気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ゆれる」メモ

<<   作成日時 : 2007/03/05 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

画像
製作年度/ 2006年
製作国/ 日本
上映時間/ 119分
監督/ 西川美和
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ 西川美和
音楽/ カリフラワーズ
出演/ オダギリジョー 、香川照之 、伊武雅刀 、新井浩文 、真木よう子 、木村祐一 、ピエール瀧 、田山涼成 、河原さぶ 、キタキマユ 、田口トモロヲ 、蟹江敬三
【DVD】
++++++++++
昨年の10月頃に,最近観た日本映画で最も良かった,と薦められた作品「ゆれる」.
そのとき,そろそろDVDになるだろうと言われたので,そのつもりになっていました.
ところが,実際に発売されたのは2月末.結局,5ヶ月間,首を長くして待ち続けた作品です.

東京でカメラマンとして成功した写真家の猛は,母の一周忌で久々に帰省.
父親と兄の稔は,田舎でガソリンスタンドを経営.
猛は,父親とは折り合いが悪いものの,兄・稔のことは慕っているようです.
ガソリンスタンドには猛の幼馴染,智恵子が従業員として働いていました.
どうも自分の置かれている立場に息苦しさを感じている女性のようです.
猛は軽はずみな行動で,そんな彼女の気持ちを揺らしてしまいます・・・

翌日,稔,猛そして智恵子は三人で渓谷に出かけました.
密かに智恵子に好意を持つ兄の稔.猛とともに田舎から脱出を図ろうとする智恵子.
猛がつり橋を渡り山の奥のほうで写真を撮っているとき,吊り橋の上から智恵子が転落死します.そのとき,彼女の傍にいたのは稔だけ.
稔は智恵子を吊り橋から突き落とした容疑で逮捕されました.
彼女の転落死は事故,それとも事件なのでしょうか・・・

若手女流監督西川美和の二作目の作品.
ミステリアスで,展開の読めないサスペンス.
つり橋を象徴的に使いながら,人の気持ちの揺れる様と,記憶や人とのつながりを上手く表現し,独特な雰囲気を醸し出しています.
出演する人々のキャラクターと気持ちの部分ははっきり描かれているのに,それ意外の部分は曖昧で,ぼやけた印象を受ける不思議な作品でした.

主人公の兄弟を演じたのは香川照之とオダギリジョー.
この二人のコントラストが絶妙にバランスしています.
香川の演じた兄・稔は,はじめは真面目な人物に見えたのですが,徐々に,何を考えているのか見当のつかない不気味な存在に変貌します.異様な眼差しもさることながら,洗濯物をたたむ後ろ姿の気持ち悪さが印象的.本当にこういう人なのだと思ってしまうほどです.
一方のオダギリの演じた弟・猛は,身勝手で,平然と人の気持ちを踏みにじる男.しかし,兄が不気味な存在なため,おそらく,猛を好意的に見てしまうことでしょう.

全体の1/3程度が,法廷に関わるシーン.
弁護士,検事,裁判官,そして被告の稔,兄を助けようとする弟の猛.
弁護士役は蟹江敬三,検事役は木村祐一が演じていました.
香川とオダギリに加えて,蟹江敬三のコミカルさと木村祐一のヤな奴さ加減が法廷シーンを盛り上げます.とてもスリリングで見応えがありました.

事件の核心部分は曖昧なのに,はじめは兄・稔に同情しました.しかし,彼が変貌しだすと,その確信が揺らぎ始めます.映画に登場する人物たちの気持ちも揺らいでいます.
被告の稔,弟の猛.とりわけ,猛の気持ちのゆれ幅は大きく,法廷を通して,兄に対する自責の念,兄に対する憎しみなど,様々な想いが交差します.それが裁判の行方を左右することになるのですが・・・

この作品の面白さは,猛の脳裏に浮かんだ二つの確信に対する解釈を見る側に要求していることでしょう.
相反する二つの確信.兄に自分の心を見透かされたと感じたときの確信と幼い頃に撮られた8ミリを観た直後の確信.
人の記憶とは,そのときの感情の揺れによって簡単に塗り替えられてしまうもの.さて,どちらが真実なのでしょう.
それにしても,ずいぶんと変わった作品を撮る女流監督があらわれたものですね・・・


ゆれる@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
早速、見なくっちゃ〜〜〜
面白そうですね〜〜〜!!
hiroponn
2007/03/05 11:25
これ、DVDを予約したのに手違いでまだ手元に届かないんですよ (T_T)
来週ぐらいになるらしいです。
なので、今日のブログは☆マークを確認しただけです (^^;;
観賞後にじっくりと読ませて頂きますね〜。
タラララ
2007/03/05 11:42
私も、これススメられたんですよ〜
楽しみ〜
観たらまた来ます♪
やんやん
2007/03/05 20:16
hiroponnさん,こんばんは.
なかなか面白い発想の映画でした♪
早速,見てください(^o^)
オダギリジョーが相変わらず格好良いです.
ただし,これまで香川照之のファンだったならば,もしかしたら,嫌いになってしまうかもっ!
しゅー
2007/03/05 21:24
谷底に落ちそうなフリしてDVD見てるんだもんなー
と、昨夜思いました。(^o^)
HOSHIO
2007/03/05 22:33
タラララさん,こんばんは.
>DVDを予約したのに・・・
タラララさんの目にも止まりましたか(^o^)
なかなか面白い面白い,ちょっと観念的な映画でしたよ♪

なるべくこの映画を見る人の邪魔にならないように書いたつもりですが,見てから読まれた方が良いかもしれませんねっ!
しゅー
2007/03/05 23:46
やんやんさん,こんばんは.
>私も、これススメられたんですよ〜
私も昨年の10月頃に薦められました.
結構,映画に詳しい方のお薦めだったので,早く見たいと思っていました♪
なかなか面白いですよ!
しゅー
2007/03/05 23:49
HOSHIOさん,こんばんは.
>谷底に落ちそうなフリして・・・
へへっ・・・と言いたいところですが・・・
実は,この映画は,先週の日曜に観たものです.
でも,ドリームガールズの記事を書くのが手一杯で,結局,昨日の夜に書いたのですよ・・・HOSHIO君!
なお,会社からなので,HISHIOさんちには遊びに行けません(^^);
しゅー
2007/03/05 23:56
>タラララさんの目にも止まりましたか
うんにゃ。
こちらで以前にしゅーさんが「見たい!」と言っていたではないですか。
それで調べてみて、面白そうだから予約したんですよ (^^)
大々的に宣伝された映画でもないので、それがなければ存在すら気づかなかったと思います (^^;;

出掛けていて帰宅したら、宅配便の不在票が入っていました。
多分、このDVDが届いたのだと思います。
今日、明日にでも見ることにしますね。
タラララ
2007/03/06 14:06
しゅーさん!!
早速見ました・・・・・
オダギリジョーのふいをついた・・・キスシーンから・・
始まり・・・・・(◎o◎)ドキッっとしました。
めちゃめちゃ。。かこいいです〜〜〜SEXYなオダギリジョーを
ありがとうと、感謝したいです!!≧(´▽`)≦アハハハ
オダギリジョー(たける)の、心情がメインで描かれてたのかな?
お兄ちゃんの心情は、良くつかめなかったけど・・・・
最後の表情が・・・印象的だったな・・・・
オマケですが・・・
バイトの、お兄ちゃんの・・・「貴方は、何を手に入れた」とゆう
言葉が印象に残りました・・・・   ナとなく・・・・
hiroponn
2007/03/06 14:52
タラララさん
>こちらで以前にしゅーさんが「見たい!」と言っていた・・・
あ〜,“ひとりごと”で呟いていたんですよね♪
あのときの作品で残るは「マザーテレサ」だけになりました.
レンタル・ショップにないから,購入かな〜(・・?)
しゅー
2007/03/07 12:39
hiroponnさん
>めちゃめちゃ。。かこいいです〜〜〜SEXYなオダギリジョー
そう,きましたか・・・(^o^)
ああいう弟がいたら,兄貴は辛いでしょうねっ(^^);

>貴方は、何を手に入れた・・・
ファミレスの会話ですねっ.
あの時点では手に入れてなかったけれど・・・最後に・・・ということでしょうか♪
しゅー
2007/03/07 12:44
久々にお邪魔します(^^ゞ
個性的な役者さんの名前ばかり並んでいるわ〜と思いながら読みました。顔ぶれを見ているだけで、内容が深そうな予感がしました。怖くなかったら見てみたい気も^_^;蟹江敬三さんって若い頃は悪役が多かったけれど、最近は味のある役が多いですよね。私、結構お気に入りです^^
炒りたまご
2007/03/07 16:32
ただ今、DVDを見終わりました。
いや〜、個人的な好みにもピッタリで、見応えのある映画でした。
恐らく、しゅーさんが紹介してくれなかったら、見逃していた映画だと思うので感謝っス m(_ _)m

ところで、しゅーさんは兄さんは「乗った」と思いますか?
それとも「乗らなかった」?
タラララ
2007/03/08 02:28
炒りたまごさん♪
>怖くなかったら見てみたい気も・・・
ええ,怖くなんてないですよ.お化けも幽霊も出てきません!
なので,ご覧になっては如何でしょうか(^o^)

蟹江敬三・・・
そうそう,昔は悪役専門でしたよねっ.
それが,いつからか良いおじさん役が多くなりました.
自分の好きな俳優です.この映画でも,彼の良さが出てきます(^^)v
しゅー
2007/03/09 17:31
タラララさん♪
>恐らく、しゅーさんが紹介してくれなかったら・・・
タラララさんにそう言って頂くと光栄です(^^)v

>兄さんは「乗った」?それとも「乗らなかった」?
私は,もちろん(・・?)乗ったと思います♪
なぜって・・・あの,穏やかな笑顔は周りの状況の変化にも動じない笑顔に見えましたので・・・
しゅー
2007/03/09 17:35
こんばんは(*^v^*)
しゅーさん!!
今日久しぶりに映画館へ行ってきました〜!!
やっぱり、映画館で観るのはいいですね〜(*^v^*)

予告編で、「蟲師」やってました。
オダギリジョーはすごいですねぇ。
役によって、顔までガラッと変わってしまう。
「ゆれる」に関係なかった?!(;´▽`A``
miiko-nyan
2007/03/16 23:49
miiko-nyanさん,こんにちは♪
>今日久しぶりに映画館へ行ってきました〜!!
えっと〜,何を見てこられたのでしょうか(・・?)

>蟲師(むっしっし〜)・・・
あの「AKIRA」の大友克洋の新作ですねっ♪
私も予告編を見て期待している作品です.

>オダギリジョーはすごいですねぇ。
「ゆれる」の彼は今までになく良かったです.
それに格好良いですね・・・は〜(天はなんと不公平なことをするのでしょう).
しゅー
2007/03/17 12:39
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
『蟲師』も 最近のマンガが原作ですね〜
なんか マンガの映画化っちゅうのが
多いような・・・

。。。。。。。。ヽ(・ o ・)ノ ハッ!
ジジ黒
2007/03/17 21:11
今、、、
旦那は松田優作の
「蘇る金狼」を観ています。
「ブラックレイン」以外
松田優作の映画初めて観るそうです。
野沢菜っ葉。
2007/03/18 00:45
黒一さん,おこしやす♪
>なんか マンガの映画化っちゅうのが多いような・・・
はい,日本のポップ文化の象徴が漫画ですから,当然,映画にも影響するかと・・・
・・・と言いたいところですが・・・
「スーパーマン」「スパイダーマン」「Xメン」「ファンタスティック・フォー」などなど,アメリカン・コミックの映画化も次々なされてますから,漫画の映画化はやはりCG全盛時代がもたらしたものなのでしょうねっ!
しゅー
2007/03/18 12:49
菜っ葉ちゃん,こんにちは♪
>旦那は松田優作の・・・
おおっ,松田優作ですか♪
いい役者さんだっただけに,早い死が惜しまれます(^^);

「ブラック・レイン」「蘇る金狼」・・・ともに彼の代表作ですねっ!
そのほかに,「最も危険な遊戯」「野獣死すべし」あたりでしょうか・・・
あと,かわったところでは「探偵物語」なんてのもありましたねっ(^o^)

>旦那は・・・
一緒に見ているのではないのですか・・・(・・?)
しゅー
2007/03/18 12:58
私は観たことが会ったので
となりで「ラストダンスは私と一緒に」を
観ていました。

今度は「野獣死すべし」を観ると言っています

今は「LOST]を観ています。
野沢菜っ葉。
2007/03/18 14:46
こんにちは
>ラストダンスは私と一緒に・・・
はじめて聞くタイトルです.
これは,韓国映画なのでしょうか,それとも韓国ドラマですか・・・(^^);

隣で・・・
隣の音は気にならないのでしょうか(・・?)
二人ともヘッドフォンを付けて見ているのかな〜
しゅー
2007/03/19 12:28
こんばんは(*^v^*)
「LIMIT OF LOVE 海猿」をワンコイン上映で観てきたんですよ〜!!
涙と鼻でぐちゃぐちゃになりました(T∇T)
miiko-nyan
2007/03/22 23:03
miiko-nyanさん,こんにちは
LIMIT OF LOVE 海猿・・・
なるほど♪
私は未見ですが,若い人を中心に結構評判の良い作品ですねっ!

それにしても,ワンコインとは安い!!
miiko-nyanさんちは都会なのですねっ・・・うらやましいな〜(^o^)
しゅー
2007/03/24 01:00
遅ればせながら、やっとこさやって参りました!!

いや、ほんとに良かったですよ・・
オダギリジョーも香川照之もいい味出してますね〜。
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」で号泣です。
分かるような気がするんです。
愛情が深い分、裏切られたと思ったときの憎しみも大きなものになってしまうっていうところ。
でも、兄弟って不思議なもので、
どんなにひどいことをされようと、裏切られようと、恨もうと、
やっぱり兄弟なんですよね。
私は姉妹なんですが、これに通じないこともない経験をしたことがあって、
とても共感できました。
かなり微妙な心理描写をうまい具合にやってますよね。
いい映画でした!
やんやん
2007/05/28 23:07
やんやんさん
>遅ればせながら、やっとこさやって参りました!!
いらっしゃいまし♪

>かなり微妙な心理描写をうまい具合にやってますよね。
そう,まさに,この作品の心理描写は,タイトル「ゆれる」そのものでした!

最近,女流監督が頑張っていますね.西川監督もそうですが,カンヌ映画祭では,なんと,河瀬監督が「殯(もがり)の森」でグランプリ(審査員特別賞)を受賞しましたねっ(^o^)
しゅー
2007/05/29 01:03
そうなんですか〜!
すごいですね。
私もっぱら邦画には弱くって、
ぜーんぜん知りませんでした・・あはは(^^;
しゅーさんのおかげでいいやつだけチョイスして観れるので助かりまっす♪
やんやん
2007/05/29 01:55
やんやんさん
わたしもどちらかと言えば,洋画の方が多いです.
でも,やんやんさんよりは,邦画を見る比率が高いかもしれませんね!

邦画の場合,大作はがっかりすることが多くて,小品で拾い物をしたな〜と感じることが多いような気がします.でも,懲りずに大作を見てしまうんですよね〜.
学習機能がないのかもっ♪
しゅー
2007/05/29 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ゆれる」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる