気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ダークナイト」メモ

<<   作成日時 : 2008/09/21 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
THE DARK KNIGHT
製作年度/ 2008年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 152分
監督/ クリストファー・ノーラン
製作総指揮/ ベンジャミン・メルニカー,マイケル・E・ウスラン,ケヴィン・デラノイ,トーマス・タル
原作/ −
脚本/ ジョナサン・ノーラン,クリストファー・ノーラン
音楽/ ジェームズ・ニュートン・ハワード,ハンス・ジマー
出演/ クリスチャン・ベイル,マイケル・ケイン,ヒース・レジャー,ゲイリー・オールドマン,アーロン・エッカート,マギー・ギレンホール,モーガン・フリーマン
【映画館】
++++++++++
「ダークナイト」は冠はついていないもののアメコミのヒーロー“バットマン”を映画化した作品.クリストファー・ノーラン監督の手により再スタートを切った“バットマン”シリーズの第二弾.「バットマン・ビギンズ」に続き製作された娯楽アクション映画です.

ある日,ゴッサム・シティの銀行がピエロのお面を被った集団に襲撃される.
その集団の主犯は,自分の集めた仲間でさえ不要になれば容赦なく殺す残忍な人物.面を外したその素顔は,白塗りの顔に耳まで裂けて縫い合わされた赤い口,顔のところどころにひび割れが生じている.一度見たら忘れられないおぞましい容姿.彼の名はジョーカー.彼は銀行強盗の仕上げに,銀行の支配人の口に爆弾を放り込んで立ち去った.
彼の生い立ちは分からない.彼の語る自分の過去も,そのときどきで変わる.わかっているのは,どのように形成されたかは不明の残忍な性格だけ.

ジョーカーの登場と同じ頃,ゴッサム・シティに一人の救世主が現れた.
新任の地方検事ハービー・デント.かなり自信過剰気味なところもあるが,犯罪の撲滅に闘志を燃やす正義の男.彼は“光の戦士(ホワイト・ナイト)”と呼ばれるようになった.

ジョーカーの残忍さを見込み,マフィアは彼にバットマンの抹殺を依頼する.そして,ジョーカーによる殺人ショーがはじまった.“バッドマンが素顔を見せなければ毎日市民を殺す・・・”それは単なる脅しではなかった.そんな状況に大企業ウェイン・エンタープライズ会長のブルース・ウェインは耐えられなくなり,自らの裏の正体を市民の前に曝け出そうと決意する.
しかし,そんな彼の決意は,明日のゴッサム・シティを担う“光の騎士”ことデントの意外な行動により遮られるのですが・・・

物語,演出,俳優の演技,舞台装置に至るまで映画らしさを存分に味わえる作品.スピーディな演出も冴える娯楽アクション作品ながら,タッチは実に重く,ダークな雰囲気が映画全体を覆っていた.
物語は,前作の「バットマン・ビギンズ」以上に,骨太かつ緻密に仕上がっていた.実によく練られた,うねるような展開の物語.あるときはジョーカーがバットマンを追いかけ,また,あるときはバットマンがジョーカーを追跡する.二人の立場が2転3転する展開は面白い.その二人の狭間でゴッサム・シティの人々の恐怖を描いたエピソードにもハラハラした.かと思えばホッとさせられるエピソードもあり,緩急の付け方も実に上手い.

本作でのジョーカーの登場は前作で予告されていた.ジョーカーと言えば,ジャック・ニコルソンの強烈な演技が思い浮かぶ.彼のジョーカーを超えるのは実に難しいと思っていた.本作でのジョーカーはヒース・レジャー.彼はジャック・ニコルソンに劣らぬ強烈なジョーカーを演じていた.まだ若くしての突然の死を惜しむ気持ちもあり,彼の演技にことさら惹きつけられた.恐ろしさの中にも,何処となくコミカルさを織り交ぜた彼の怪演は見事.一方のバットマンを演じたクリスチャン・ベイルは安定感のある演技を見せている.またマイケル・ケインの存在は相変わらず作品に厚みを与えていた.彼の深みのある演技は素晴らしい.ゲイリー・オールドマンも手堅い演技を見せるが,レオンのころの彼の凄さを思うと,一抹の寂しさを覚えた.

ゴッサム・シティに狂気を撒き散らすジョーカー.バットマンを闇から引きずり出し,弄んで喜ぶ.ジョーカーの前ではバットマンの正義も霞がち.ジョーカーの悪の囁きは,正義感の強い人間すらも,悪の世界に引きずり込んでいく.しかし,そんなジョーカーですら,人の善悪の間での揺らぎの幅は予測できない.誰もが悪人にも善人にもなれる.前作同様,クリストファー・ノーランの考える善悪がしっかりと語られていた.

映像的には,暗くて見づらかった前作の不満が解消された.
残酷シーンを直接的には見せずに,ジョーカーの残忍さや狂気を描き,構築されたダークな世界は監督の拘りに違いない.ちょっとした心理的描写に監督のセンスを感じた.ジェームズ・ニュートン・ハワード&ハンス・ジマーの重厚な音楽も作品の雰囲気に良くマッチしていた.大掛かりなアクション・シーンは迫力があったが, バトル・アクションちょっと物足りない.

前作の“ビギンズ”で登場したバットマン・カーの他に新たに登場した二輪駆動のバッドポッド.バイクのような格好をしているが,タイヤが異常に太く,車体にはマシンガン等の重装備が施されていた.ジョーカーに押され気味のバットマンだったが,静かに,それでいて闇夜をマントを翻して猛然と駆け抜ける姿は,文句なく格好良い.

ジョーカーの存在感に圧倒され続ける作品でしたが,それでも,最後はやっぱりバットマンなのだと感じさせる心憎い演出に拍手.二時間半の長さを感じさせないとても見応えのある作品だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜、“二時間半の長さを感じさせないとても見応えのある”傑作でしょ (^^)
ラストで「お〜、カッケ〜」と思った映画は久々でした。
多分、年末にはDVDになるでしょうから、じっくりと見直したいです。
タラララ
2008/09/21 12:17
タラララさん
>ラストで「お〜、カッケ〜」と思った映画は久々でした。
そうですねっ.最後がビシッと決まっている作品でした(^^)v

ヒース・レジャーは,結局,ギリアムとノーランの作品の2本しか見ていません.でも,いずれも,本来のヒースとは違うのでしょうね〜(・・?)
しゅー
2008/09/21 17:17
ヒース・レジャーは「ロック・ユー」をオススメしておきます。ヒロインがちょっとアレですがアニメっぽくて(それもジャンプ系)見易いです。公開時はDVDに入ってるラストのオマケはありませんでした。

ブライアン・ヘルゲランドは才気煥発、ですな。

「ダークナイト」は前半だけで満足だったなー。(ーー;)
HOSHIO
2008/09/21 17:53
HOSHIOさん
>ヒース・レジャーは「ロック・ユー」をオススメしておきます。
ありがとうございます♪
それでは,「ロック・ユー」にてヒース・レジャーを再確認したいと思います・・・

>アニメっぽくて見易い・・・ブライアン・ヘルゲランドは才気煥発、ですな。
う〜ん,自分がこれまでに見たブライアン・ヘルゲランド脚本作品は,かなり暗いものでしたが・・・この作品は楽しい感じなのかな〜(・・?)
しゅー
2008/09/22 00:23
「ロック・ユー」は自分もお薦めしておきます (^_^)v
中世ヨーロッパが舞台なのにクイーンやボウイの曲が流れますよ。
タラララ
2008/09/22 13:57
「>ロック・ユー」は自分もお薦めしておきます (^_^)v
中世ヨーロッパが舞台なのにクイーンやボウイの曲が流れますよ。

 なに! と思って検索してみたら、
 自分も観てました。(^_^;)
 面白かったです。

 それにしても、自分で観た映画の題名も覚えてない私・・・。(-_-;)
ことの
2008/09/22 22:24
タラララさん
中世の映像にロックの組み合わせ・・・面白そうですね・・・
でも,クイーンやボーイは,中世でも,未来あるいはオカルトでも,いろんなシチュエーションに合わせられそうですね!!
しゅー
2008/09/23 01:31
ことのさん
>それにしても、自分で観た映画の題名も覚えてない私・・・
え〜,昨日見た映画の題名を忘れた・・・というのなら,ちょっとヤバイかもしれませんが・・・
数年前に見た映画の題名を忘れる人はたくさんいると思いますよっ・・・自分もそうです!!

胸をはって“忘れてしまった”と言っても大丈夫ですよっ・・・んん(^o^)
しゅー
2008/09/23 01:39
ボソッと告白…。
数ヶ月前にレンタルで見た映画のDVDを買ってしまったことがあります。
タラララ
2008/09/23 15:59
タラララさん
>数ヶ月前にレンタルで見た映画のDVD・・・
それは,レンタルで借りたところ,かなり気に入ったのでDVDを買った・・・と解釈しておきましょう♪
しゅー
2008/09/25 01:33
DVDの発売が決まりましたね。
12月10日だそうです。
しかし、早い…。
タラララ
2008/10/03 12:37
タラララさん
>12月10日だそうです。
本当に早いですね.
劇場公開されてからあまり日を置かずにDVDを販売すると宣伝費をかけずに済んで特だと考えているのでしょうか・・・
それとも,はやく資金を回収して,次回作の費用に回すことを考えているのでしょうか・・・
いずれにしても,劇場公開とDVD発売の間隔は,将来への影響,収益,海賊版対策などいろいろ考えなければならず,とても難しい問題ですね!
しゅー
2008/10/04 12:08
はじめまして。映画観太郎です。
映画館で見そびれたので、早速DVDをレンタルしました。
噂には聞いていましたが、ヒース・レジャーの演技には圧倒されました。
人間の善とは何か、悪とは何かを、問いかける傑作でした。
映画のある生活(http://movie4life.exblog.jp/)
映画観太郎
2008/12/18 10:53
ようこそ,映画観太郎さん・・・なかなか良い名前ですね♪
>映画館で見そびれたので・・・
劇場に足を運ぶ価値のあるとても映画らしい映画でした!!
ちょっと,もったいないことをしましたね〜なはっ(^^)

>ヒース・レジャーの演技に圧倒・・・
本当に,一世一代の演技だったのではないでしょうか(・・?)

>人間の善とは何か、悪とは何か・・・
人間の善&悪は隣り合わせ・・・ちょっとした気の持ちようで悪にも善にもなれるのでしょうね!!
しゅー
2008/12/20 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ダークナイト」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる