気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「純喫茶磯辺」メモ

<<   作成日時 : 2008/08/17 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

画像
製作年度/ 2008年
製作国/ 日本
上映時間/ 113分
監督/ 吉田恵輔
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ 吉田恵輔
音楽/ CKB-Annex
出演/ 宮迫博之,仲里依紗,濱田マリ,近藤春菜,ダンカン,和田聰宏,ミッキー・カーチス,斎藤洋介,麻生久美子
【映画館】
++++++++++
この作品は,都内では渋谷と新宿の2箇所でしか上映されていませんでした.そのうちの一館がテアトル新宿.およそ25年ぶりに行って見ました.かつては名画座形式の劇場だったのですが,少し綺麗になって,ミニシアターに衣替えしていたのですね.

妻が家を出て以来,高校生の一人娘・咲子と二人で暮らす磯辺裕次郎.
仕事はあまり好きではなかったが,それでも建設現場の職工として日々の生活を支えていた.しかし,父親が突然亡くなり,多額の遺産が転がり込んで来ると,彼はそれまでの仕事を辞めてしまう.そして,偶然入った喫茶店のマスターが,きれいな女性と楽しそうに会話している光景を見た途端,喫茶店経営を始めることを決意する.かくして,地元の商店街の一角に喫茶店をオープンさせる.
当初は,どんなお洒落な喫茶店になるのか,娘の咲子も胸を膨らませていた.
ところが,裕次郎が咲子の意見を聞くこともなく,付けた名前が“純喫茶磯辺”.
店内にはテーブル・ゲーム機を置き,テーブルごとに柄が異なるテーブルクロス,壁には工藤静香のポスターを貼ってご満悦の様子.咲子も,夏休みの間,店を手伝う事になったが,こんな店では恥ずかしくて友達も呼べないと,頭を抱える.
すべてにおいてセンスのない“純喫茶磯辺”は閑古鳥の鳴く毎日.
しかし,ふらりと現れた素子をアルバイトとして雇い,彼女にメイド・コスプレを着せたところ,客が入るようになる.マスターよりマスターっぽいダンディな老人,誰にでも出身地を尋ねる男,女性の手を触りたがる男,小説家風の男など,怪しい面々が集まって来て,店は賑わい始めるのですが・・・

ダメ親父としっかり者の娘.そして謎の女性・アルバイトの素子.
ダメ親父の裕次郎は,素子に男心を揺さぶられ,新たな青春を走り始める.
一方,娘の咲子は,喫茶店の常連客,小説家風の男にときめきを覚える.
そんな主人公たちが,時代遅れの喫茶店を舞台にして繰り広げるひと夏の物語.

高校生の咲子からの目線で,裕次郎のダメ親父ぶりが描かれている.
服装のセンスのなさ,服装や仕草のだらしなさ,そして仕事が嫌いなところまで,彼を見ているといたる所で自分と被る.自分にとってはとても他人とは思えない裕次郎.

しかし,喫茶店のマスターに憧れるところは,自分とは違う.
喫茶店ほど誰でも始められる商売はないものの,よほどのセンスがない限り上手くいかない商売.近頃は,スタバとかドトールとかのチェーン店が席巻し,昔ながらの落ち着いた喫茶店は店をたたむ状態に追い込まれている.あまりにも無謀な選択だった.

裕次郎に新たなる青春を始めさせる素子の存在がこの作品のポイント.
下心が見え見えな裕次郎の行動をまんざらでもない風に受け止める素子.
素子は優柔不断で,いい加減な性分.おそらく同姓からは嫌われるタイプ.
裕次郎と素子のいる居酒屋に咲子がやってきて,三人でテーブルを囲むシーンがあった.同じ空間で,それぞれ別な方向に向かう想いが描かれていた.そこにある咲子の裕次郎と素子に対する苛立ちと自分自身の中にある落ち込み感の交じり合う感情が上手く表現されていた.

主演の裕次郎を演じたのは宮迫博之.裕次郎はちょうど自分と同じ年代であり,宮迫の実年齢より少し年上の設定なのだが,まったく違和感ないダメ親父ふりを発揮していた.まるで,彼の地の部分を映像に納めたように感じられたほど.
その娘の咲子を演じたのは仲里依紗.ほぼ等身大の女子高生をとても素直に演じていたように思う.爽やかな笑顔,落ち込んだ表情やふくれっ面,彼女の豊かな表情がこの作品を少し華やいだものにしていた.
得たいの知れない女性,素子を演じたのは麻生久美子.結構難しい役どころだったが,とても上手く演じていたと思う.
喫茶店にたむろする常連客たち.マスターっぽい老人役を演じているのはミッキー・カーチス.それに斉藤洋介,ダンカン,和田聰宏らの面々が怪しげな雰囲気を醸し出していた.

TVドラマでもありそうな内容だったが,映画としての質感が感じられる作品だった.
監督自身に撮りたいものがはっきりと見えていることと,描写が丁寧であるためと思われる.作品の行間を読ませるような間の取り方が独特で面白かった.さらに,個人的には,とても感情移入しやすい主人公だったのが良かった.

この作品の監督は吉田恵輔.作品の雰囲気からおそらく40代の監督だろうと思っていました.ところが,「机のなかみ」という作品で注目を集めた30代前半の監督と知りちょっとびっくり.
作品として悪くはないのですが,監督の年齢を考えると,もう少し,どこかに若さというか,自分には異質に感じる部分があっても良かったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
面白いような面白くないような、一風変わった映画のようですね。 喫茶店てなんかステキに思えるし、簡単そうに思えてしまうから難しそうですよね。 簡単に出来ると思えることって一番難しいものだと思うので、何か信念のようなものがない限り普通なら避けると思うのに。 そこが主人公ならではなのかしら。
みのり
2008/08/19 07:16
本当に面白そうな、そうでないような映画のようですね。
興味はありますが、自分にはキャストがかなり微妙…。
嵌るか、全然ダメか、極端な感想になりそうな気がします。
DVDがレンタルになったら見てみようかな (^^;;
タラララ
2008/08/19 14:59
みのりさん
かつては,コーヒーを飲むこと以上に,店の雰囲気が楽しむために喫茶店に行きました.個性的なマスターも多く,よく薀蓄を披露してもらった記憶があり,個人の喫茶店経営は商売よりも趣味&道楽の感があります.
それゆえに,簡単なだけでなく,サラリーマンが脱サラしたときの職業として人気があったのでしょうね.

最近は,ドトール&スタバなどのチェーン店,ファミレスのドリンクバー,マンガ&ネット喫茶などがあり,よほどのことがない限り個人の喫茶店は失敗するでしょう・・・ですから,この主人公はかなり間抜けな男ということになるのでしょうか・・・
しゅー
2008/08/20 12:54
タラララさん
>本当に面白そうな、そうでないような映画のようですね。
それなりに楽しんだ作品です・・・メモが拙かったでしょうか・・・(^^);

>自分にはキャストがかなり微妙…。
タラララさんとっては,このキャストはダメですか・・・
自分は,宮迫博之とは相性が良いようです!!
それから,娘役の仲里依紗もかわいらしく,好感の持てるタイプでしたが・・・
しゅー
2008/08/20 13:00
私の場合、ミッキー・カーチス、斎藤洋介あたりに興味を感じます。 役柄でなくても怪しそうですよね。
みのり
2008/08/20 16:04
みのりさん
ミッキー・カーチス・・・
彼は,画面に登場するシーンはそれなりにあるのですが,な,なんと,一言もせりふがありませんでした.
斉藤洋介は,誰にでも出身地を尋ねる男の役でした!!
しゅー
2008/08/20 17:42
>メモが拙かったでしょうか
いえいえ、しゅーさんの感想は解りやすいですよ。
自分に取って「面白そうな、そうでないような映画」ということです (^^;;

キャストがかなり微妙なのは、お笑い系の人が多いからかなぁ…。
コメディ映画(これそうですよね?)でお笑い系のキャスティングというが、自分にはかなり微妙です。
シリアスなものなら違うんですけどね (^^;;
タラララ
2008/08/21 12:57
タラララさん
>お笑い系の人が多いからかなぁ・・・
確かにお笑い系が多いですが,大丈夫だと思いますよっ!!
ギャグを楽しむ映画ではなく,物語&エピソードを楽しむ作品ですから・・・
しゅー
2008/08/22 01:02
セリフがない?? ホントですか? 大ショックです〜。
斉藤洋介さんも…。 なんかすごく面白そうですね。
みのり
2008/08/25 20:35
みのりさん
>セリフがない?? 
そうですね.彼の出演作はこれがはじめただったもので・・・せりふも聞きたかったですね.
是非,DVDが出たらご覧になって,確認してみてください♪
しゅー
2008/08/26 12:24
しゅーさん こんちは〜
純喫茶!!懐かしい響きですね〜
私の高校時代は純喫茶全盛時代でしたね あとは名曲喫茶とジャズ喫茶!
ほとんど残ってませんね(笑)
あとは 同伴喫茶、個室喫茶などもありましたね(笑)

この映画の監督が30代はびっくりですよね

喫茶店!! 良いお店が少なくなりましたね〜
落ち着いてコーヒーを飲む店がホントに少なくなりました
余計な話ですみませんね・・

「ハンコック!」 見てきましたよ〜
ウィルスミス! 良いですね〜シャーリーズ・セロンが出ててなかなか面白かったです
テス(nosaman)
2008/09/06 14:32
テスさん
>純喫茶全盛時代・・・あとは名曲喫茶とジャズ喫茶!
20年ぐらい前までは,結構,個人経営の喫茶店がありました.
中には,名曲喫茶やジャズ喫茶も・・・
自分は高校3年のとき,よく,電気屋さんの2階にあったジャズ喫茶に入りびたっていました!!
そこは,電気屋の息子さんが,趣味でやっている喫茶店で,ソニー・ロリンズとマイルス・デイビスが良くかかっていました・・・懐かしいな〜♪

今では,様変わりして・・・
スタバ&ドトール,あとはネット&マンガ喫茶が蔓延っています・・・あとメイド喫茶なんてのもありますね・・・一時はノーパン喫茶もありました・・・
しゅー
2008/09/06 21:27
お久しぶり(*^。^*)

面白そうな映画ね。。喫茶店。。。今じゃ出かけると
気軽なマックへ直行!・・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
スタバはちょっと嫌い。。エヘヘ 去年、お気に入りの
喫茶店を一つ見つけました(*^⁻^*)
この映画見たいな喫茶店ではない、落ち着いた雰囲気の
ある喫茶店です。
でも、この映画のような喫茶店もおもしろそう〜( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ツヨポン
2008/09/11 18:40
ツヨポンさん
>この映画のような喫茶店もおもしろそう・・・
スナックのような内装に,メイド・コスプレのウェイトレス・・・それから,あまり美味しくなさそうなコーヒー・・・
確かに個性的ではありますが,やっぱり喫茶店には洒落た雰囲気がほしいです(^^);

>気軽なマックへ直行!
なにしろ缶コーヒーが120円なのに,100円で飲んでくつろげるのは魅力ですよね(^o^)
ファミレスのドリンクバーも得した気分になりますねっ!!
しゅー
2008/09/12 00:10
・・・・・・・・・しゅーさん・・・・マックも¥120になったのよ。。
コーヒー。。。

こんな、面白そうな喫茶店に、美味しいコーヒーと洒落た
雰囲気は期待してなんか、行きませんよ〜
大笑いしにいくんだも〜〜〜ん!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ツヨポン
2008/09/12 17:45
ツヨポンさん
>マックも¥120になったのよ。。
そうでしたか・・・それでも,場所代込みで缶コーヒーと同じ値段はお徳です♪

>大笑いしにいくんだも〜〜〜ん!
なかなかそういう喫茶店は見つかりませんよね・・・なにしろ,続かないのですから・・・
“純喫茶磯辺”も2ヶ月もちませんでした!!
なので,とりあえず,DVDが出たときに映画で大笑いしてください(^o^)
しゅー
2008/09/13 01:07
∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ
ツヨポン
2008/09/14 21:59
ツヨポンさん
調べてみると,まだ当分DVDは販売されないようですね!!
何しろ,9月に入ってから上映が始まったところや,11月に公開することが決まったところがあり,現在,小規模ながらも全国展開している真っ最中のようです・・・
しゅー
2008/09/15 15:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「純喫茶磯辺」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる