気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「モンテーニュ通りのカフェ」メモ

<<   作成日時 : 2008/06/05 02:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
AVENUE MONTAIGNE
製作年度/ 2005年
製作国/ フランス
上映時間/ 106分
監督/ ダニエル・トンプソン
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ ダニエル・トンプソン,クリストファー・トンプソン
音楽/ ニコラ・ピオヴァーニ
出演/
セシル・ドゥ・フランス,ヴァレリー・ルメルシェ,アルベール・デュポンテル,クロード・ブラッスール,クリストファー・トンプソン,ダニ,ラウラ・モランテ,シュザンヌ・フロン,シドニー・ポラック
【映画館】
++++++++++
一部の映画館を除いて,フランス映画が上映される機会はめっきり減りました.せいぜいリュック・ベッソン絡みの作品が上映されるくらいでしょうか.この作品も,ミニ・シアターで細々と上映されていたものです.

パリ8区.高級ブティック,ホテル,劇場あるいはオークション会場が立ち並ぶモンテーニュ通りにある由緒あるカフェ“カフェ・ド・テアトル”.
そこは,連日,舞台や映画の関係者,美術収集家,ブティック,ホテルや劇場で働く人たちで賑わっている.

ある日,若い頃,パリの名門ホテルに働いていたという祖母の想い出話に憧れ,若い女性が田舎町からパリに上京する.彼女の名前はジェシカ.
“カフェ・ド・テアトル”にやって来て,マネージャーにギャルソンとして働かせてほしい頼み込む.
本来ならば,決して女性の給仕を雇わない由緒ある“カフェ・ド・テアトル”.
けれども,三日後,世界的に有名なピアニストのコンサート,有名な美術収集家のオークション,さらにはTVドラマで活躍する女優が主演する舞台の初日が重なっていたため,マネージャーは背に腹は変えられぬと彼女の採用を決めた.

カフェを利用する様々な人たち.その中には,三日後の主役の三人もいる.
TVや雑誌でしか知らなかった有名人.ギャルソンとなったジェシカは,そんな人たちを目の当たりにしてうれしくて仕方がない.彼女にとってカフェは自分の憧れを満たしてくれる大切な場所となった.

憧れのパリの風景を堪能し,カフェの訪れた様々な人たちと言葉を交わし,パリで生活する人たちの姿を垣間見る.
さらに,華やかな有名人たちの舞台裏の姿にも触れる.
自分の演奏活動に疑問を抱いているピアニストのジャン=フランソワ.
時間切れとなる自分の人生を見つめ,愛蔵品の多くを手放そうとする美術収集家のジャック・グランベール.
TVドラマでのキャリアに満足できず,今回の舞台の役柄もお気に召さない女優のカトリーヌ・ヴェンセン.
三人三様,悩みを抱えつつ三日間を過ごし,そして運命の日が訪れるのですが・・・

好奇心旺盛な若い女性の目を通して,パリの一等地に店を構えるカフェに集う人々の姿を描いた作品.
ダニエル&クリストファーのトンプソン親子の脚本が実に良い.
カフェに集う人々の幸せ感や悩む様子を,味わいを残しつつ軽妙なタッチで綴られている.
また,小粋でユーモアに溢れている数々の台詞が作品全体に散りばめられていた.
ビノシュ,ベルッチあるいはスコセッシなどの個人名が次々と飛び出す人気女優のカトリーヌの会話には思わず笑った.

主人公ジェシカを演じたのは,ブロンドのショート・ヘアーに笑顔がとてもチャーミングなセシル・セシル・ドゥ・フランス.彼女の魅力もさることながら,この作品に登場する主だった俳優は,皆,実に良い演技を見せてくれた.
そんな俳優の一人として「追憶」や「トッツィー」などの作品で知られるシドニー・ポラックが監督役で出演していた.この作品を見た直後に,まさか訃報を聞くことになるとは思わず,かなり驚いた.

給仕として働くジェシカの何気ない言動が,彼女自身も知らないうちに,そっと登場人物たちの背中を押している様子がとても心地良く感じました.そして,フランス映画らしい雰囲気を持つとともに,ちょっとファンタジックで洒落た作品だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これがシドニー・ポラックの出演作ですね。
いかにもフランス映画っぽくて、面白そうです。
群像劇が好きな自分にピッタリかも (^^)
ダニエル・トンプソンは「シェフと素顔と、おいしい時間」の監督ですね。
この人、「ラ・ブーム」の脚本も書いていたようです。
劇場鑑賞は無理っぽいので、DVDになったらシッカリ見ます!
タラララ
2008/06/05 12:50
タラララさん
>いかにもフランス映画っぽくて、面白そうです。
はい.フランス映画らしい,洒落た雰囲気を持つ作品でした♪

>ダニエル・トンプソン・・・
そうそう,「シェフと素顔と、おいしい時間」の監督ですね.
タラララさんも記事を書かれてますね!!

>劇場鑑賞は無理っぽい・・・
この手の作品は,まず普通の劇場ではかからなくなりました・・・(^^);
しゅー
2008/06/06 12:52
こんにちは! なかなかお洒落な感じの映画のようですね。
先ほどお邪魔した時は、しゅうさんのブログの画面をたくさんのイチゴが横切ったりして、あっという間にイチゴだらけになって記事を読めなくなってしまいました。 何か仕掛けをしていらっしゃるのですか?
みのり
2008/06/08 14:29
みのりさん
>なかなかお洒落な感じの映画のようですね。
はい.洒落た映画で,とても雰囲気を大切にしている作品だと思いました♪
出演者の演技もとても良いと思います.

>あっという間にイチゴだらけになって・・・
最近,記事をあまり書けなかったので,せめて“苺の雨”でも見て楽しんでもらおう,という趣向でした.
しかし,もう6月ですから,苺の季節でもないので,そろそろ外しますね!!
しゅー
2008/06/09 04:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「モンテーニュ通りのカフェ」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる