気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「蟲師」メモ

<<   作成日時 : 2007/04/30 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
製作年度/ 2006年
製作国/ 日本
上映時間/ 131分
監督/ 大友克洋
製作総指揮/ −
原作/ 漆原友紀
脚本/ 大友克洋 、村井さだゆき
音楽/ 配島邦明
出演/ オダギリジョー 、江角マキコ 、大森南朋 、蒼井優 、りりィ 、李麗仙 、クノ真季子 、守山玲愛 、稲田英幸 、沼田爆
【映画館】
++++++++++
「AKIRA」(1988),「スチームボーイ STEAMBOY」(2003)などのアニメで知られる大友克洋監督が,漆原友紀の同名コミックを実写映画化したもの.
「AKIRA」は,公開当時,力強い映像とストーリーが魅力的な作品でした.
それゆえに,彼の実写作品である本作を大いに期待して鑑賞したのですが・・・

いまからおよそ100年ほど前の物語.
まだ,日本各地にその地域特有の迷信や風習が息づいていた頃.
作品の舞台となる地域では,不思議な現象が生じると,それは蟲(むし)たちの異常な行動によるもの,と信じられていた.
普通の人々には姿を見ることができない存在の蟲たち.
しかし,稀にそれらを見ることができ,蟲たちの行動をコントロールできる特殊な能力を持つ者たちがいた.彼等はその能力を活かし不思議な現象を鎮めることを生業としていた.人々は彼等のことを蟲師と呼んだ.
主人公のギンコも,そんな蟲師の一人.
ただし,彼の髪の毛は銀色で,その髪で左目がないのを隠している.蟲師の中でも異質な存在.
なぜ,彼がそのようになったかは,少年時代の記憶を失っているギンコにも判らない.

ある日,彼は,大雪のため,その日のうちに目的地までいけなくなった.
夜遅くに辿り着いた村で庄屋をしている家に泊めてもらうことになる.
そこの女主人は彼が蟲師であることを知ると,蟲に侵されて耳が聞こえなくなった三人の使用人を彼に引き合わせた.彼が使用人たちを事も無げに治療すると,さらに,女主人は孫娘のことも治してほしいと依頼する.かわいい孫娘の額にはなんと角がはえていた・・・

人々が怯える恐ろしい妖怪,蟲の潜む闇の世界.そこからときどき人間世界にやってくる蟲たちと蟲師との壮絶な闘いを迫力ある映像で描いた作品かと想像していた.
しかし,実際の作品は,日本の美しい自然とゆったりとした時間の中で,妖しき生き物,蟲と人間との不思議な物語が綴られていく“和風ふぁんたじ〜”.
まるで日本昔ばなしのような民話の世界を描いた作品でした.

物語は大きく分けると3つのエピソードからなっている.
冒頭の庄屋の家でのエピソード.
代々蟲に取り憑かれながら文字でその力を封じてきた家系の娘のエピソード.
この2つのエピソードでは,時折,ギンコ自身も覚えていない彼の生い立ちが挿入される.
それらは,ギンコが過去を取り戻す3つ目のエピソードへとつながっていく.

脚本,演出あるいは光の使い方など,いろんな面でかなり未消化な部分が感じられる作品.
けれども,日本の自然の美しさ,古き良き時代を上手く捉えた映像,妖しげな蟲たちを象徴するようなシーンは,自分が思い描いた大友克洋の世界とは異なるものの,なかなか魅力的.
特に,角のはえた庄屋の孫娘・真火の醸し出す雰囲気はまさに民話の世界の少女.また,蟲に取りつかれた娘・淡幽が,文字に封じ込めた蟲たちが暴れるのを静めるシーンは,CGを駆使して妖しさの中に日本的な美しさを見事に捉えていました.

ただし,映像的な魅力を楽しめたのも2つ目のエピソードまでのこと.
3つめのエピソードになると,ドラマ性はない上に演出がかなり安っぽく,映像だけではカバーしきれない状態.それまで作り込んできた作品全体の雰囲気まで台無しにしてしまい,とても残念な気分になった.

主演のギンコを演じたのはオダギリジョー.「ゆれる」では香川照之との息もピッタリ合って,なかなか見応えのある良い演技をしていた.しかし,この作品での彼には「ゆれる」ほどの魅力的なものは感じられない.ギンコと行動を伴にした大森南朋の存在は,民話の持つユーモラスさを作り出そうとする意図は見えるものの,演出の不味さが原因で妙に作品の中で浮いていました.

それに比べて,庄屋の女主人を演じたりりィはこの作品の雰囲気にぴったり.淡幽をそばで支える元女蟲師役の李麗仙もベテランの演技を見せていた.蟲に取りつかれた娘・淡幽を演じた蒼井優は,エピソードの雰囲気を損なうことなく華やいだ雰囲気を作り出していた.彼女は特に美人ではないけれど,彼女の見せる笑顔は初々しく,見る人の心を弾ませますね.そんな彼女の笑顔に,かつての富田靖子が被るのは自分だけかなぁ・・・


蟲師@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
しゅーさんはカレンダーどおりなんですね。
自分は明日、明後日にならないと予定が立ちません (T_T)

大友監督の実写映画なので興味があったのですが、“和風ふぁんたじ〜”ですか (^^;;
個人的にそういうのも嫌いではないのですが…。
久々の★マークですし、これも劇場鑑賞はスルーかな。
最近はスルーばかりしてますが (+_+)
タラララ
2007/04/30 13:15
タラララさん
>久々の★マークですし、これも劇場鑑賞はスルーかな。
確かに久しぶりの★マークでした(^^);
なかなかと思わせる映像もあったのですが,トータル的にはやはり★ですね!
終盤は,ふぁんたじぃというよりも三流ホラーでした・・・

今日,物置を整理していたら,昔購入したLPレコードを発見しました.
我ながら,プレーヤーもないのに,よく捨てなかったな〜と思いました(^o^)
しゅー
2007/04/30 23:45
おっ、物置から出てきたLPレコードって、意外な価値があるかも…。
ひょっとして、お宝かも (^^;;
タラララ
2007/05/01 13:47
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪

『蟲師』 原作漫画は ( ̄ω ̄;)エートォ...
なんだっけ アフタヌーンか・・・
原作者は新しくないけど 作品は比較的
新しいですね

和風ファンタジーになる というのは
予測はついてましたけど そうか
終盤に 三流ホラーになるのかぁ・・・

LPレコード 買ったのは殆ど昔しじゃぞ
ジジ黒一
2007/05/01 22:45
こんばんは(*^v^*)
映画の予告編を観て、期待していたのに
ん〜何だか想像していたのとは、違うかなあ…。

今日!!「スパイダーマン3」行ってきましたよ〜!!
miiko-nyan
2007/05/01 23:33
タラララさん.
全部で16枚ありました.
ほとんど処分したつもりだったのですが,意外に残っていました.
どうやら処分したのは,10枚ぐらいだったようです(残った枚数から逆算すると・・・)

>ひょっとして、お宝かも (^^;;
それでは,その16枚をタラララさんに鑑定してもらおうかな〜えへへっ♪
しゅー
2007/05/02 00:29
黒一さん
>なんだっけ アフタヌーンか・・・
そのようです・・・自分の範疇外なので「ムシシっ」の内容は映画を観て初めて知りました♪
えっ,これが,あの「AKIRA」の大友克洋作品(・・?)って,驚ろきました.
彼も歳なのかな〜

>LPレコード 買ったのは殆ど昔しじゃぞ・・・
はい,自分がLPを購入したのは,1975〜1985年の10年間です!
その間に,購入したLPは約25〜26枚だったと思います.

この連休中に,一部,メモする予定です♪
しゅー
2007/05/02 00:37
miiko-nyanさん
>今日!!「スパイダーマン3」行ってきましたよ〜!!
そうですか.世界最速公開の「スパイダーマン3」を観て来られましたか!
さぞかし,今日は混んでいたのではないですか(なにせ,1日ですからね〜)

赤いスパイダーマンと黒いスパイダーマン・・・
予告では,かなり面白そうでしたが,如何だったのでしょう(・・?)
迫力満点でしたか・・・(^o^)
しゅー
2007/05/02 00:42
アノネ…(/^o(・・*)フムフム

大友さんのせいじゃ ないと 思うぞ…
たぶん 原作のせいです・・・

で 映画になるって聞いたときに
『ギンコ』が オダギリ君かえ〜(・_・?)
てな リアクションですた!!
実はギンコは別名 鬼太郎とも・・・
(∴`┏ω┓´)/コラァー!!
ジジ黒一
2007/05/02 21:54
黒一さん
>『ギンコ』が オダギリ君かえ〜(・_・?)
遭難です.オダギリ君なのです.
昨年製作された作品だけでも「ゆれる」,「蟲師」など5作品.
そして,今年は「東京タワー」・・・ちょっと,あちこちに出すぎ!

>実はギンコは別名 鬼太郎とも・・・
これも納得.
「ゲゲゲの鬼太郎」の方が「蟲師」より面白いかもっ♪
しゅー
2007/05/03 00:11
(@`▽´@)/ ハイッ
副題として 『その後の鬼太郎』って
どうでしょう(・_・?)

まぁ それはさておき
『蟲師』は やっぱり 漫画のほうで
楽しむべきだと思いますよ (。-_-。 )ノハイ
映画にするのは 時期焦燥って思うのは
私だけなのかなぁ・・・
ジジ黒一
2007/05/03 01:54
黒一くん
>その後の鬼太郎・・・
この映画,目玉のオヤジ,ねずみ男,猫娘,ぬりかべ,一反もめん,それに子泣き爺も,砂かけおばばも出てこなかったぞ〜

鬼太郎が成人したら,みんな死んじゃったのか〜(・・?)
しゅー
2007/05/03 21:02
独立開業 したのかも(・_・?)
ジジ黒一
2007/05/03 23:43
どのくらい古いLPなんですかー? ワタシは最初に買ったCDが84年5月なので、それまではずーっとLPでした.100枚近くあるよ.聴きたいんだけど、プレーヤーが別の部屋に片付けてあるんだよなぁ.

大友さんて、漫画を描かせると天才なんだけど、ね….
トースケ
2007/05/03 23:52
黒一さん
>独立開業 したのかも(・_・?)
えへへっ.独立開業して,それから身長が伸びて,髪の毛が銀色になったのですねっ♪
現在,上映中の本家じゃなくて,子供の頃の「ゲゲゲの鬼太郎」はどうなんでしょうね〜
今のところ,見に行く予定はありませんが・・・
しゅー
2007/05/04 07:08
トースケさん
>どのくらい古いLPなんですかー?
1975〜1985年の間のものです.

>聴きたいんだけど、プレーヤーが別の部屋に片付けてあるんだよなぁ
うちにはプレーヤーがありません(^^);
だから,持っていてもしょうがないのに,よく捨てなかったな〜と思っています.
いつか,プレーヤーを購入するかもしれないと考え,今回も処分しないことにしました♪

・・・トースケさんも物持ちですね〜(^o^)
しゅー
2007/05/04 07:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
★「蟲師」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる