気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れつつあるDVD&ビデオ鑑賞した映画(その1)

<<   作成日時 : 2007/07/28 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

以前は,劇場鑑賞した作品同様,DVD&ビデオ鑑賞した作品もメモにしていたのですが,最近はほとんどとらなくなりました.
そこで,忘れつつあるそれらの作品を,数行のメモとして,少しづつ残していくことにしました・・・

★愛しのローズマリー
☆陰陽師
★陰陽師U
★トランスポーター

+++++++++


画像
★愛しのローズマリー
SHALLOW HAL
製作年度/ 2001年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 114分
監督/ ボビー・ファレリー 、ピーター・ファレリー
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ ショーン・モイニハン 、ピーター・ファレリー 、ボビー・ファレリー
音楽/ アイヴィ
出演/ グウィネス・パルトロー 、ジャック・ブラック 、ジェイソン・アレクサンダー 、ジョー・ヴィテレッリ 、レネ・カービー
【DVD】
++++++++++
少年時代から外見の美しい女性だけを追いかけ続け,気づいてみればすっかり中年の冴えないオヤジになっていたハル.そんなハルが内面の美しい女性が美人に見える催眠術をかけられる.すると体重140キロの女性ローズマリーが,スレンダーな絶世の美女に見えるようになり,一目ぼれしてしまうというコメディ映画.
たとえ内面であっても,視覚的に美しく見える女性を追いかけたことには変わりはないし,太った女性の描写が非常に醜く,とても笑えなかった.はじめは,それでも何とかコメディとして鑑賞できたものの,ハルとローズマリーが食事をするシーンを境に,不愉快さを感じた.自分は特に太っている訳ではないけれど,こういうコメディは好きになれません・・・



画像
☆陰陽師
製作年度/ 2001年
製作国/ 日本
上映時間/ 116分
監督/ 滝田洋二郎
製作総指揮/ 植村伴次郎
原作/ 夢枕獏
脚本/ 福田靖 、夢枕獏 、江良至
音楽/ 梅林茂
出演/ 野村萬斎 、伊藤英明 、柄本明 、岸部一徳 、小泉今日子 、真田広之
【DVD】
++++++++++
夢枕獏原作の同名小説を映画化したもの.コミック,ドラマにもなりブームを巻き起こした.陰陽師とは怨霊や妖怪達の心を妖術を持って鎮める者たちのこと.その中でも,平安時代,多くの殿上人から絶大な信頼を受けていた陰陽師・安倍晴明が活躍する物語.
安倍晴明を演じた野村萬斎の立ち居振る舞いは実に美しい.さらに彼の声がまた魅力的.これが,狂言師という伝統芸能の底力なのだろうか.一方.悪役,陰陽頭の道尊(蘆屋道満)を演じたのは真田広之.こちらも,凄みのある力強い演技で対抗していた.この二人が登場するシーンは非常に締まって見えた.特にラストの対決は見応えがあった.
しかし平安時代の風情はほとんど感じられない.また怨霊たちを描写したVFXも安っぽく,作品の雰囲気を台無しにしていたのが惜しまれます.



画像
★陰陽師U
製作年度/ 2003年
製作国/ 日本
上映時間/ 115分
監督/ 滝田洋二郎
製作総指揮/ 植村伴次郎
原作/ 夢枕獏
脚本/ 夢枕獏 、滝田洋二郎 、江良至
音楽/ 梅林茂
出演/ 野村萬斎 、伊藤英明 、今井絵理子 、中井貴一 、深田恭子 、古手川祐子 、市原隼人 、鈴木ヒロミツ 、山田辰夫 、伊武雅刀
【DVD】
++++++++++
ヒットを記録した「陰陽師」の続編.平安時代を代表する陰陽師・安倍晴明が都で起きた鬼騒動を解決する物語.
本作でも陰陽師・安倍晴明役を演じた野村萬斎は頑張っているものの,敵役・幻角を演じた中井貴一に迫力が感じられない分,作品全体がレベル低下したように感じられた.どうも中井貴一は善人役ではいい味を出す俳優だが,悪人役をやらせると凄みがなく面白みがない.改めて,真田広之の演技の上手さを痛感する.
物語的には,風呂敷を拡げたわりに,こじんまりと終結してしまい,ちぐはぐ感を覚えた.セットや演出は前作以上に安っぽい.さらに,目玉となるはずの野村萬斎の舞いも撮り方が災いして,あまり美しく見えませんでした.



画像
★トランスポーター
THE TRANSPORTER
製作年度/ 2002年
製作国/ アメリカ,フランス
上映時間/ 93分
監督/ ルイ・レテリエ 、コリー・ユン
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ リュック・ベッソン 、ロバート・マーク・ケイメン
音楽 /スタンリー・クラーク
出演/ ジェイソン・ステイサム 、スー・チー 、マット・シュルツ 、フランソワ・ベルレアン 、リック・ヤング 、ダグ・ランド 、ディディエ・サン・メラン
【DVD】
++++++++++
リュック・ベッソンが脚本を書いたヒーローものアクション映画.
ジェイソン・ステイサム演じるフランクはワケありの依頼品をクライアントの注文どおりに届けるプロ運び屋.その人間像はストイックなタイプで,“契約遵守”,“名前を聞かない”,“依頼品を開けない”が彼の信条.
前半のつかみはバッチリ.フランクという男とその職業を説明する前半のシークエンスは,スピーディーでテンポも良く爽快.ところが,後半になるとストーリーにも演出にもメリハリがなく,1時間半の作品にも関わらず非常に長く感じられた.
けれども,その続編の「トランスポーター2」は,徹底したおバカなアクション映画に仕上がっており,十分に楽しめる作品でした.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「陰陽師」は原作の小説とは切り離してみても、
野村萬斎さんの立ち居振る舞いの美しさが残るだけで、
ちょっと・・・・な感じでしたね。

陰陽師の戦いを描きたいなら、
もっと「大魔神」みたいにマンガちっくにしてしまった方がいいように思いました。(^^)

「愛しのローズマリー」はまったく知りませんでしたが、しゅーさんが好きになれないような映画をぜひ観てみたいと思いました。(^^)




ことの
2007/07/28 22:40
ことのさん,おっはようさん♪
>野村萬斎さんの立ち居振る舞いの美しさが残るだけで・・・
野村萬斎もさることながら・・・この作品と「ラストサムライ」で一気に真田広之が好きになりました♪
・・・原作の「陰陽師」ファンであることのさんにとっては,さぞかし,残念だったことでしょうね・・・

>しゅーさんが好きになれないような映画をぜひ観てみたい・・・
あの〜,好きになれない映画はいっぱいありますよ〜!
なにしろ,好き嫌いがかなり激しい性分ですから・・・
ちなみに,「愛しのローズマリー」は,世の中,一般では結講評判も良く,感動する人もいるようです・・・(^^);
しゅー
2007/07/29 07:18
(* ^ー゚)ノコンニチハ
愛しのローズマリーは、DVDで見たような
気もするのですがあまり覚えてないので。。。
再度鑑賞してみようかと、思ってますた。

陰陽師はみましたよ。Uは見てないですね。
何だか、グロテスクで。。。Uを見る元気が
ありませんでしたが、今度見てみたいです。。。

トランスポーターは、面白かったですよね。
ジェイソン・ステイサムは、最近お気に入りです。
アドレナリンを上げろ!!だったかな?
これを、見るのが楽しみなんですよ〜〜
o(^-^)oワクワク
hioponn
2007/07/29 10:21
私はコメデー好きなので
きっと好きかも^^
結構話題になっていましたよね
プールに飛び込むシーンとか

「メリーに首っ丈」も好きなんだなぁ〜
特に旦那が^^
野沢菜っ葉。
2007/07/29 12:20
「陰陽師」は野村萬斎と真田広之を見るための映画ですね。
あと、岸部一徳の帝も良かったです。
でも「2」はレンタルをする気にもなりません (^^;;

やっぱり「トランスポーター」はイマイチですよね。
スー・チーは可愛かったのですが…。
「1」を見ていたので「2」は見る気が起こらないんですが、面白いのならレンタルでもしてみましょうか。

ファレリー兄弟の映画は「メリ首」が全然ダメだったので、他は見ていません。
下ネタ系のおバカ映画は大好きなんですが、「メリ首」はクスっとも笑えませんでした。
どうやら自分とは笑いのポイントがズレてるようです (T_T)
タラララ
2007/07/29 16:47
こんばんは。
ミーハーなので、
真田さんはデビュー当時、とてもカッコよくて好きでした。(^^)

タラララさんが言うように、
岸部一徳さんも良かったですね。

涙のポイントはそれほど違わない気がしますが、
笑いのポイントは人によって全然違うんですね。
(^^)


ことの
2007/07/29 20:26
hioponnさん
陰陽師U・・・見なくて良いと思いますよっ!深キョンファンならいざ知らず,それ以外の方は,あまり楽しめないだろうと思いますので・・・

>トランスポーターは、面白かったですよね。
Tが面白かったのでしたら,Uはもっと面白いかもっ.
ただし,頭を空っぽにして見てくださいねっ♪

ジェイソン・ステイサム・・・ブルース・ウィルスの後継者になるのではっ!
しゅー
2007/07/29 23:53
菜っ葉ちゃん
愛しのローズマリー・・・プールに飛び込むシーンとか・・・
はい!ローズマリーとハルがボートに乗ると,バランスが取れなくなるんですよっ.
それで,たしかボートが転覆するシーンが印象的です.
菜っ葉ちゃんの言うプールに飛び込むシーンはこのことかもっ♪

自分もコメディが大好きなタイプなんですけどねっ・・・(^^);

・・・旦那がメリーに首っ丈なのですねっ(^o^)
しゅー
2007/07/30 00:00
タラララさん
>やっぱり「トランスポーター」はイマイチですよね。
はじめは快調だったのですが,途中から,迷走してしまってましたねっ.
スー・チーでさえも邪魔に感じてしまったほどです・・・(^^);
でも,スー・チーが嫌いなわけではないんですよっ!
ホウ・シャオシェンの「百年恋歌」では,演技の上手い女優さんだなっ,と思ったくらいですから・・・
Uは,Tと違って,お話も映像も突き抜けています.おバカ映画が好きな自分には嵌りました(^^)v
しゅー
2007/07/30 00:11
ことのさん
>真田さんはデビュー当時、とてもカッコよくて好きでした。(^^)
もしかしたら,つんつんさんも,真田広之タイプなのかなっ・・・むふふっ(^o^)

>笑いのポイントは人によって全然違うんですね。
確かにそうですねっ!

>涙のポイントはそれほど違わない・・・
自分は,悲しい映画ではあまり泣けません.
むしろ,うれしくなるようなシーンで涙がこみ上げてきます!
これを人は“感動”という・・・(・・?)
しゅー
2007/07/30 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れつつあるDVD&ビデオ鑑賞した映画(その1) 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる