気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」メモ

<<   作成日時 : 2007/06/30 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

画像
PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END
製作年度/ 2007年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 170分
監督/ ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮/ マイク・ステンソン 、チャド・オマン 、ブルース・ヘンドリックス
原作/ −
脚本/ テッド・エリオット 、テリー・ロッシオ
音楽/ ハンス・ジマー
出演/ ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ジェフリー・ラッシュ 、ジョナサン・プライス 、ビル・ナイ 、チョウ・ユンファ 、キース・リチャーズ
【映画館】
++++++++++
ディズニー・ランドのアトラクション“カリブの海賊”をモチーフにして製作されたアクション・アドベンチャー映画“パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズの第3弾.
第1作目の「呪われた海賊たち」はDVD鑑賞したものの,昨年公開された第2作目「デッドマン・チェスト」はあまり評判が良くなかったこともあり,DVDが出てからもパスしてきました.しかし,三部作の最後を飾る「ワールド・エンド」を見るにあたり,直前に2作目をDVDで確認してから,本作品を劇場鑑賞してきました.

第1作目「呪われた海賊たち」は,鍛冶屋職人ウィル・ターナーと自らキャプテンと名乗る奇妙な海賊ジャック・スパロウが,力を合わせ,海賊バルボッサにさらわれた英国植民地総督のひとり娘エリザベスを救出する物語.海賊バルボッサらは,アステカの呪われた金貨を盗んだことで未来永劫不死身から逃れられない宿命を負っていた.彼らは灯りの下では普通の人間に見えても,月の光に照らされた途端,骸骨軍団に変身する様がユニークな作品だった.

第2作目「デッドマン・チェスト」は,ジャックと“深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズとの“死者の宝箱”をめぐる争奪戦の物語.かつて,ジャックがブラック・パール号を入手する際にデイヴィ・ジョーンズと取り交わした「血の契約」の執行される期日が迫っていた.ジャックはそれから逃れるために,デイヴィ・ジョーンズの心臓が納められている“死者の宝箱”を奪い取ることを思いつく.一時は,宝箱を手にしたジャックだったが,元英国艦隊の提督ノリントンに奪われてしまう.怒ったデイヴィ・ジョーンの命令により“深海の魔物”クラーケンがブラック・パール号に襲い掛かり,ジャックはクラーケンに飲み込まれてしまう.

そして,この三部作の最後を飾る「ワールド・エンド」.
絞首刑の台に上がる人々が口ずさむ“海賊の歌”から物語が始まる.
ノリントンは“死者の宝箱”を世界制覇を目論む東インド貿易会社のベネット卿に差し出し,英国艦隊の提督に返り咲く.ベネット卿は膨大な船団と無敵の力を誇るデイヴィ・ジョーンズの“幽霊船”フライング・ダッチマン号を手に入れて,世界の海賊たちを次々に葬っていく.冒頭の“海賊の歌”は,そんな状況にあって“9人の伝説の海賊長”たちに向けた評議会召集の合図.海賊長たちが全員集合すると,世界中の海賊たちが望んでいた評議会が開催される.ところが,海賊長の一人であるジャックはクラーケンに飲み込まれ,世界の果ての向こう側にあるデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーを彷徨っていた.エリザベスとウィルそしてブラック・パール号の乗組員たちは,ヴードゥー教の預言者ティア・ダルマに助けを求める.すると,彼女は海賊バルボッサを蘇らせた.そして,バルボッサの指揮のもと彼等はジャック救出に向けて旅立つのですが・・・

前作までの説明がほとんどなく,物語の展開もかなりはやい.これまでの“パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズを未見の人には,登場人物や個々のエピソードが良く理解できないまま,クライマックスに辿り付いてしまう作品.少なくとも第二作目「デッドマン・チェスト」を観た後で鑑賞したい作品です.

伝説の9人の海賊長たちと彼等が復活させた海の女神カリプソVSデイヴィ・ジョーンズ&東インド貿易会社の全面戦争に向けて畳み掛けるような展開を見せるストーリー.全面戦争はどんなにスケールの大きなものだろうと期待が膨らむ.クライマックスまでの登場人物たちの騙しあいを中心としたエピソードは,スリリングなシーンから笑えるシーンまで,いろんなシーンが上手く織り込まれており面白い.さらに,デイヴィ・ジョーンズ・ロッカーのシーンに見られる程よくシュールな映像もなかなかのもの.

しかし,どうやら本作は大風呂敷を広げすぎた模様.あまりに大掛かりになりすぎて演出および映像が脚本に着いて行けなかったのか,クライマックスの直前で物語は破綻する.本作で新たに盛り込まれた海賊長たち,活躍が期待された女神カリプソは切り捨てられ,大風呂敷の真ん中の部分だけを切り出して,なんとか収拾を図ったような不自然さが感じられた.

それでも,クライマックスは,十分,スケール感もあり,迫力満点の内容だった.幽霊船フライング・ダッチマン号とブラック・パール号との一騎打ち.カリプソが巻き起こしていると思われる大渦の中,あまりにも接近したためにマットが絡まり,そんな状態での両船を舞台にした怒涛のバトル・アクションは見応え十分.死闘を演じるシークエンスの中に,恋愛,友情,親子愛が巧に盛り込まれ,それらがべたになることもなく,海賊映画の醍醐味を存分に味わえるものでした.

ジャック・スパロウを演じたのは,もちろんジョニー・デップ.彼の個性豊かな演技から生まれたジャック・スパロウという類稀なキャラクターは本作でも健在.このシリーズで大ブレークしたエリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイはまた男前を上げた.美しいドレスを着ていたお姫さまから,海賊ファッションを身に纏うようになったエリザベスはさらに磨きがかかる.ジョニー&キーラに比べるとウィル・ターナー役のオーランド・ブルームは健闘はしているものの,線の細さは否めなかった.この3人に,ジャックの右腕ギブスを演じたケヴィン・R.マクナリー,キャプテン・バルボッサ役のジェフリー・ラッシュ,あるいはティア・ダルマ役のナオミ・ハリスら個性豊かな面々が物語をより楽しいものにしていました.

ジャックの独特な動きの手本となったローリング・ストーンズのキース・リチャードも,ジャックの父親役として出演.当初は出演を拒否していると噂されたが,彼なりに映画出演を楽しんでいるように見えました・・・


パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド@映画生活

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド> 
2007年 アメリカ 169分 原題 Pirates of the Caribbean: At World's End 監督 ゴア・ヴァービンスキー 製作 ジェリー・ブラッカイマー 脚本 テッド・エリオット  テリー・ロッシオ 撮影 ダリウス・ウォルスキー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ジョニー・デップ  オーランド・ブルーム  キーラ・ナイトレイ    ジェフリー・ラッシュ  トム・ホランダー  ビル・ナイ  ジョナサン・プライス    チョウ・ユンファ  ジャック・ダヴ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2008/08/28 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
しゅーさん (*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ(*゚_○゚)ノシ おはょっす!!
自分地のブログや、あっちのしゅーさんちでもコメントしたから、あんまりカキコせんけど、私は、「ワールド・エンド」を映画館でみてから、
第1作目「呪われた海賊たちをテレビで観て、2作目は見てないという、可愛そうな境遇なんですが・・・・だから、ストーリー自体正直??てな感じです。
スパロー船長や、エリザベスがええなぁ・・・って感じで鑑賞してましたからね。
キース・リチャードの怪演・・・よかったですね。
「なんでディズニィ映画なんかに出なあかんねん!」って言ったかどうか定かでないが、よく出てくれましたね。

DVDがすべて出たら、あらためて3部作とも再度みたいですね。
そのとき初めて、物語が理解できるのかもしれんね。
mick
2007/07/01 10:00
(* ^ー゚)ノコンニチハ

一作目の呪われた海賊達は見ました。
2作目は、寝てしまった・・・・・・
3作目は、随分上映前から盛り上がってた
ようですが・・・どうしようかな?っと
思ってました。だって。2作目寝ちゃう感じ
だったから〜〜〜でも、しゅーさんの
ブログ読んで・・・・見に行こうかな?
と、思います*(o^冖^o)*
hiroponn
2007/07/01 12:38
「大風呂敷を広げすぎた」「クライマックスの直前で物語は破綻する」…。
何となく「2」を見終わった時に予想していた展開ですね、コレ (^^;;
でも☆マークということは、細かいことは抜きにして楽しめるってことでしょうか。

キースの出番が多かったら絶対に劇場へ駆けつけるんですけどね (^^;;
多分、年末の目玉としてDVDが発売されるでしょうから、それまでスルーです。
心配なのは、その頃まで「2」の内容を覚えているかどうかです。
今ならまだ大丈夫なんですけど…。
タラララ
2007/07/01 13:14
mickさん
>そのとき初めて、物語が理解できるのかもしれんね。
mickさんをイメージしながら,この記事は書き始めました♪
最初は,わかるようにあらすじを書こうと思ったのですが,あれやこれやと書き出すとだいぶ長くなりました.それで,あらすじはあきらめて,人物名等を羅列してみました!
それでも,今回は普段よりだいぶ長くなりました・・・
しゅー
2007/07/01 23:04
hiroponnさん
>2作目は、寝てしまった・・・・・・
私は,“深海の魔物”クラーケンは,まあこんなものか,と眺めていましたが・・・“死者の宝物”が埋められていた島での追っかけごっこは,結講,楽しんで鑑賞していました♪

>ブログ読んで・・・・見に行こうかな?
観て損はないと思いますよっ(^^)v
しゅー
2007/07/01 23:09
タラララさん
>キースの出番が多かったら・・・
キースの出番はあまりないですね・・・ちょうどカメオ出演のみたいな感じです!

>心配なのは、その頃まで「2」の内容を覚えているかどうかです。
この記事にもキーワードを並べてみたので,もし,よろしかったらそのときは思い出す上での補助にお使いください♪
でも,タラララさんちにも「デットマン・チェスト」の記事はあるようですから,大丈夫ではないでしょうか・・・(・・?)
しゅー
2007/07/01 23:15
||ヽ(*゜▽゜*)ノミ|Ю タダイマァ♪
“死者の宝物”・・・覚えてないし・・・
DVD借りて、もう一度ゆっくり見ます。
hiroponn
2007/07/02 11:26
hiroponnさん
>“死者の宝物”・・・覚えてないし・・・
デイヴィ・ジョーンズの心臓が入っていた宝箱だったのですが・・・
クライマックスの迫力はちょっとDVDでは無理かと思いますが,hiroponnさんも,最近,かなり劇場で鑑賞されているようですから,そんなに映画館ばかりで見てられませんよねっ・・・(^o^)
しゅー
2007/07/02 12:43
待ってました!!(*^▽^*)
私も女神カリプソの最後は『へっ?!』という感じで
期待はずれでした(T∇T)
「キーパーソン」だと思っていたので…。
しゅーさんの記事を拝見して、
私の頭の中も整理できたような気がします(^_^;

miiko-nyan
2007/07/05 01:21
miiko-nyanさん
>女神カリプソの最後は『へっ?!』という感じで・・・
そ,そのとおり・・・カリプソの怒りがどれほどのものかを期待したのですが・・・(^^);
もしかして,カリプソもジャック・スパロウと同じタイプだったのかもしれませんねっ!

ストーリーとしてはとんでもない作品でしたが,クライマックスは気に入っています.
このクライマックスを違和感なく見られるストーリーなら大満足の作品になっただろうと思います・・・
しゅー
2007/07/05 23:59
しゅーさん おはようさん〜
この映画 スケールと言う点では一級の作品でしょうね
言われてる通り、あまりに大掛かりになりすぎたました・・納得!
キーラ・ナイトレイ・・男前! そうですこの女優さん、ボーイッシュな服装が大変似合いますね ドレス姿はそれほどでもない(笑)
みどころ満載の映画でお客さんは満足して帰ったでしょうけど?
ラストまで見ない人が多いのもビックリです!
最後のシーンで エンドクレジットにもう一度!
ウィル・ターナーが・・・!(笑)
あのラストシーン・・ターナーの絵を思い浮かべました!
絵を真似たのかな??
テス(nosaman)
2007/07/11 09:03
テスさん
ひどい映画のときはエンド・ロールを見ませんが,たいていは見るのが習慣になっているので,エンド・クレジットを見逃すことはまずありません.
とくに,このシリーズはエンド・クレジット付の作品ですしねっ♪

ターナーですか・・・
ウィル・ターナーならぬウィリアム・ターナーですね.
さすがテスさん(^o^)
確かイギリスの風景画家でしたね.
この作品の最後とオーバーラップする作品とは関係ないのですが,「雨、蒸気、スピード−グレート・ウェスタン鉄道」はインパクトがありました.
さて,ラストとオーバーラップするのは・・・「戦艦テメレール号」当たりでしょうか・・・(・・?)
しゅー
2007/07/12 12:53
おひさです〜.
先日みーちゃんと「2」を見ました.あれこれ考えずに娯楽作品として見れば(事実そうですけど)面白い映画だと思います.
そういえばTDLの「カリブの海賊」が、映画人気でリニューアルされる(7/20)そうですが、大きな変更はなくて、ところどころにジャックをはじめとしたキャラクターが出てくるだけ、というウワサですが….
トースケ
2007/07/15 02:32
トースケさん,おひさで〜す♪
「デッドマン・チェスト」は,海の上でのアクションよりも,陸上でのアクションが面白かったですね.人食い人種から逃げ出すシーンとか,“死者の宝箱”が埋められていた島での宝箱の奪い合いのシーンとか・・・いかにもディズニーぽくって,これはこれで楽しめました(^^)v

東京ディズニーランドのオフィシャル・ホームページを見てきました!
キャプテン・ジャック・スパロウ,キャプテン・バルボッサ,デイヴィ・ジョーンズ等々がキャラクターとしてお目見えするようですねっ.しかし,USJのスパイダーマンに比べるとだいぶインパクトが小さいような・・・
しゅー
2007/07/15 10:26
しゅーさん、TBありがとうございます。 以前にしゅうさんの記事を見たのでTBしたかったのですが、探し方が分からないので諦めていました。 この映画、チョッと分かりづらい所もあったのですが、しゅーさんの記事を読むとそうだったのか〜となんかわかったような気がしました。
みのり
2008/08/28 18:06
みのりさん
>なんかわかったような気がしました。
そう言っていただけると非常にうれしいです♪

>探し方が分からない・・・
このブログのトップにブログ紹介がありますよね.
お気に入りベスト10があって,その下に『お気に入り映画リストはこちら』という案内があります.それをクリックするとリンクしてある映画リスト記事にジャンプします.
映画リスト記事は,このブログで扱ったすべての映画タイトルを順位をつけて並べてあります.各映画タイトルは,各タイトル記事にリンクさせてあります.
ですから,映画リスト記事のところで,検索してもらえれば,辿り着けるはずです!!
しゅー
2008/08/28 23:36
捜し方を教えていただいたので、さっそくオーシャンズにTBさせていただきました。 スパムに入ってないといいんですけど。
みのり
2008/09/05 18:17
なぜスパムに入ってしまったのでしょうね〜(・・?)
しゅー
2008/09/06 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる