気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」メモ

<<   作成日時 : 2007/08/26 06:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
製作年度/ 2007年
製作国/ イギリス&アメリカ
上映時間/ 138分
監督/ デヴィッド・イェーツ
製作総指揮/ デヴィッド・バロン 、ライオネル・ウィグラム
原作/ J・K・ローリング
脚本/ マイケル・ゴールデンバーグ
音楽/ ニコラス・フーパー
出演/ ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 、ヘレナ・ボナム=カーター 、マイケル・ガンボン 、イメルダ・スタウントン 、ゲイリー・オールドマン 、アラン・リックマン 、イヴァナ・リンチ 、マギー・スミス 、エマ・トンプソン
【映画館】
++++++++++
原作の最終巻が出版された“ハリーポッター”シリーズの第5弾「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」.これまでも,しっかりではないかもしれないが,ずっと見続けてきた作品.劇場で見たのは,前々作アルフォンソ・キュアロン監督の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に続き二度目でした.

ダーズリー家で肩身の狭い思いをしながら魔法学校ボグワーツの新学期を心待ちにするハリー・ポッター.
そんな,ある日,ハリーとダーズリー家の長男ダドリーは,なぜか魔法界にあるアズカバン刑務所の看守ディメンターに襲われる.呪文を唱えてディメンターを追い払ったハリーだったが,人間の前で魔法を使ったことでボグワーツを除籍されそうになる.それは,“闇の帝王”ヴォルデモートが復活したと主張するハリーの存在を煙たく思う魔法省の措置だった.それでも,ボグワーツの校長ダンブルドアにより,ハリーは何とかボグワーツの5年生として魔法界に戻る.
ところが,そこでハリーを待ち受けていたのは,人間界と同じような白い眼線.ヴォルデモートの件はハリーの作り話であると決め付けるボグワーツの生徒たち.すっかり孤立したハリーには,親友のロンやハーマイオニーの心配する気持ちすら届かなくなる.
そんな折,ボグワーツにドローレンス・アンブリッジなる女性教師が赴任する.魔法省がダンブルドアとハリーを監視する目的で送り込んできた人物.ハリーは彼女の存在によりさらに厳しい状態に晒されるのですが・・・

ファンタジックな雰囲気をきちんと踏襲し,相変わらず,このシリーズは映像的に高いクオリティを保持.手紙がしゃべる,マンションが広がって入り口ができる,紙飛行機がまるで鳥のように飛ぶ等々のVFXも面白い.
ハリーを演じるダニエル・ラドクリフら主要メンバーの他,マギー・スミス,エマ・トンプソンらや新たに加わったヘレナ・ボナム=カーターなど出演者も非常に豪華.
しかし,ハリーの活躍するシーンは少ない.かわりに彼の青年への成長過程で遭遇する苦悩,葛藤および苛立ち,そして友情を描き,その一方で,そんな彼を温かく見守る周囲の大人たちの姿を描いた作品でした.

この映画でもっとも目立ったのは,いつもピンクの洋服を着ている女性教師のアンブリッジ.
一見にこやかなのだが,やることは卑劣で横暴.すべてが自分の思い通りにならないと気が済まないらしい.アンブリッジ役を演じたイメルダ・スタウントンのコミカルながらも憎々しく感じさせる演技が,この作品の前半の流れを作っている.
後半では,魔女べラトリックスを演じたヘレナ・ボナム=カーター,シリウス・ブラックを演じたゲーリー・オールドマンの存在で,物語の中心となるはずのヴォルデモートが霞んで見えた.最後のランブルドア校長とのバトルで何とかその存在を誇示することができた程度.それくらいヘレナの魔女役はまさに嵌まり役で,強く印象付けるものでした.

作品全体をとおして,VFXを上手く取り込んで夢のあるシーンが随所に散りばめられていたが,初期のころに比べると,明るさのある美しいシーンが少なくなったような気がする.それでも,テームズ川に沿って,ほうきで飛行するシーンや,ロンの双子の兄達が大暴れするシーンなどは,ハリーポッターならではの心弾むシーンだった.
ところが,森に住む大男のシーンはちょっと不可解.角度によって,あるいはショットによって縮尺がまちまち.このシリーズの映像は,本作も含め,これまで非常に完成度が高かっただけに,非常に違和感を覚えた.

内容的には,初期の作品のコミカル感や爽快感はだいぶ影を潜めている.本作では全編をとおして,ハリーの苦悩する姿が描かれているが,映画として必ずしも成功しているとはいえない.青春映画としては,内容的にも,演出的にも物足りなさを感じた.前作でかわいいハリーからちょっと青年っぽいハリーに成長したダニエル・ラドクリフだったが,本作では期待したほど成長していない.ハーマイオニーとロンは,また一回り成長していただけに,ラドクリフの成長具合もまた物足りなく感じた一因になっているのかもしれませんね.

次回作では,きっと,もっと成長したハリーが見られることでしょう.魔法の世界で繰り広げられる青春映画はどんな仕上がりをみせるのでしょうか.なんだかんだ言っても,おそらく,最後まで付き合ってしまうシリーズなのかなっ・・・


ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団@映画生活

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
以前、「最悪なTシャツ」ということで、
ハリーポッターの結末がプリントされているTシャツが発売されたというニュースがありましたね。

「結末が書かれているので、
知りたくないファンの方はクリックしないでください。」とありました。
そんなにファンでない私はもちろんクリック。
そして、大ファンである会社の後輩をそれをネタにいじめています。
(^^)
ことの
2007/08/26 22:25
ことのさん
>ハリーポッターの結末がプリントされているTシャツ・・・
なんとも悪趣味なTシャツですねっ!
私は幸いにもまだ見ていません・・・
でも,だいだいこんな感じ・・・という結末のイメージはあります.
果たして,正解かな〜どうなんだろう(・・?)

>・・・それをネタにいじめています。
ことのさんは,かまってもらいたくて女の子をいじめる小学生の男の子みたい・・・えへへっ♪
まあ,ことのさんらしいかもっ!
おそらく,フォローも抜かりないんでしょうけどねっ・・・(^o^)
しゅー
2007/08/27 01:40
あれ? これ5作目でしたっけ。
一応、前作見ているんですが、どれがどれなのか区別がつかなくなって…。

相変わらず特撮は面白そうですね。
DVDを楽しみに待ちましょう (^^;;
タラララ
2007/08/27 17:57
タラララさん
>一応、前作見ているんですが・・・
前作といえば,「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(・・?)・・・なははっ♪
タラララさんに限っては,やはり全作ですねっ!
・・・そうなんですよ.もう5作目.シリーズ物としてかなりヒットしたということでしょう.
思うに,はじめから本作や前作のような作品だったら,こんなに続かなかったではないでしょうか.やはり,クリス・コロンバスの1,2作のイメージが大きいのだと思います.

個人的には,これまでの中で,劇場で観たせいもあって,アルフォンソ・キュアロン監督の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が好きです・・・

VFXもよかったですが,ヘレナ・ボナム=カーターがばっちりでした(^^)v
しゅー
2007/08/27 23:58
こんにちは
そういえばこれ観に行ったんですよ。
忘れるほどの映画って?

ゲーリーが出てくる戦いシーン。
まってましたとばかりにジャジャ〜ンと
正義の味方が現れるのですが、
悲しい結末になってしまうのは
大人っぽい映画になってきたということなのでしょうかね。

ちょっとホラーちっくになってきたみたいで
お子ちゃまには怖いかもしれないですよね。

次回作、きっとあたしも観に行きますw
タ〜コ
2007/08/28 13:42
ドビーのストラップまだありますか?
ありがとう。
ノグっチ
2007/08/28 18:36
全体に暗い感じで、うきうきするようなところがなかったように思いました。 豪華な配役でしたが、子供たちが中途半端なので、可愛いとはいえないし、凛々しいともいえなくて、もう少し大きくなると魅力的になるのかなと期待しています。
みのり
2007/08/28 23:10
ターコさん,久しぶりです♪
>ゲーリーが出てくる戦いシーン。
ゲーリーファンのターコさんにとっては,ちょっとゲーリーの死に方はあっけなかったのではっ!
思えば,レオンの頃の狂気はなくなりましたが,この映画でのゲーリーは渋くて格好良かったです(^o^)
ああいう風に歳をとれるといいんですけどねっ・・・(^^);

>お子ちゃまには怖いかもしれないですよね。
そうそう,お子ちゃまには怖いばかりでなく,内容的にもよく判らないと思います.
初期の頃とは,だいぶ変わりましたね〜.
ハーマイオニーはきれいになりましたっ(^^)v
しゅー
2007/08/29 00:23
ノグっチさん,ようこそっ♪
>ドビーのストラップまだありますか?
はいっ,もちろんありますよっ!

この作品以外のハリーポッターもご覧になりましたか・・・(・・?)
1,2作目の頃とは,だいぶ内容が変わりました.
原作もさることながら,映画のハリーポッターシリーズが大ヒットしたもの納得できると思いますよっ(^o^)
しゅー
2007/08/29 00:31
みのりさん,こんばんは!
>全体に暗い感じで・・・
このシリーズはどんどん暗くなっていますねっ!
とくに本作の最後のクライマックスは,ちょっと,ハリーのカラーとは違うようにも思いました.Xメンとかのアメコミの世界になってしまいました.

アンブリッジ先生を退治するシーン,テームズ川の上を飛ぶシーンなんかは,ハリーポッターの世界だったのですが・・・

さて・・・
>子供たちが中途半端なので、可愛いとはいえないし、凛々しいともいえなくて・・・
そうなんですよね〜.魅力的なファンタジーからの脱皮を意図しているのでしょうが,どうも,青春映画としては物足りない作品でした(^^);

ラドクリフがもう少し青年らしくなることを期待しています♪
しゅー
2007/08/29 00:40
で、
元気にしてますか?
(^^)

ことの
2007/09/11 22:52
ことのさん,こんばんは
>元気にしてますか?
ちょっと,家を空けていました!
本当は,行く前に,独り言のところに書き込んで出かけるつもりだったのですが,それすら時間が取れない状況で・・・
ことのさんに断りもなく,出かけてしまいました.
現在,ボロボロの状態ですが,取りあえず生きてますよ♪
しゅー
2007/09/16 01:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる