気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「ワールド・トレード・センター」メモ

<<   作成日時 : 2006/11/09 03:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

画像
World Trade Center
製作年度/ 2006年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 129分
監督/ オリヴァー・ストーン
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ アンドレア・バーロフ
音楽/ クレイグ・アームストロング
出演/ ニコラス・ケイジ ,マイケル・ペーニャ ,マギー・ギレンホール ,マリア・ベロ ,スティーヴン・ドーフ ,ジェイ・ヘルナンデス ,マイケル・シャノン
【映画館】
++++++++++
2001年9月11日,アメリカで同時多発テロ事件“9・11”が勃発.
事件の当日,仕事を終え帰宅してみるとTVではワールド・トレード・センターに旅客機が衝突し,ビルから煙が立ち登るシーンが映し出されていました.SF映画やパニック映画のワンシーンのような映像にただ驚くばかり.画面上部の‘LIVE’の文字を見てもまだ現実のものと思えませんでした.

ワールド・トレード・センター(WTC)・・・
ニューヨークの,いや米国のシンボルであったWTCのノース&サウス・タワー.日系アメリカ人ミノル・ヤマサキの手により設計された高層ビル.WTCの施設全体で働いていた人は5万人,来訪者は実に1日20万人にも及んだという.
しかし,“9・11”のテロにより二つのタワーは跡形もなく倒壊.下層部のフロアが潰れ,それが連鎖反応的に上へと波及.タワーは左右に傾くこともなく,瞬く間に真下に向かって潰れた.この高層ビルは,有効面積を増やすため,中柱の代わりに鉄骨で組まれた外壁と中央エレベーター周辺の支柱のみで空間を支える構造だった.ジェット燃料の延焼による高熱が壁材等の鉄骨の強度を著しく低下させ,その結果,壁や支柱が上の階の重量を支えられなくなり,まれに見る凄まじい倒壊に至ったようです・・・

さて,映画の「ワールド・トレード・センター」は,そのWTCの倒壊で被災した警察官らの体験をもとにした作品.

その日もNYはいつもと変わりない朝を迎えます.
港湾警察署(PAPD)のベテラン巡査部長ジョン・マクローリンは朝早く起き,気持ち良さそうに寝ている妻子の姿を確認した後,いつもどおりに出勤.
NYの街が明るくなるに従い,そこに住む多くの人々が活動を開始.しだいに街全体が活況を呈してきました.PAPDでは朝のミーティングが行われています.マクローリンは巡査部長として“お互いを守り合い,事故のないように”と注意を促し,部下たちを現場に送り出しました.
間もなくすると,マンハッタンのビル群の壁面に大きな影が映し出され,街全体に轟音が鳴り響きます.WTCへの旅客機の衝突によるもの.
港湾警察官たちに緊急招集がかけられます.マクローリンをリーダーとする救助チームが結成され,彼らは現場に急行.マクローリンはウィル・ヒメノら数名の若いメンバーが引き連れビル内に突入.
しかし,その後,WTC全体が大音響とともに崩れ始めます.マクローリンらは強固なエレベーター・シャフト部へ逃げ込むのですが・・・

この作品の監督は「プラトーン」(1986),「JFK」(1991)で有名なオリバー・ストーン.
しかし,これまでの彼の作品に見られたサスペンス要素が満載のスリル感溢れるものではありません.
この作品の題材である“9・11”は約3000名にも及ぶ尊い命が失われ,その後,テロの撲滅という大義名分のもとに米国がイスラム世界と戦争をする契機となった事件.
しかし,その全体を見据えることも,背景にも触れることなく,ほんの小さな断片を切り取り,そこにスポットライトがあてられていました.
その内容は,何も知らずに事件に巻き込まれたある二人の警察官とその家族の実話を出来るだけ忠実に再現したもの.
その中に描かれているものは,絶望的な状況の中での“生きたい”,“助けたい”そして“助かって欲しい”という事件に遭遇した人々の気持ち.

ストーリーの展開ばかりでなく結末さえも映画の序盤で予想できる構成の作品でした.
また,演出や映像には丁寧さは感じられるものの,事実を忠実に再現することに捉われるあまり,工夫や創造性が見られません.
そのせいか,実際に遭遇した人たちの不安や緊張感があまり伝わってきませんでした.
悪い出来ではないものの,映画としては少し物足りなさを感じました.

「ワールド・トレード・センター」というタイトルの大きさを考えると,もう少し広い視点がほしかったなあ・・・


ワールド・トレード・センター@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワールドトレードセンターから消防官へ…
アメリカ同時多発テロが起きて、早くてもう5年が過ぎましたね。 あの日、私は何をしていたのだろうと思い出すと、ちょうどバイトをしていました。 店舗内のテレビを見ていると、ビルに飛行機が突っ込む映像が…なんともいえない衝撃的な映像でしたよね。 当初、何かの映画... ...続きを見る
東京消防庁を目指す!!消防官への道
2006/11/17 23:06
[ ワールド・トレード・センター ]ひとつになること
[ ワールド・トレード・センター ]@吉祥寺で鑑賞 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2006/11/28 23:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ストーン監督なので、もっと強烈なメッセージが込められているのかと思っていましたが、全然違うようですね。
実話版「炎のメモリアル」みたいな感じなのでしょうか。
以前に見た「9・11/N.Y.同時多発テロ衝撃の真実」というドキュメンタリーと内容がダブるような気がします。
★マークなので、これもDVDまでスルーしますね。
「日本沈没」でケチがついたのか、それ以来、★マークが多いですね (^^;;
タラララ
2006/11/09 12:36
こんばんわ。
初めてお邪魔致しますm(_ _)m。
私も「ワールド・トレード・センター」見ました!
>「ワールド・トレード・センター」というタイトルの大きさを考えると,もう少し広い視点がほしかったなあ・・・
・そうですね。私もこのタイトルから想像していた内容とは違いました。
マキサ
2006/11/09 19:44
おお、いまいちのようですねぇ(^^;
これも、マイアミ・・も気になってます。
DVDになったら観て、またコメントしに来ますね〜!
やんやん
2006/11/09 21:20
タラララさん,こんばんは.
>ストーン監督なので、もっと強烈なメッセージ・・・
あの〜,もしかしたら“家族の絆”がメッセージだったのかもしれません(^^);
でも,多くの方が亡くなったこと,その後の世界情勢を考えると,やはりそういうメッセージをこの映画に託されても・・・(・・?)と感じました・・・

>「日本沈没」でケチがついたのか・・・★☆★★
確かに負けが込んでますね・・・(^o^)
でも,まだ4日目です.
千秋楽まであと11日ありますから,今後に期待・・・(・・?)
しゅー
2006/11/10 01:05
マキサさん,こんばんは&はじめまして♪
>私もこのタイトルから想像していた内容とは違いました。
タイトルだけでなく,オリバー・ストーン監督で,主演がニコラス・ケイジ&マイケル・ペーニャとくれば,違う映画を期待しますよねっ(^^);

でも,エレベーターボーイの息子を持つ母親とへんてこな元海兵隊員の姿には,ちょっとぐっときました(^^)v
しゅー
2006/11/10 01:15
やんやんさん,こんばんは.
>おお、いまいちのようですねぇ(^^;
う〜ん,真実を忠実に再現した作品で,好感は持てるのですが・・・
むしろ,虚構の中に真実を適度に織り込んだ作品とか,真実の中に適度に虚構を織り込んだ作品の方が好みのようです・・・(^o^)

それから,タイトル&監督&俳優のイメージがこの映画を見る上での障害になっていたかもしれませんね〜♪
しゅー
2006/11/10 01:25
そっか〜・・
確かに、不謹慎ではありますが、
どんな映画にしろ、実話を再現したのって面白みには欠けちゃいますよね〜とくにラストとか(^^;
観る時はイメージ一掃しまっす!!
やんやん
2006/11/10 01:42
やんやんさん,こんばんは
>観る時はイメージ一掃しまっす!!
はい,はい,そうですねっ
見るときには,映画のタイトルも監督の名前も出演者も,ぜ〜んぶ,忘れて見てください♪
しゅー
2006/11/10 22:57
こんにちは。
遊びに来ましたよー。
そっか、重たい事件を映画にすると、
こうなるのね。
私は、大事な人が亡くなっちゃう系の映画は
とてもニガテです。
もう、はじめから見るきなしですね。
最近は、子供の付き合いで見る映画ばかりなので、
自分の見たいものが見れないな・・・。
最後に見たのは、パパと一緒に行った
「トゥルーライズ」ですよー。(泣)
りょりょ。
2006/11/16 13:09
りょりょ。さん,こんばんは&いらっしゃい♪
>最近は、子供の付き合いで見る映画ばかりなので、
一時は,子供の付き合いで,ファミリー映画しか見なかった頃もありましたっ.
でも,「クレヨンしんちゃん」は子供より嵌っていたかもっ(^o^)

>最後に見たのは、パパと一緒に行った「トゥルーライズ」ですよー。(泣)
もう,かれこれ10年以上経っているのですね.
でも,りょりょ。さんのブログ見る限りでは,映画館でゆっくり観れるようになるには,ちょっと時間がかかりそうですねっ!
しゅー
2006/11/17 00:34
映画にしてしまうところが、アメリカだ・・と思いました。日本だったらどうでしょう。。世界貿易センターというと、私はキングコング(ジェシカラング?が出演したやつ)を思い出します。しゅーさん、実は映画の話とは全然関係ないのですが、お聞きしたいことがあって。。コーヒーのジョージア?のCMに出ている渋い外国人の方(宇宙からやってきた人物の人)は、有名な俳優さんか何かなのでしょうか?CMを見る度に気になっていて・・・。映画に詳しいしゅーさんならもしかしたら何かご存知かもしれないと思って聞いてみました。
炒りたまご
2006/11/17 13:35
炒りたまごさん!
ジョージアのおじさん・・・トミー・リー・ジョーンズです♪
かなりふけて見えますがまだ60歳ぐらいなんですよ〜
メン・イン・ブラックの1,2が特に有名.このブログでは「スペース・カウボーイ」に出演しています(^o^) 
しゅー
2006/11/18 01:03
しゅーさん、お返事遅れてすみません!
ご回答ありがとうございました!
やっぱりしゅーさんにお聞きして良かったです*^_^*
スペース・カウボーイの記事を読みに行ってきましたよ。
あのコーヒーの人がいました〜(笑)
これで、スッキリした気分でCMを見る事が出来ます!(^^)!
炒りたまご
2006/11/23 17:31
炒りたまごさん,こんばんは.
>ご回答ありがとうございました!
いえいえ,こういう質問は大歓迎です♪
いつでも,どうぞ・・・
ただし,私の脳みそは老化の一途をたどっているで,忘れていることも一杯あります.
そのときは,ごめんなさいです・・・ははっ(^o^)
しゅー
2006/11/23 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
★「ワールド・トレード・センター」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる