気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「X-MEN:ファイナル ディシジョン」メモ

<<   作成日時 : 2006/10/01 20:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 24

画像
X-MEN: THE LAST STAND
製作年度/ 2006年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 105分
監督/ ブレット・ラトナー
製作総指揮/ スタン・リー 、ジョン・パレルモ
原作/ −
脚本/ ザック・ペン 、サイモン・キンバーグ
音楽/ ジョン・パウエル
出演/ ヒュー・ジャックマン 、ハル・ベリー 、パトリック・スチュワート 、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン
【映画館】
++++++++++
近未来,遺伝子の突然変異により特殊な能力が覚醒したミュータントたちの活躍を描いた人気アメコミを映画化した“X-MEN”シリーズの3作目.久しぶりに映画館で鑑賞した作品です.

不思議な能力を持つミュータントたちの存在を恐れ忌み嫌う普通の人々.
そのため,多くのミュータントたちは迫害を受けたり孤独な生活を送ったりと,辛い人生を強いられてきました.
そういう状況にあって,マグニートーはブラザー・フットなる組織をつくり,普通の人々との戦いによる地上の支配権の獲得を目指します.
一方,プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアは普通の人間との穏やかな共存を求めていました.自らが経営する学園に恵まれないミュータントを保護するとともに,超能力を制御する技術や,人間との共存の意義を説きます.また,学園の優秀な卒業生をメンバーにしたX-MENなる組織を結成して,互いの憎しみしか残らないマグニートーたちのテロ活動の阻止に努めます.
そして,ようやく普通の人々とミュータントとの共存の道筋が見えてきました・・・

3作目にあたる本作では,突然変異を起こした細胞を普通の細胞に戻す新薬“キュア”を中心に物語が展開します.“キュア”はある大富豪がミュータントである息子を救おうと開発したもの.しかし,この新薬の誕生によりやっと落ち着いてきたミュータント社会は混乱します.
ある者はその薬により普通の人間になれることを願い治療することを選び,またある者は今の自分の存在をありのままに受け止め,ミュータントとして生きようとする.
しかし,マグニートーは,普通の人々がミュータントを滅ぼす武器として新薬を利用するだろうと考え,その新薬を根絶すべく活動を開始.そして,ブラザー・フットと政府軍との戦いに発展しようとするのですが・・・

“X-MEN”シリーズの前2作はブライアン・シンガー監督作品.
彼は,ミュータントの超能力を駆使したアクション・シーンを盛り込みながら,映画の中で活躍するミュータントたちのキャラクターを魅力的に描いてきました.さらに,少女ローグやローガンことウルヴァリンにスポットをあて,ミュータントたちの苦悩も上手く表現していました.そして,作品全体のトーンはどこか物寂しさを感じさせる独特の雰囲気を持つものでした.

しかし,3作目となる本作を監督したのはブレット・ラトナー.
ミュータントたちの凄まじい超能力を全面に押し出し,VFXを駆使した迫力のあるアクション大作に仕上げています.これまでブライアン・シンガー監督が創り上げてきたキャラクターたちの魅力を引き継いだ上で,さらに映画の中に多くのミュータントを登場させ,よりコミックの世界を髣髴させる内容.

これまでの“X-MEN”シリーズ以上に,敵役であるブラザー・フットは強力な軍団に成長.その上,ミュータントの優等生であり,しかも最高レベルの超能力を持つフェニックスが甦り,自己の二面性に葛藤しながらもマグニートーといっしょに行動するようになり,能力的には彼らの行く手をさえぎるものはありません.
それに対して,X-MENは超能力レベルの高いメンバーを欠き弱体の道を辿ります.フェニックスはもちろんのこと,フェニックスの彼氏でありX-MENのリーダー,サイクロップス,さらにはプロフェッサーXさえもいない状態に陥ります.それでも,ブラザー・フット軍団の前に立ちはだかる残されたメンバーたち.能力的には劣勢の彼らの勇姿は,過去の彼らに対する思い入れもありぐっときました.

この映画の最大のクライマックスは,マグニートーと甦ったフェニックスのスケールの大きな超能力を発揮するシーン.しかし,異なる特殊能力を持ったミュータントたちが,X-MEN側とブラザー・フット側に分かれ,それぞれの特殊能力を駆使してほぼ互角の戦いを繰り広げるシーンがもっとも楽しい部分でした.空を飛ぶ,物体を念力で動かす,水をあっという間に氷にする,炎を操る,さらには,天候を自由に操ったり,身体全体を鋼鉄に変化させる等々,バラエティーに富んでいる上に,軽快で自由自在なカメラワークと躍動感溢れる演出がこれらのシーンを盛り上げていました.

この映画の出演者たちは,これまでの本シリーズでブレイクして今では大スターの仲間入りを果たしたメンバーも含めて非常に豪華.マグニートー役のイアン・マッケラン,プロフェッサーXのパトリック・スチュワート,ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンにストーム役のハル・ベリー等々.
特に,イアン・マッケランの演技は,ロン・ハワード作品の「ダ・ヴィンチ・コード」でも光っていましたが,この映画でも健在.彼の演技が作品全体の質を高めているように感じます.
また,前2作から個人的にはファンだったハル・ベリー演じるストームが大活躍.ストームはスタイルが抜群で格好良くてしかも美しい.ハル・ベリーの年齢を考えるともう脱帽です.

ブライアンジンガーの作風を尊重したせいか,比較的笑い的な要素が少なく陰鬱さも残る作品ですが,骨太な超能力アクション娯楽映画として満足できる作品ではないでしょうか.
ただし残念なことは,本シリーズを始めて観る人には,キャラクターの説明が確認程度しか挿入されていないため,大味なアクション映画にしか見えないだろうということ.それから,これまでX-MENのメンバー以上に魅力的だったミュータント,ミスティークの最後がちょっと可哀想だったことかな・・・


X-MEN ファイナル ディシジョン@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画館「X-MEN ファイナルディシジョン」
アメコミ作品大好き! とっても楽しみにしていた作品、観てきました!!今回で最後ってことで、迫力があって本当に楽しめました!最近の作品って、ほとんどが2時間半くらいあるのですがこの作品は、約2時間ってことでストーリーも間延びせずにテンポが良くて観やすかった... ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/11/09 01:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
おお!
なかなかいい感じだったみたいですね!
これは楽しみ(^^)
ミスティークは悲しい最後なのか〜・・
あの恋心?は本物だったんですかね??
私も結構好きなキャラクターだったので気になります。。
やんやん
2006/10/01 23:24
やんやんさん,こんばんは♪
この手の映画の割りにユーモアが少ないのがたまに傷ですが,迫力があってキャラクター物の映画としてはかなりレベルが高いのではないでしょうか(^o^)

>恋心?は本物だったんですかね??
えっ,誰の・・・誰への恋心ですか!
ひょっとすると,ミスティーク(・・?)
乙女心に疎い私には,ミスティークが恋しているようには見えませんでしたが・・・(^^);
しゅー
2006/10/01 23:54
ありゃ?!
てっきりミスティークはローガンにちょっぴり恋心を抱いているのかと・・
勘違いかもー(^^;
やんやん
2006/10/02 01:40
やんやんさん!
>ミスティークはローガンに・・・
う〜ん,「X-MEN2」での二人のやりとりの微妙なニュアンスは忘れてしまいましたが,今回に限ってはそれはありません・・・自信をもって・・・
でも,いくつかの恋は芽生えていたような・・・(^o^)
しゅー
2006/10/02 02:10
お〜、しゅーさん復活 (^^)/
そうですか、ミスティークのラストは可哀想なんですね。
このシリーズに登場する女性キャラは敵味方関係なく気に入っていたので、残念ですね。
見に行く予定はなかったのですが、対決シーンも見応えがあるようなので、見てみようかと思っています。
やっぱり、こういう映画は劇場で見るのが一番ですよね (^^)
細部を忘れたので「1」と「2」をレンタルで復習してからの方が良さそうですね。
でも、復習が終わった頃には、映画の上映も終わっていたりして (^^;;
タラララ
2006/10/02 13:39
トランスアメリカ
なかなか良かったです。
息子役がなかなかハンサムでした
ブリーの母親がものすごくいい味をだして
大阪のおばちゃん??って感じ
大阪の人 ごめんんさい^^;:

でも ビデオでも良いと思ったよ
やっぱり あんなに大きな画面で見るのなら
X−メンだよ〜〜〜〜〜〜〜
野沢菜っ葉。
2006/10/02 19:59
タラララさん,こんにちは!
>お〜、しゅーさん復活 (^^)/
はい,ぼちぼち,通常モード(・・?)になりつつあります.

>対決シーンも見応えがあるようなので・・・
見応えがあるというよりは,コミックの世界が現実のものになったようで,うれしい気分になれる,という感じでしょうか♪

>復習が終わった頃・・・
それでは私はスーパーマンを復習しようかな〜(^o^)
でも,おそらく復習が終わった頃には,リターンズは終わってるでしょうね〜
しゅー
2006/10/03 12:44
菜っ葉ちゃん,こんにちは!
>でも ビデオでも良いと思ったよ
ストーリーも役者さんもそこそこ良いけど,映画全体に華がなかったのですね(^^);

やっぱり,劇場で観る映画は,迫力があるとか,華やかであるとか,雄大な感じがする,ような作品が良いですね!
劇場に行くのは,一種のイベントですからね♪

そういう意味では,「X-MEN:ファイナル ディシジョン」は劇場向きの映画でしたよ(^o^)
しゅー
2006/10/03 12:52
全作は観てないんですけど
X−MENの印象はって尋ねられると
デフォルメされた人間の心の中・・かなぁ。
宗教の違い、人種の違い等を違う形で問うているような感じがしました。

考えすぎだっちゃ・・笑。
アリス
2006/10/03 17:54
アリスさん,こんばんは♪
>宗教の違い、人種の違い等を違う形で問うているような感じがしました。
たぶんにメッセージ性もあったのではないでしょうか(・・?)
そして,娯楽性も・・・なはっ!
今回のも,それなりにメッセージ性もありますが,今までよりさらっとしています(^o^)
しゅー
2006/10/04 02:07
>コミックの世界が現実のものになったようで,うれしい気分になれる
これって、ゴジラVSキングギドラの対決を見るような感じですね。
「フレディVSジェイソン」も、そういう感じで自分は大いに楽しめました。
なんたって、自分は怪獣世代ですから (^_^)v

ところで、「スーパーマン・リターンズ」はうちの近所では既に終わってますけど (^^;;
タラララ
2006/10/04 22:47
タラララさん,こんばんはっ!
>ところで、「スーパーマン・リターンズ」はうちの近所では既に終わってますけど (^^;;
わっ,本当だ!!
うちの近所どころか,都内の劇場も全部9/29で終了している(^^);
あれ〜,昨日,「マイアミ・バイス」が面白いよっ!って聞いたのに,こっちも今週の金曜日でだいたいの劇場はおしまい・・・
そのときは“見る”と宣言したけど,こりゃ〜無理かも(><)
しゅー
2006/10/05 01:33
わはは。
スーパーマン・リターンズは観ちゃったもんね〜(笑)

あんな瞳に見つめられたらクラッときます・・(ウフフ)

しゅーさん、此処の記事にいつか登ることを期待してまあす(*^m^*)ムフッ。
アリス
2006/10/05 17:39
アリスさん,こんばんは♪
>スーパーマン・リターンズは観ちゃったもんね〜(笑)
アリスさん,ずるい!
でもね,クリストファー・リーブ主演のスーパーマンは全部見てるもんね〜
えっへん♪

>此処の記事にいつか登ることを期待してまあす
了解しました.DVDが出るまで,待っててください(^o^)
しゅー
2006/10/06 00:47
X−MENの映画は観た事がないのですが、
アニメは見ていました。
痛快アクション物だけれど、どこかせつなさも
漂っていたように感じたのを覚えています。
狼男っぽい・・ウルって言いましたっけ?
そのキャラクターがお気に入りでした。
映画の予告CMをテレビで見た時、あまりにもアニメと似ていたので
ビックリしました。
炒りたまご
2006/10/07 17:59
炒りたまごさん,こんばんは♪
X-MENってアニメで放映されていたのですか.
知りませんでした.
>狼男っぽい・・ウルって言いましたっけ?
はい!ローガンことウルヴァリンですね.
幻の金属アダマンチウムが体内に埋め込まれた武闘系ミュータント.
でも意外に弱っちい.非常にタフですが・・・(^o^)

>どこかせつなさも漂っていた・・・
その雰囲気は,X-MEN1&2の方が色濃く出ていました.
特に1は,炒りたまごさんの持つ印象にぴったりかも・・・♪
しゅー
2006/10/07 20:06
こんにちは
そうなんですよ。ミスティークが可哀相ですよ。
あんなに活躍してたのに。
このやろ〜!って感じでしたよw

しゅーさんは映画解説が大変わかりやすいですよね〜。
あたしは滅法弱いので、いっつも感想のみで失礼してます
(〃∇〃) ははは・・・・
タ〜コ
2006/10/21 18:11
飛行機で見ましたよん。面白かった!劇場か、もっといい飛行機で見ればよかった。4があったらヒュー・ジャックマンは出るんですかね?
HOSHIO
2006/10/22 14:55
タ〜コさん,こんばんは♪
>このやろ〜!って感じでしたよw
あははははっ♪
タ〜コさんらしいキレのある感想どうもです(^o^)
ミスティークがもっと活躍するシーンが観たかったですね〜
でもハル・ベリーの活躍には大満足でした!

今日は,「功名が辻」を見たあと,昼間録画しておいた「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」を見る予定です♪
そして,今週は昼休み時間をフライングして博物館へも足を運ぶ予定なのですが,私にとってはちょっとした冒険です(^^)v
しゅー
2006/10/22 19:23
HOSHIOさん,こんばんは!
>面白かった!劇場か、もっといい飛行機で見ればよかった。
“面白かった”ということは,HOSIOさんも前2作をしっかり観ているということですねっ♪
これまで活躍したキャラクターたちを紹介するシーンはさりげないものでしたが,それらが私には実に効果的で,ぐっとくる伏線になっていました・・・

>4があったらヒュー・ジャックマンは出るんですかね?
4はわかりませんが,ラストを見る限りでは,どうもスピンオフ作品が作られるみたいですねっ!
きっと,それらの作品にはヒュー・ジャックマンも顔を出すのではないでしょうか(・・?)
だって,最近の彼の役柄とウルヴァリンはだいぶイメージが違いますが,それでも3にしっかりと出演したのですから・・・(^^)v
しゅー
2006/10/22 19:54
>昼間録画しておいた「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」を見る予定です♪

えー、一切の責任を負わないことをここに宣言いたします。(^^;)
僕も今日初めて見ました!え?感想?!

「若いねー」
HOSHIO
2006/10/22 22:48
HOSHIOさん,こんにちは!
>若いねー・・・
“若い人に軽いノリでミイラ(エジプト文化)見学してほしい”というコンセプトの番組ならば,あれで良かったのではっ♪

>若いねー・・・といえば・・・
いや〜,高橋克典若いね〜
自分が彼の年齢のときには,もう中年ど真ん中に突入していました(^^);
それから数年経過しているので,頭涼しく,おなかたぽたぽがより一層進行していま〜す(><)

さらに昨日の夜に見た番組に,石坂浩二が出演していた.
もう,化け物ですね〜.なぜ,芸能人は若いのだろう(・・?)
しゅー
2006/10/23 12:26
やっと観ましたよ〜!!
2かなんかで、ミスティークがウルヴァリンを誘惑するシーンがあったから本気か?って思ってたんだけど、
全く関係なかったんですね〜<笑>
悲しい最後とはそういうことだったんですね・・
しかも、出番もあれで終わっちゃったし・・ほんと可愛そうな終わり方でしたね〜・・
でも、面白かった!
単純に面白かったです(^^)
でもラストは・・まさか4はないですよね?!<笑>
アレさえなければスッキリ観終われたのに〜(>_<)!
やんやん
2007/02/18 04:57
>しかも、出番もあれで終わっちゃったし・・ほんと可愛そうな終わり方でしたね〜・・
同感です.もっと,格好良く散ってほしかったな〜♪

4はないでしょうが,スピン・アウト作品は2,3本作られるのではないでしょうか・・・(・・?)
しゅー
2007/02/18 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「X-MEN:ファイナル ディシジョン」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる