありましたが,この映画の彼を観て,幅広い演技のできる個性派俳優であることを知りました.

この映画の試合シーンは,実際のウィンブルドンのコートで撮影されたそうです.
さらに,センター・コートでプレーをし,多くのテニス・ファンを魅了したジョン・マッケンローとクリス・エバートが解説者として顔を見せるサービスもあります.
公開当時はさほど評判になりませんでしたが,なかなか面白い作品.
“軽さとユーモア”で勝負した作品ですから,気楽な気分で観ると,楽しい気分に浸れます・・・


ウィンブルドン@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DVD「ウィンブルドン」
スポーツ物の作品って沢山あるけれど、テニスがメインのお話の作品ってなかったかも。っていうか、私が観たことなかっただけかもしれませんが。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/05/28 01:07
ウィンブルドン
「ウィンブルドン」というイギリス映画を見ました。 ...続きを見る
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センタ...
2006/09/07 16:01
DVD「ウィンブルドン」見たよ。
はい、もひとつ、こんばんは。 ...続きを見る
雪華と、うふふ
2006/09/11 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この手のラブコメは基本的に苦手なのでパスしたんですよね。
テニスも興味ないですし…。
でも、レンタルでお世話になってみようかな。

ダンストなら、「ガールズ・ルール!」がなかなか楽しめましたよ。
こういう“ティーンもの”は見てみようかと思うんですけどね (^^;;
タラララ
2006/05/28 13:03
タラララさん,こんばんは!
>この手のラブコメは基本的に苦手・・・
「ラブ・アクチュアリー」は未見ですが,「ブリジット・ジョーンズの日記」,「ノッティングヒルの恋人」は楽しめました♪
純愛ものは苦手ですが,捻りの効いたラブコメは結講好きです.
そういう意味では,この映画のストーリーはいまいちでしたが,ユーモアには毒がありましたよ〜(^o^)
しゅー
2006/05/28 21:28
少し 暗い記事にコメントありがとう
しかし・・・気になっているけど
どうもできない自分がなんとも。。。
切ないです

しゅーさんも動物好きなんだね。

映画 殆ど観ていないのでコメントが
できなくて^^: でも見にはきていますよ。
野沢菜っ葉。
2006/06/03 11:33
菜っ葉ちゃん,こんばんは
これまで飼ったのは,犬,猫,ハムスター&“まめ”ってところでしょうか・・・
犬はポチ,松幸号,まるの三匹.
ネコはミー(初代),しろ,ミー(二代目),チビの四匹.
ハムスターはちゅるちゅる一匹.
そして,まめ・・・
まあ,いちばん厄介なのは“まめ”ですね〜♪
(最近ちょっと背が伸びてきた・・・“まめ”は卒業かなっ)

>でも見にはきていますよ。
サンキューです(^^)v
しゅー
2006/06/03 20:03
楽しそうな映画ですね。落ち目のっていうのがわたしにとっては面白そうに思います。キルスティン・ダンストは美女とはいえないかもしれないけど、なんだかとてもセクシーに感じることがあります。気軽に見てボーっとできそう。
みのり
2006/06/04 09:22
みのりさん,こんばんは♪
あまり評判にはなりませんでしたが,なかなか楽しい映画でした.
ダ・ビンチ・コードとこの映画のポール・ベタニーはまったく別の俳優に感じました(^^)v
テニスの試合のシーンも面白かったですよっ!
しゅー
2006/06/04 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ウィンブルドン」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる