気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」メモ

<<   作成日時 : 2008/02/10 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 33

画像
SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
製作年度/ 2007年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 117分
監督/ ティム・バートン
製作総指揮/ パトリック・マコーミック
原作/ クリストファー・ボンド
脚本/ ジョン・ローガン
音楽/ スティーヴン・ソンドハイム
出演/ ジョニー・デップ,ヘレナ・ボナム=カーター,アラン・リックマン,ティモシー・スポール,サシャ・バロン・コーエン,エド・サンダース,ジェイミー・キャンベル・バウアー,ローラ・ミシェル・ケリー,ジェイン・ワイズナー
【映画館】
++++++++++
ティム・バートンとジョニー・デップの6作目となる作品.
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」はスティーブン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーによる同名のブロードウェイ・ミュージカルを映画化したもの.その舞台の作詞・作曲を手がけたスティーヴン・ソンドハイムの承諾,協力のもとに完成した作品のようです.

19世紀のロンドン.
15年ぶりにベンジャミン・パーカーがフリート街へ戻ってきた.
彼はロンドンの街で腕の良い理髪師として,妻ルーシーと生まれたばかりの愛娘ジョアナと伴に幸せな生活を送っていた.しかし,パーカーの妻に横恋慕したタービン判事に無実の罪をきせられ流刑の身になっていた.
彼が住んでいた二階建ての建物の一階で,世界一不味いパイ屋を営むミセス・ラビットから,その後の妻子の様子を聞かされる.タービン判事から辱めを受け服毒自殺を図った妻のこと,タービン判事が残された娘の後見人になっていること.
ベンジャミン・パーカーはスウィニー・トッドと名前を変え,自分たち夫婦をこのような状態に追いやったタービン判事への復讐を誓うのですが・・・

深紅の血が大量に流れ出し,それをひたすらカメラが追うオープニング・タイトル.そして物悲しい音楽.R15にも指定されており,どんなホラー・ミュージカルに仕上がったのかと期待を膨らませた.
全編ミュージカル仕立てのホラー映画で,ロマンチックな作品ではないのに,ティム・バートンとジョニー・デップによる「シザー・ハンズ」と同じ雰囲気を感じさせる作品だった.
過去の想い出を引き摺りながら復讐に燃えるスウィニー・トッド,彼に想いを寄せるミセス・ラベット,トッドの妻を好きになり,そして成長したトッドの娘にも恋してしまうタービン判事.彼等の想いは決して叶わぬもの.それぞれの立場で抱く想いが絡み合い,切なさを漂わせていました.

しかし,復讐心に流されなければ娘の父としてやり直す道もあったはず.
もし,もっと早くにトッドがミセス・ラビットの店の廻りをうろついていた物乞いの女に出逢っていたら,トッドがもっと早く復讐を成し遂げていたら,という二つの偶然を強く意識させる脚本と演出は見事.

確かに,深紅の血があたり一面に飛び散るシーンが多く,R15指定にも頷ける作品だが,コミカルな味付けも印象に残る.パイ屋の二階で始めた理髪店の椅子と床を改造し,次々と散髪に来た客をリズミカルに血祭りに上げるシーンは,この作品の雰囲気を象徴していた.

屋根裏部屋で月明かりを浴びるスウィニー・トッドの白塗りの顔.20年の歳月を経た“シザーハンズ”の姿にも思えた.彼はほとんど笑わない.憎きタービン判事に髭剃りの刃を向けるときだけニッと微笑む.憎しみと悲しみが全身を覆う.それでいて,どこかユーモラス感が漂っていた.

ジョニー・デップの歌は取り立てて上手いとは思わないけれど,骨太の味のある歌声を披露していた.パイ屋の女主人ミセス・ラベットを演じたヘレナ・ボナム=カーターの美しい歌声に驚かされた.タービン判事を演じたアラン・リックマンの歌声は実に魅力的.そして,デップとリックマンのデュエットはこの作品の見どころの一つになっていました.

理髪店は男たちが無防備になるところ.髭を剃るとき,理髪師に咽喉元を突き出すのだから,本来ならば警戒しなければならないはず.しかし,自分は気持ちが良くて,大抵,夢うつつの状態になる.もし,理髪師が殺意を持っていたらどうなるか,というのが物語のアイディアだったのかもしれませんね.

ティム・バートンの最近の作品「チャーリーとチョコレート工場」や「コープスブライト」もかなりミュージカルの色彩が強いものでしたが,本作はまさしくミュージカル.その上,古くからのファンの期待も裏切らない作品だと思います.ただし,ホラー映画やスプラッター映像の苦手な方は覚悟が必要な作品かなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
[シザー・ハンズ」見ました。見てて悲しかった事を思い出します。
この映画もたぶん・・・泣くかな?
でも見てみたいですね。物乞いの女・・気になります。
ジョニーは色んな側面を持ってますが、それぞれの映画の中の役に
なりきってますよね。そこが好きですよ♪

やっぱ・・・泣くだろうな〜〜〜

スー
2008/02/10 21:19
この映画、公開されてすぐに観ました。
もう1度観たい作品の一つです。
DVDが出たらすぐに買うのだろうな・・・。
七代目
2008/02/10 22:13
スーさん
>この映画もたぶん・・・泣くかな?
その前に,血しぶきがいっぱいのホラー映画をスーさんが好きかどうかが問題ですね.

>物乞いの男・・・右や左の旦那様・・・哀れな乞食にたくさんのお金をお恵み下され〜!!
しゅー
2008/02/11 00:18
七代目さん・・・懐かしゅうございます・・・(^o^)
>この映画、公開されてすぐに観ました。
ご覧になられましたか・・・ティム・バートン全開の作品でした♪
でもチャリチョコからバートン作品を観た人,パイレーツからジョニー・デップのファンになった人は,かなり面食らったのではないでしょうか(・・?)

>DVDが出たらすぐに買うのだろうな・・・。
自分は作品もさることながら,特典映像に興味があります(^^)v
しゅー
2008/02/11 00:27
そうですよね。
言われてみれば、髭剃りの時は完全に無防備な状態です。
いつも行っている散髪屋のオヤジさんが自分に殺意を抱かないことを願いましょう。

>リズミカルに血祭りに上げるシーンは,この作品の雰囲気を象徴していた
このシーン、大好きです。
歌が切ないバラードのラブソングというミスマッチが、また何とも言えません。

この映画、バートンやデップの古くからのファンなら驚かないでしょうが、最近ファンになった人は戸惑ったでしょうね。
自分が見た時は女性同士やカップルの観客が多かったので、終わった後に微妙な空気が流れていましたよ (^^;;
タラララ
2008/02/11 02:54
タラララさん
>歌が切ないバラードのラブソングというミスマッチが、また何とも言えません。
映像,音楽ともバートンの腕の見せどころのシーンでした.
好きなシーンの一つです(^o^)

>自分が見た時は女性同士やカップルの観客が多かったので・・・
自分の観た映画館では,上映中に笑いが漏れてました.
自分も上映中にクスッとしました♪
しゅー
2008/02/11 08:28
血しぶきがいっぱいのホラー映画を
スーさんが好きかどうかが問題ですね.

ダメ・・・見れないわ・・・
シザー・ハンズは無かったでしょ?
だから見れましたけどね。
パイレーツを見るかな?
スー
2008/02/11 14:14
スーさん
残念ですが,血しぶきがダメな方にはお薦め出来ない映画です!
この作品を観るのは,止めた方が良さそうですねっ.

シザーハンズ……
こちらもハサミで切れたところから血がでるシーンはありましたが,↑とはだいふ違います.子供にも観せたくなるような作品でしたから…(^o^)/
しゅー
2008/02/11 18:49
パイレーツも家族揃って楽しめる作品ですねっ!
特に1&2は楽しいファミリー向け映画で〜す.
しゅー
2008/02/11 18:59
しまった、乗り遅れた! バートンファンなら見るしかないですよね.う〜ん、この3連休ぼーっとしてないで映画館行けばよかった….
これ、めずらしく音楽がD.エルフマンじゃないですね.何か理由があったんでしょうか?
トースケ
2008/02/11 21:31
トースケさん
バートンファンなら,当然,抑えておきたい一本です♪
ただし,みーちゃんとは,間違っても一緒に行かないように・・・

>D.エルフマンじゃない・・・
ブロードウェイの巨匠と言われるスティーヴン・ソンドハイムが,この映画のために自ら修正を加えたようですから,D・エルフマンの出番はなかったようです.もしかしたら,バートンがこの映画を製作するための条件だったかもしれませんねっ(・・?)
しゅー
2008/02/11 23:19
ミュージカル・ホラー・コメディかもしれないけど、これってそんなに残酷さはなかったように思います。 汚いものを美しいと感じさせる映像が良かったですね。
みのり
2008/02/12 00:29
みのりさん
>残酷さはなかったように思います。
なるほど,自分も残酷という言葉は浮かびませんでしたっ!
でも,ホラー系を見慣れている人とそうでない人では,感じ方がかなり違うようです.
血しぶきが多く描写されているだけで,たとえコミカルであっても,ダメな方も結構いるようですから・・・
しゅー
2008/02/12 12:29
しゅーさん こんばんは〜
この映画と「アース」をどちらを先に見ようかと?と思って・・
アースを見ました!(笑)
この映画・・しゅーさんのコメントを読んでると見たくなりますよん!

>髭を剃るとき,理髪師に咽喉元を突き出すのだから・・
私は映画「髪結いの亭主」じゃないけど、理容師の奥さんにひげを剃ってもらうのが好きですね!(笑)
テス(nosaman)
2008/02/13 17:22
テスさん
>この映画・・しゅーさんのコメントを読んでると見たくなりますよん!
おそらく,テスさんならば,楽しめる作品ではないでしょうか(・・?)
お薦めです♪

>理容師の奥さんにひげを剃ってもらう・・・
やっぱり,野郎よりも,女性の方が良いですか.
身も心もリラックスした状態で,髭剃り・・・気持ちよさそうですね〜(^^)v
しゅー
2008/02/13 19:06
おはようございます♪
アレから忙しくてDVD見てません・・・
今日はひまが在りそうなので見たいです♪

何かと主婦は用事が在るので・・・
スー
2008/02/14 10:34
スーさん
>今日はひまが在りそうなので見たいです♪
さて,何を見るのかな〜(・・?)
自分はキアヌの出演作品は,スピードぐらいなのですが・・・恋愛適齢期という映画にも彼が出演していました.
他の作品とは別のキアヌが見られるかもっ(^o^)
しゅー
2008/02/14 12:43
血しぶき・・・・・退室します! ^m^
ツヨポン
2008/02/14 14:31
>血しぶき・・・・・退室します! ^m^
水しぶきならば,入室しますかっ・・・(^o^)
しゅー
2008/02/14 17:37
>水しぶきならば,入室しますかっ・・・(^o^)

アハハハハ♪水も滴る良い女登場〜〜〜〜〜!!!
って、誰も居ないか・・
しゅーさん、本番に弱い息子ですが、
如何なもんでしょうか???
普段は良いんですが、本番が・・・・
抜けてるんです・・・心配だわ(−−)
スー
2008/02/14 18:49
スーさん
いよっ,水も滴る良い女♪
・・・
>しゅーさん、本番に弱い息子ですが、
今までの書き込みを読む限りでは,スーさんの御曹司は,本番に弱いというよりも,単なるオッチョコチョイかな〜と感じたのですが・・・
それに,いずれにしても・・・
自分も,抜けているし,本番にも強いほうではありませんが・・・この歳になるまで,こんなに元気に生きています(^o^)
大丈夫ですよっ!!!!!
しゅー
2008/02/15 12:15
おはようございます♪

>スーさんの御曹司は,本番に弱いというよりも,単なるオッチョコチョイかな〜と感じたのですが・

やっぱり・・・そう思う?そうなのよね・・
でも、書き込み読んでてくれてありがと♪
嬉しかった♪
しゅーさんみたいに元気に過せる事を期待しましょう♪
では、主婦しま〜〜〜〜す、感謝〜〜〜ルンルン♪
スー
2008/02/16 08:38
スーさん
>こんなに元気に生きています(^o^)
あっ,これって,かなり失言かもっ(^^);
自分は,最近はあちこち壊れだしてきたし,いまだに煩悩多き40代.
正解は,こうやって,なんとかジタバタしながら生きています・・・ですねっ!

・・・なので,御曹司は自分のようにならないことを期待しましょう♪
しゅー
2008/02/16 12:31
こんにちは(’〜’)/
私も、この映画見ました!!
ホラーのような〜〜オペラで、映像は全体的に
モノトーンで、暗い印象でした。
残酷なのに、暗くない不思議な映画でしたよ。
シザーハンズが、彼の映画では一番好きです。
娘は、チャーリーとチョコ・・・が好きみたいです。
σ(・・*)アタシ的には、いまいちでした〜〜
hiroponn
2008/02/17 16:00
>煩悩多き40代.
 御曹司は自分のようにならないことを期待しましょう♪

どっちやねん・・・・正反対ですね、将来が・・・

老後を見てもらわないと困るので・・・
どちらかと言うと、最初の方が良い様に感じますが。
スー
2008/02/17 19:13
hiroponnさん
>残酷なのに、暗くない不思議な映画でしたよ。
残酷さよりも,切なさを押し込めた作品でした.
そういう意味では,「シザーハンズ」とよく似た作品だったと思います♪
白く塗った顔は,まさにシザーハンズ・・・くりいむしちゅーの有田にもかなり似ていましたが・・・
しゅー
2008/02/17 19:51
スーさん
>どっちやねん・・・・正反対ですね、将来が・・・
え〜,お金はないけどそれなりに生活しています.
年齢相応に壊れてきてるけど,特に病気はしてないし・・・薄いけど・・・(^^);
それから,悩みなんてなくなる訳ないじゃないですかっ・・・賢人でない限り・・・(^o^)

まあ元気に過ごしてるけど,御曹司君が,自分のようになっても良いのかな〜(・・?)

>老後を見てもらわないと困るので・・・
えっへん,これからの時代,子供を当てにするのは無謀かもっ!!
しゅー
2008/02/17 20:48
こんばんは!
やっと観ました〜(^^)

あらためてしゅーさんの記事を読んで、
いつもながらにあまりにも的確で素晴らしくて、ため息が出ちゃいます〜☆

>ホラー映画やスプラッター映像の苦手な方
これ、私全く逆でした!
結構好きなほうなので、
先にR15指定って知っちゃうと、
どんだけすごいんだろうってワクワクしちゃうんですよね・・
でも、言うほど残虐なシーンもグロテスクなシーンもなくて、
ちょっと拍子抜けって感じでした(^^;

私、ミュージカルを映画化した物だって知らなくて・・
「映画」と思って観るよりも、「ミュージカル」と思って観たほうが楽しかったかな?って気がしました(^^)
やんやん
2008/07/07 22:47
やんやんさん
>言うほど残虐なシーンもグロテスクなシーンもなくて・・・
残酷なシーンを見慣れていない人にとっては,かなり残酷に感じるようですよっ!!
まあ,どちらかといえば,自分もやんやんさん同様,見慣れているほうなのでしょうね〜
残酷さよりも,悲しみがよく伝わってくる作品だと思いました(^o^)

>ミュージカルと思って観たほうが・・・
これまでの作品でも,かなりミュージカルを意識していたと思うのですが,この作品は前編ミュージカルでしたね!!
しゅー
2008/07/08 12:50
>残酷さよりも,悲しみが・・
全くその通りで!!!
なので余計、どよーんと悲しくなって終わってしまいましたー(^^;

言われて見ると、確かにこのコンビってミュージカル系多いですよね〜
舞台で見れたらまたステキなんでしょうね(^^)♪
やんやん
2008/07/08 21:58
やんやんさん
>確かにこのコンビってミュージカル系多いですよね〜
おそらくティムの好みなのでしょう!!
もちろん,バットマンとか,猿の惑星とか,そうでないものもありますが,ミュージカルっぽい作品が多いですね.
ジョニー・デップは出演していない,「ビッグ・フィッシュ」もそんな感じの作品でした・・・

このコンビ・・・次はどんな映画をつくるのでしょう・・・(・・?)
しゅー
2008/07/09 12:38
「ビッグ・フィッシュ」もよかったですね!
ふわふわしたファンタジー見たいな感じで(^^)
結構好きだった記憶が♪

私、もうそろそろ、
「ギルバート・グレイプ」みたいな、
シリアスな感じの、普通に人間臭いジョニーデップ見たいです・・
このコンビじゃ無理かな(笑)
やんやん
2008/07/10 02:15
やんやんさん
>このコンビじゃ無理かな(笑)
そうですね〜.おそらくそれは無理でしょう・・・
普通な作品なら,デップは引く手あまたでしょうし,なにもバートン作品に出演する必要はないのではないでしょうか・・・
やはり,デップにとって,新しい自分を発見できるから,バートン作品へ出演するのが無性に楽しいのでは・・・(・・?)
しゅー
2008/07/10 12:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる