気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「スパイダーマン3」メモ

<<   作成日時 : 2007/06/16 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 25

画像
SPIDER-MAN 3
製作年度/ 2007年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 139分
監督/ サム・ライミ
製作総指揮/ スタン・リー 、ジョセフ・カラッシオロ 、ケヴィン・フェイグ
原作/ スタン・リー 、スティーヴ・ディッコ
脚本/ サム・ライミ 、アイヴァン・ライミ 、アルヴィン・サージェント
音楽/ クリストファー・ヤング
出演/ トビー・マグワイア 、キルステン・ダンスト 、ジェームズ・フランコ 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、トファー・グレイス
【映画館】
++++++++++
スパイダーマンは,スーパーマンやバットマンと同じくらい馴染みのあるアメコミのヒーロー.しかし,これまでに映画化された1&2はともに未見のまま.それでも,TV等の宣伝攻勢が凄まじかったこともあり,内容が判らなくて戸惑うことはないだろう,といきなり第3弾の「スパイダーマン3」から観ることにしました.

ニューヨークの市民の多くは,スパイダーマンに好意的.
彼はニューヨークの人々に愛される正義のヒーロー.
スパイダーマンがビルの谷間を蜘蛛糸で空中ブランコのように渡っていく姿を見かけると,人々は喜んで声援を送る.そして,ついには名誉市民賞まで贈呈されることに.
スパイダーマンは,ふだんの姿ピーター・パーカーのときも,親友ハリーとの関係を除けば,幸せな時を過ごしていた.ブロードウェー・デビューを果たした恋人メリー・ジェーン(MJ)との関係も良好で,ついにプロポーズを決意する.

そんなとき,ニューヨークの公園に隕石が落下.その隕石には人の憎悪を好み,それを増幅させるアメーバ状の寄生生命体が付着していた.敬愛するベン叔父さんを殺した犯人マルコが刑務所から脱走したことを知り,憎悪の気持ちが芽生えたピーターにその生命体は取り憑いてしまう.斯くしてブラック・スパイダーマンが誕生した.人の気持ちを傷つけたり,踏みにじることを厭わないブラック・スパイダーマン.それがエスカレートしてMJまでも傷つけてしまう.そんな自分を教会の尖塔に佇みながら自問するピーター.はたして,ピーターは市民から愛されるヒーロー,スパイダーマンに戻れるのでしょうか・・・

家族揃って楽しめるヒーロー物アクション娯楽大作.最新のVFXを駆使した怪人やモンスターとスパイダーマンのバトル・アクションを前面に押し出した作品.
それ以外にも恋愛,家族愛,友情,青年ピーターの苦悩とその成長過程など盛りだくさんの内容.しかし,物語は緻密に練られており,判りやすい展開に仕上っていました.

引っ込み思案のオタク青年ピーター.そんな彼がスパイダーマンとして活躍するところが,やはりこの物語の面白いところ.この作品のピーターはみんなに愛され浮かれ気分になるけれど,そこにも普通の青年らしさが感じられた.そして,ビルの谷間を空中ブランコのように蜘蛛糸を渡っていくスパイダーマンの姿を実写として見られたことが最もうれしかった.

思えば,20年以上前,「死霊のはらわた」とか「XYZマーダーズ」などのカルトなコメディを得意としていたサム・ライミ監督が,こんなハリウッドの王道を往くような作品を製作するようになるとは夢にも思わなかった.当時は,自分も彼の独特のユーモア・センスに嵌っていた.
本作品でも,ピーターの部屋の入口での大家とのやり取り,ピーターが写真を持ち込む新聞社の編集長とのエピソード,仏料理店のおかしなウェイターたちなど,サム・ライミの演出が冴えるエピソードもあちこちに盛り込まれている.

しかし,物理実験場に迷い込んだマルコが変異した“サンドマン”,死んだ父の復讐に燃えハリーが姿を変えた“ニュー・ゴブリン”,ライバル心をむき出しにするカメラマン,エディが寄生生命体と合体した“ヴェノム”らの怪人(怪物)とのバトル・シーンにかなりの時間が割かれており,じっくりとドラマを楽しむまでには至らない.とにかく,この映画のスパイダーマンは忙しい.

話題のVFXを駆使したシーンは膨大な製作費をかけているだけあって,その描写は細部まで拘りをみせる.その中でも特筆すべきはサンドマンのビジュアル化.粒状体とマルコの姿に自由自在に変化するサンドマンの造形は見事.物理実験施設でサンドマンが誕生するシーンはVFX技術が素晴らしいだけでなく,画面全体に哀愁が漂い,悲しきモンスターの姿を実に良く表現していた.しかし,バトル・シーンは,スピーディーさは感じるものの,ちょっとタイト・シーンを多用しすぎたせいか沸き立つような高揚感がいま一つ不足しているように感じた.あるいは,構図的な面白さを意識するあまり,本来のバトルシーンの醍醐味を薄めてしまったのかもしれませんね.

「スパイダーマン3」は贅沢な娯楽大作として,手堅く纏め上げられています.巨大プロジェクトである本作で,サム・ライミ監督が自身の持ち味を,ある程度犠牲にするのはやむ終えないところでしょう.しかし,これで,無事,大役を果たしたわけですから,次回作はもっと彼ならではものになることを期待しつつ,近いうちに1&2も見ることにしましょう・・・


スパイダーマン3@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<スパイダーマン3> 
2007年 アメリカ 139分 原題 Spider-Man 3 監督 サム・ライミ 原作 スタン・リー  スティーヴ・ディッコ 原案 サム・ライミ  アイヴァン・ライミ 脚本 サム・ライミ  アイヴァン・ライミ  アルヴィン・サージェント 撮影 ビル・ポープ 音楽 クリストファー・ヤング テーマ曲 ダニー・エルフマン 出演 トビー・マグワイア  キルステン・ダンスト  ジェームズ・フランコ    トーマス・ヘイデン・チャーチ  トファー・グ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2008/01/29 13:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
なるへそ、“黒スパイダーマン”になるのは、そういう理由でしたか。
悪役も大サービスで今回は大量に登場するようですね。
ひょっとするとこれでシリーズも打ち切り (・_・?)
それならラストぐらいはスクリーンで見てみましょうかね。

戦闘シーンでタイト・ショットを多用するのが最近の主流のようですね。
ブルース・リーでアクション映画に目覚めた自分としては、あまり嬉しくない傾向です (^^;;
タラララ
2007/06/16 13:11
そうか、そういう事なのか・・・。
これはマスマス見たくなってきたぞ〜。

りょりょ。
2007/06/16 19:30
今日は〜〜!!
私も、スパイダーマン3見ました。
楽しくみる事が、できました。
一番面白かったのは、スパイダーマン1
かな?キスシーンは、ベスト1かな
気楽にしか見てないので・・・・
しゅーさんのブログ読むと・・・・
勉強になります。┏○ペコリ
hiroponn
2007/06/16 19:34
タラララさん
>ひょっとするとこれでシリーズも打ち切り (・_・?)
どうなんでしょう・・・
物語的には完結させていませんでした.なので,まだまだ続けられると思います.
しかし,かなり押し込んだ感が強い作品でしたから(すべてやっとこうという感じ),おそらくサム・ライミ監督がスパイダーマンのメガホンをとることは,ないのではないでしょうか
それから,主演のトビー・マグワイア&キルステン・ダンストも,物語の設定年齢とだいぶギャップがありましたから,この二人の継続もないような・・・
しゅー
2007/06/17 07:42
りょりょ。さん,お久しぶり♪
>これはマスマス見たくなってきたぞ〜。
はいはい,是非,皆さんでご覧ください.
でも,劇場で観る場合は,そろそろ上映終了館も出てきているようですから,お早めに!
しゅー
2007/06/17 07:52
hiroponnさん
>一番面白かったのは、スパイダーマン1かな?
本当は,“1&2”を観てからスパイダーマン3を観ようと思っていたのですが,近所のレンタルショップでは“1”がいつも貸し出し中だったため,予習は断念しました!
一番面白いのが1ならば,当然,観なくちゃいけませんね(^o^)
しっかりドラマが描かれているのかなっ(・・?)
しゅー
2007/06/17 08:28
1は飛行機で見ました。で、2は劇場に行って、3は多分見ません。

というのが、僕の「感想」ですね。なんかスパイダーマンの動きもテレビスポットで見る限りつまんなくなってきているような・・・。1の動きや合成は、ちょっと驚きもあったのですけどね。(フロリダのユニバーサルスタジオのアトラクションも当時はものすごい衝撃だったと体験した先輩Dに聞きました)

えっと、アメコミなのでドラマが描かれてることはないかと。(´・ω・`)
HOSHIO
2007/06/17 15:12
おひさです.今日やっとみーちゃんとコレを見てきました.ボクよりみーちゃんの方が多忙なのねん.
3から見ても話はわかるけど、やっぱ1・2から見て欲しかったなァ.ハリーとの確執とか、なかなか成就しないMJとの関係とか、そのへんがさらによくわかりますよ、1・2を見てると.
サンドマンはサム・ライミらしいキャラでしたね.彼には「ダークマン」という陰りのあるヒーロー物がありますが、スパイダーマンシリーズはあれを彷彿とさせますね.こんなにビッグネームになるとは思わなかったけど、作風が変わってないのが◎です.
それにしてもCG技術はすごかったですね.流砂とか黒いウニョウニョとか.
トースケ
2007/06/17 15:17
HOSHIOさん
>スパイダーマンの動きもテレビスポットで見る限りつまんなくなってきているような・・・くも糸を使ったスイングアクションは目立ったのですが,もう一つのスパイダーマンを象徴するビルにへばりつくような動き(蜘蛛というよりイモリとかヤモリの類の爬虫類のイメージ)がありませんでした(あっても印象に残らない程度).ちょっとガッカリしました.

>アメコミなのでドラマが描かれてることはない・・・
コップの中に顔があったていいじゃないか(たしか岡本太郎だったかなっ),ではないですがアメコミにドラマがあってもよろしいのでは・・・(・・?)
それに,「バッドマン・ビギンズ」はアメコミながら,ドラマ性を感じましたよっ♪
しゅー
2007/06/18 00:44
トースケさん
>今日やっとみーちゃんとコレを見てきました・・・みーちゃんの方が多忙なのねん.
多忙でも一緒に見られるだけでも幸せなのでは・・・
うちの二世は,もう,映画館に付き合ってくれません.食事のときは付いてくるくせに・・・うちの彼女も付き合ってくれないので・・・孤独・・・ううっ(^^);

>作風が変わってないのが◎です.
あまりこの作品ではサム・ライミ色を感じませんでした.たぶんトースケさんは1&2も観ているから違和感を感じなかったのかもしれませんね.想像するに1&2,特に1では最もサム・ライミが自由に製作できたのではないでしょうか(・・?)
これだけ巨大プロジェクト(製作費300億円・・・本当かな・・・)になると,好き勝手には作れないでしょうから・・・
やはり,1&2を観なければ・・・(^o^)
しゅー
2007/06/18 00:59
こんばんは(*^v^*)
しゅーさんの記事を
「ほんと、同じ映画を観たのかしら?!」
と思うほど感心しながら拝見しました〜!!
miiko-nyan
2007/06/18 22:50
miiko-nyanさん
いや〜,サンドマンの映像は凄かったですねっ♪
いくらCGとはいえ,あれだけの映像を具現化するには相当手間がかかっただろうな〜と思いました.
でも,最後のバトルは,なんだか「キングコング」と「メン・イン・ブラック」が脳裏をよぎりました!
しゅー
2007/06/19 00:45
こんにちは(*^_^*)
私もスパイダーマン見ましたよ♪おもしろかったです!
でも、しゅーさんのようには感想かけませ〜ん(笑)
りんりん
2007/06/24 13:28
りんりんさんもご覧になりましたかっ♪
>おもしろかったです!
自分は,ちょい悪になったピーターにちょっと引いてしまったりもしましたが,りんりんさんは如何でしたか(・・?)
DVDも良いのですが,劇場の大スクリーンの方が,俄然,映える作品でしたねっ.
さて,“酸っぱいだーマン4”もあるのかなっ(^o^)
しゅー
2007/06/24 21:50
しゅーさん おはよう〜
スパイダーマン・・なぜか3本とも映画館で見てます!
最初の作品はちょっと気持ちが良いくらい空を飛ぶって感じが良かったんです 慣れてくると物足りなくなるんでしょうね
3は良く出来てますよね 話題満載で時間があっと言う間に過ぎた感じです
サンドマンのSFXもすごい〜 言われる通りドラマとしては物足りないような気がしますけど・・・仕方ないですね

話は変わりますけど・・大阪のUSJのスパイダーマンの乗り物!!
これはお勧めですよ! スパイダーマン2をうまく再現してあります
USJに行かれた場合はぜひ乗ってくださいな
テス(nosaman)
2007/06/25 08:25
>大阪のUSJのスパイダーマン・・・
”スパイダーマン”も”パイレーツ”も,映画がアトラクションの宣伝にもなっているのですね〜
もともと”パイレーツ”は,ディズニー・ランドのアトラクション,”カリブの海賊”のイメージ作品だったわけですしね!

当分,大阪に行く機会はないので,もし自分が大阪に行ったときには,スパイダーマン3の再現アトラクションになっているかもしれませんね(^o^)
しゅー
2007/06/26 01:05
>とにかく,この映画のスパイダーマンは忙しい
ホントにそうでしたね。 盛りだくさん過ぎてまとまりに欠けてしまったように感じました。
みのり
2008/01/29 13:58
みのりさん
内容的にはニュー・ゴブリン,サンドマン,ヴェノムが登場し,スパイダーマン自身もブラック・スパイダーマンになり,MJとの関係も盛り込まれ・・・これでは,なかなか収拾がつかないですよね〜.
サンドマンの造形が良かっただけに,そこら辺を中心に据え,じっくりと見せてくれた方が楽しめたかもしれませんねっ!
あと,タイトショットがさらに忙しい雰囲気に拍車をかけてしまったような気がします・・・
しゅー
2008/01/29 18:10
しゅーさん、タイトショットってどういうことをいうのですか? スピードが速いとかじゃなさそうだし…。 
それからスパイダーマンシリーズの好きな順番を教えてください。 ちなみに私は2,1,3です。
みのり
2008/01/30 19:49
みのりさん
”スパイダーマン”シリーズの好きな順番は,お気に入りリストの並べられている通りです.みのりさんと同じく2→1→3の順です(^o^)

タイトショット・・・
コマ割りの多いシーン.
たとえば,この作品だと,スパイダーマンとニュー・ゴブリンがビルの谷間で格闘しているシーンがありましたよねっ.ああいうシーンを説明しようと用いています・・・
しゅー
2008/01/31 12:23
あっ、しゅーさん、タイトショットの説明が少し違うような…。
普通はクローズアップなどを含む“寄り”のショットを言うのだと思います。
例えば、一般的に胸から上しか映さないタイトショットを格闘シーンで多用すると迫力は増しますが、どうしても全体的な動きが見づらくなります。
反対はルーズショットとか“引き”ですね。
ブルース・リーや古いジャッキー・チェンの映画では、ほとんど対決する2人の全体が映るようにしています。
最近はタイトショットを細かくカットして見せることが多いので、誰と誰がどういう風に戦っているのか自分にはサッパリです。
昔は格闘シーンが下手な俳優はタイトショットで誤魔化していたんですけどね (^^;;
これは個人的な好みの問題だと思いますが、自分はルーズショットを基本にした格闘シーンが好きです (^^)
タラララ
2008/01/31 18:49
追伸
自分の書込が間違っているかも知れませんから、専門家のHOSHIOさんに聞かれるのが一番かも (^^;;
タラララ
2008/01/31 18:52
しゅーさん、タラララさん、ありがとうございます。 ちょっと難しそうだけど、何となく雰囲気はつかめたように思います。 わたしはアクションシーンが見所の映画でも、どう戦っているのかとかが解らなくなってしまうことが多いのでちょっと苦手に思ってしまいます。 いろいろ工夫して迫力を出しているんですね。
みのり
2008/02/01 01:03
タラララさん
たははははっ・・・そういう意味でしたか!
なるほど.
まったく,もって,誤解していました(^^);

自分は,tight=窮屈な,ピッタリとした・・・という言葉を,勝手に時間軸でイメージしていました.
しかし,密着した映像という方が,言葉の意味からしてもシックリしますね.

>専門家のHOSHIOさん・・・
今のところ,我々にかまっている暇はないのではないでしょうか(^^);
自分のことで頭はいっぱいかと・・・

あれっ,みのりさんに先を越されてしまいました・・・(^^);
しゅー
2008/02/01 01:12
みのりさん
タラララさんの丁寧な解説ですっきりされたようですねっ♪
どうも失礼いたしました.思い込みとはおそろしいものです(^^);

“困ったときはタラララさん頼み”・・・といきましょう.・・・ねっ,みのりさん!!
しゅー
2008/02/01 01:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「スパイダーマン3」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる