気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ティム・バートンのコープスブライド」メモ

<<   作成日時 : 2006/06/15 02:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 30

画像
TIM BURTON'S Corpse Bride
製作年度/ 2005年
製作国/ イギリス
上映時間/ 77分
監督/ ティム・バートン 、マイク・ジョンソン
製作総指揮/ ジェフリー・オーバック 、ジョー・ランフト
原作/ −
脚本/ パメラ・ペトラー 、キャロライン・トンプソン 、ジョン・オーガスト
音楽/ ダニー・エルフマン
出演/ ジョニー・デップ 、ヘレナ・ボナム=カーター 、エミリー・ワトソン 、トレイシー・ウルマン 、ポール・ホワイトハウス
【DVD】
++++++++++
「ティム・バートンのコープスブライド」はロシア民話を題材にしたストップモーション・アニメ.たった1秒のシーンを撮影するのにおよそ10時間を費やし,10年の歳月をかけた作品のようです.その気の遠くなるような地道な作業により,CGアニメと判別できないくらい滑らかな動きを実現したストップモーション・アニメでした.

物語は19世紀のヨーロッパにある小さな街での出来事.
画面に映し出された主人公のビクターは気弱ですが,心優しい青年.スケッチをした蝶を窓から逃がす冒頭のシーンにも,彼のやさしさが現れています.
ビクターはもうすぐビクトリアという女性と結婚することになっていました.
彼の両親は魚屋から財をなした成金.自分たちの一人息子を貴族の娘と結婚させ,地位と名誉を手に入れることを企てていました.一方のビクトリアの家は貴族ですが,もう財産がまったくない状態.彼女を金持ちと結婚させ,豊かな生活を手に入れようとしていました.
両家の思惑による結婚ですが,2人は初対面から互いに好意を抱きます.
なのに,ビクターは結婚式のリハーサルで緊張のあまり誓いの言葉を上手く言えません.失敗を繰り返す彼は,神父から出来るようになるまで式の延期を言い渡されてしまいます.
その夜,彼は一人,暗い森で練習して,やっと間違えずに誓いの言葉を言えたので,指輪を彼女の指に見立てた小枝に嵌める.ところが,それはコープス・ブライド(死体の花嫁)のくすり指.「お受けします」と土の下から死体の花嫁が甦る.君に向かってプロポーズをしたわけではないんだけど・・・

気弱なビクター,そんな彼を好きになるビクトリアとコープス・ブライドのエイミーの三角関係の物語.どろどろした生臭い三角関係ではありません.三人とも相手に対して思いやりを持ちながらの三角関係.
ビクターとビクトリアがはじめて出会うシーンも良いけれど,エイミーとの出会いも印象的.
コープス・ブライドのエイミーは,金目当ての男に裏切られ,殺されてしまった哀れな女性.
それでも,ずっと結婚を夢見て死んでいた・・・
彼女は,目はこぼれ落ちるし,そこからウジは出てくるし,青い顔にピンクの口紅,目は薄開きでかなり不気味.でも彼女の見せる切ない表情,怒った表情あるいは楽しそうな表情を見ていると,だんだん情が湧いてくる.心優しいビクターが,ビクトリアを大好きなのにも関わらず,エミリーに惹かれていくのも納得.

ビクターの住む街はどんよりと曇った空と陰鬱な街並みが印象的な重苦しいモノトーンの世界.そしてエイミーに連れて行かれた死者の世界はティム・バートンの極彩色の世界.ちょっとグロテスクながらもユーモア溢れる死者たちが登場し,ダニー・エルフマンのノリの良い音楽の似合う,束縛のない自由な世界.現世でつらい生活をしてきた人たちの癒しの場所のようです.この現世と死者の世界の対比はティム・バートンらしい皮肉っぽい演出.

人形たちの動きや表情の豊かさには目を見張るばかり.さらに髪の毛の動き,人形の着ているドレスの動き,特に風になびく花嫁のウェディングベールの動きの見事なこと.また馬車を引く馬の動き,蝶が宙を舞う様子など,細部の動きにも手を抜いたところがありません.死者たちのコミカルな動きや表情も見逃せません.CG全盛時代に,ストップモーション・アニメという技術に拘りを見せたティム・バートン.この作品は,そんな彼の拘りが最大の見どころではないでしょうか.

このアニメの声優には豪華なメンバーが参加しています.主人公のビクターにはジョニー・デップ,そしてエイミーにはヘレナ・ボナムカーター.エイミーの顔はヘレナの顔にそっくり.その他にも,アルバート・フィニー,クリストファー・リーさらには抜群の音楽を提供しているダニー・エルフマンもいたようです.

一見,ストーリーがシンプルなので子供向けにも感じるのですが,やはり,大人のための上品なホラー・ファンタジー.映画館で観るよりも,DVDを購入して,ストップモーション技術の素晴らしさを繰り返して観たくなる作品です・・・


ティム・バートンのコープス ブライド@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画館「コープスブライド」
せっかく、吹替えはジョニー・デップ&ヘレナ・ボナム・カーターがやっているっていうのに、地元の映画館では日本語吹替え版しか上映されていませんでしたので、仕方なく日本語で観てきました。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/06/18 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
その映画を観ると昔
流行った「キモ可愛い」っていう人形を思い出します。

今 「ポセードンアドベンチャー」を観ています。
昔のね^^
野澤菜っ葉。
2006/06/15 19:15
良かった、☆印だ〜。
ストップモーション・アニメのくせに(?)、この細部の拘りようは凄いですよね。
もし、3DのCGアニメだと言われて見せられても違和感がないような…。

色んなパロディ・シーンも楽しかったですね。
一番笑ったのは、クリストファー・リーが「ここは通さんぞ!」と啖呵を切るシーンです。
リー伯爵の熱弁も虚しく、みんなが無視してすり抜けて… (^^)
「風と共に去りぬ」のテーマが1フレーズだけ流れたり、レイ・ハリーハウゼンの名前が登場したのは、気づかれましたか?
タラララ
2006/06/16 00:23
菜っ葉ちゃん,こんばんは
「ポセイドン・アドベンチャー」は私が中学のときに観た映画.
そして,はじめてパンフレットを買った記念すべき映画です!
いまでも,そのパンフレットを持っています(^o^)
当時はまだ中学生ですから,非常に感激が大きかった・・・♪
でも,今観たら,どうなんでしょうねぇ(・・?)

怖くて,リメイク版は観れません(^^);
しゅー
2006/06/16 00:33
タラララさん,こんばんは!
あの〜,いろんなパロディー&ストーリーはかなり飛んでいます(^^);
とにかく,人形の動きに釘付けになりました!
本当にこれがストップモーション・アニメなの(・・?)の連続でしたっ♪

レイ・ハリーハウゼン・・・
はい,それだけはちゃんとチェックを入れましたよ〜(^^)v
しゅー
2006/06/16 01:28
え〜、見て来ましたよ「ポセイドン」。
登場人物も脱出経路もオリジナルから変更されていました。
その分、誰が最後まで生き残るか解らないので、これは正解でしょうね。
まあ、だいたいの予想はつきましたけど (^^;;

転覆シーンはオリジナル以上の迫力でしたが、オリジナルにあったドラマ部分はバッサリとカットしていて、“脱出サスペンス・アクション”という雰囲気ですね。
ペーターゼン監督なので、それなりに退屈はしませんがオリジナルに比べると薄味という物足りなさは残ります。
見終わった後で無性にオリジナルを見直したくなったので、これからDVDで見直します (^^;;

オリジナルを見ていないとハラハラするかも知れませんが、オリジナルを見ていればレンタルで充分かも。
でも、転覆シーンは大画面でないと迫力半減ですし…。
う〜ん、困りましたね、どうしましょう (^^;;
タラララ
2006/06/16 23:52
タラララさん,こんばんは!
>え〜、見て来ましたよ「ポセイドン」。
予定通り,ご覧になりましたねっ♪
ウォルフガング・ペーターゼンですから,男性的な迫力ある映像だったのでしょうねぇ・・・
オリジナルの「ポセイドン・アドベンチャー」が霞んでしまうのでは(・・?)
6月中はちょっと映画館へ行くのは無理そうなので,7月になって,対抗馬がいなければ観てみようかな〜(^o^)
しゅー
2006/06/17 01:05
オリジナルを昨夜DVDで見直しました。
これで4〜5度目になりますが、やっぱり面白いです!
ペーターゼン監督なのでリメイクも、それなりに見せますが、オリジナルとは比べものになりません。
リメイクが勝っていたのは特撮シーンだけですね。
リメイクは寂しい入りでしたから、多分、7月までは上映していないような (^^;;
タラララ
2006/06/17 13:19
今 TVでDVDの紹介をしていたんだけど
「LOST」ってなかなか面白そうだった
「24」よりも全米で大人気らしいよ〜〜〜
飛行機事故で48人が生き残る サバイバルサスペンス
TVで早く・・・やらないかなぁ〜
野澤菜っ葉。
2006/06/17 14:17
私もこれ観たいんです!
ホラーファンタジーですか・・・
予想に反して心温まりそうですね〜
楽しみだな〜♪
やんやん
2006/06/17 21:27
タラララさん,こんばんは
>これで4〜5度目になりますが、やっぱり面白いです!
え〜っ!そんなに何回も観ているのですか(・・?)
私は中学生のときに1回見たきりです(^^);
これは,時間を見つけていつか再鑑賞しないといけませんねっ♪
しゅー
2006/06/17 23:59
菜っ葉ちゃん,こんばんはっ!
>「24」よりも全米で大人気らしいよ〜〜〜「LOST」
早速,ネットで調べてみました♪
シーズン1は24話で,12巻あるのですね.
面白くても,連続ものはかなり根性を入れないと見れません(^^);
連続ものは,現在のところ,「功名が辻」で満員御礼状態です・・・
(会社を首になったら見れるのだけど・・・なはっ!・・・小さな声で)
しゅー
2006/06/18 00:12
やんやんさん,こんばんは!
>予想に反して心温まりそうですね〜
そっか〜,心温まる映画・・・そうかもしれませんね〜(^o^)
わたしの場合は,ストップモーション・アニメの出来の良さに,気をとられ過ぎちゃいました(^^);
なので,結講,ストーリー的には,気づかない事が多そうです・・・
しゅー
2006/06/18 00:57
そっか・・・
私は技術的なことはあまり知らないから、
1秒に10時間費やすストップモーションアニメのすごさにも注目しないとですね(^^)!
やんやん
2006/06/18 02:45
とっても気になっていた映画なのですが、しゅーさんの映画評を読むとますます見たくなりました。
ティム・バートンの世界は芸術しているので楽しくて楽しみです。
みのり
2006/06/18 07:27
やんやんさん,こんばんは!
>1秒に10時間費やすストップモーションアニメ
これはもう凄いというしかありませんよね♪
だって,この映画は77分ですが,一日10時間,毎日作業しても,1ヶ月でたった30秒しか撮れません!
1年間作業して6分.10年間作業してやっと1時間です・・・
もう,趣味の世界の何ものでもありません.
今後,こういう作品が作られることはないのではっ(^o^)
しゅー
2006/06/18 20:00
みのりさん,こんばんは!
おそらく,まだティム・バードンがこの作品を作り始めた頃は,まだCG技術も今ほど進んでいなかった・・・
でもって,途中でCGに変更することなく,ストップモーションアニメをとり続けた.
映画の内容以上に,ティム・バードンのこだわりに感動しました(^^)v
しゅー
2006/06/18 20:03
>途中でCGに変更することなく,ストップモーションアニメをとり続けた
うんにゃ、しゅーさん。
ディズニーのアニメでキャリアをスタートさせたバートン監督は、ストップモーション・アニメに執念を燃やしておりますぞ。
「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「ジャイアント・ピーチ」とコンスタントに作品を発表しています。
これからもCGアニメへ行く可能性は少ないと思われます (^^)
タラララ
2006/06/19 00:17
タラララさん,こんばんは!
ジーコ監督にはタラララさんの声が聞こえなかったみたいですね〜
柳沢のシュートは残念でした(^^);
あそこで決めずにどこで決める,って感じでしたよね〜(^^);
非常に残念です.
ブラジル戦の奇跡を信じましょう・・・

>ストップモーション・アニメに執念・・・
その結果が「コープスブライド」だと思います!
ただ,これ以上完成度の高いストップモーション・アニメを作るのは困難だと思うのですが・・・
また,これ以上完成度の高い作品を作ると,ストップモーション・アニメの持ち味がなくなってしまいます.
って,考えると卒業するような気がします.
それとも,もっと素朴なストップモーション・アニメを制作するのでしょうか(・・?)
しゅー
2006/06/19 01:03
しゅーさん ( ´・ω・)o_∠・:*こんてぃゎ
映画は最近まったく見る暇がないですね。テレビで映画って、これも暇がない。最近は、時間があれば ひたすら寝ております。
mick
2006/06/19 17:13
[岩海苔|]_・)ソォーッ

わたしもね この映画
密かにチェックしていますた
お 『mick』さんや・・・
あたら石 PCに DVD録画しなはれ
ジジ黒一
2006/06/19 23:58
ミックさん,お久しぶり〜♪
とても忙しそうですね!
暇なのも辛いですが,忙しいのも辛い.
去年と違い,私も今年は,もうこの時期からけっこうアップアップの状態になっています(^^);
世の中,少しは景気が良くなったということでしょうか(・・?)

せっかく,19インチのモニター&コードレス(&リモコンつき&TVつき・・・想像)を購入したのにですから,ソファーの寝そべりながらDVD鑑賞はいかがでしょうか.
観ている間に寝てしまいますから,一枚DVDを購入すると約半月は楽しめるかもっ(経験者は語る)♪
しゅー
2006/06/20 01:05
黒一さん,こんばんは!
>密かにチェックしていますた・・・
なんとなく,黒一さんにお奨めしたい作品です!
ティム・バートン監督のストップモーション・アニメへのこだわりには感動しました♪
ただ,御曹司にはまだちょっと難しい内容のアニメです・・・
しゅー
2006/06/20 01:09
こんばんわ。
買いましたよ〜〜〜(●^o^●)
「やっぱり」なんて聞こえてきそうですw
キャラクターがどれも魅力的で楽しかったです。
も〜たまりません(*^_^*)
タ〜コ
2006/06/21 20:37
タ〜コさん,こんにちは
>「やっぱり」なんて聞こえてきそうですw
Ahaha〜!
“やっぱり”この作品はマイ・コレクションとしてDVDを購入し,暇なときに繰り返して見るような作品だと思います♪

約60程度しかないメモのうち,ティム・バートンの作品がなんと4本!
これは,タ〜コさんの影響かもっ(^^)v
しゅー
2006/06/22 12:30
やっと観ました!
ほんとこれよかったです〜
動きも素晴らしいですね!!
ストーリーもあったかくて、微笑みながら見たり、涙したり、
死者の世界がまたステキで、
『チャーリー』よりも私好みでした♪
すごく好きな1本になりました(^^)
やんやん
2006/07/09 02:16
やんやんさん,こんにちは!
>すごく好きな1本になりました(^^)
この映画はまさにティム・バードンの世界であり,「シザーハンズ」の延長線上にある作品でしたよね〜♪
自分も好きな1本になりました!
自分のコレクションにして,たまに繰り返して見ると,また別の魅力が出てくるような気がします(^^)v
しゅー
2006/07/09 08:26
延長線上・・
私もシザーハンズ大好きだし、
だからこの映画も印象良かったのかもー♪
続編とか、シリーズ化でこういうの観たいけど、
10年に1本と言えば簡単には観れませんよね(^^;
私も手元に置いときたいな〜♪
やんやん
2006/07/09 09:56
シリーズ化ですか・・・(・・?)
ちょっと,このレベルのストップモーション・アニメのシリーズ化はちょっと無理でしょうね♪

>私も手元に置いときたいな〜♪
同感です(^o^)
しゅー
2006/07/09 15:56
しゅーさん、今日は今年一番の暑さでした。
σ(^_^;)アセアセ...

お話しは変わりますが、この映画はかなり
興味深々なのです。
レンタルで観たいと思ってます。
ホッ
2006/07/13 19:24
ホッさん,こんばんは!
同じ炎天下の中でも,ホッサンと私は大違い(^^);
この2週間で顔だけ土人のように黒くなりました!

この映画は,ホッサンのお気に入りになるかもっ♪
ストップモーション・アニメの技術だけでも見る価値がありますよっ(^o^)
しゅー
2006/07/13 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ティム・バートンのコープスブライド」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる