気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「レスラー」メモ

<<   作成日時 : 2009/06/28 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 14

画像
THE WRESTLER
製作年度/ 2008年
製作国/ アメリカ,フランス
上映時間/ 109分
監督/ ダーレン・アロノフスキー
製作総指揮/ ヴァンサン・マルヴァル,アニエス・メントレ,ジェニファー・ロス
原作/ −
脚本/ ロバート・シーゲル
音楽/ クリント・マンセル
出演/ ミッキー・ローク,マリサ・トメイ,エヴァン・レイチェル・ウッド,マーク・マーゴリス,トッド・バリー,ワス・スティーヴンス,ジュダ・フリードランダー,アーネスト・ミラー,ディラン・サマーズ
【映画館】
++++++++++
この作品を観ようと思っていた矢先に,二代目タイガー・マスクこと三沢光晴が試合中に亡くなりました.K-1などのガチンコではありませんが,改めて,プロレスは鍛えあげた肉体と磨かれた技を競い合うとてもハードなプロ・スポーツだと感じました.

1980年代の全盛期には,マジソン・スクウェア・ガーデンでメイン・イベントを張るほどの人気レスラーだったランディ・ロビンソン.彼の部屋には全盛期の写真が貼られている.しかし,現在の彼はドサ廻りの興行に出場し僅かな収入に甘んじている年老いたレスラー.彼の住まいはトレーラー・ハウスなれど,その支払いすらも近所のスーパーでアルバイトをしなければ支払えない状態.
彼は,まだまだプロレスをするつもりでいたが,長年,酷使し続けてきた彼の体が悲鳴をあげた.ある日,試合終了後,控え室に戻った彼は心臓発作を起こしその場に倒れる.彼の心臓を手術した医師から,彼はプロレスを辞めるように言われてしまう.
プロレスに全てを捧げた彼の人生.そのプロレスを失い,ランディはどうしようもない寂しさに襲われる.好意を抱くストリッパー,キャシディを訪ね,彼はすがり付くような眼差しで自分の胸の内を彼女に語る.
ランディには何年も会っていない一人娘ステファニーがいた.キャシディに勧められたこともあり,ステファニーに会いに行くランディ.けれども,彼女は彼を冷たくあしらうのですが・・・

肉体の老化を背負いながら,それでも現役を続ける年老いたレスラーの物語.そして,自分の娘にもクズと言われるほど,人生に不器用な男の物語だった.監督は,「π」,「ファウンテン」などの作品とレイチェル・ワイズの夫として知られるダーレン・アロノフスキー.

実に渋い雰囲気の映画だった.その内容は哀愁をとおり越して,精神的にも,肉体的にもとても痛い.
この映画の主役,ランディ・ロビンソンを演じたのはミッキー・ローク.およそ30年前,彼は華やかで,セクシーで,とても女性に人気のある俳優として有名だった.未見ながら,彼の主演作「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」や「ナイン・ハーフ」は,当時,非常に話題になった.しかし,彼をメディアが騒がなくなると,自分の中から彼の名前は消えていった.

ところが,この映画により30代以降のミッキー・ロークがクローズ・アップされた.彼は,まさに坂道を転落する人生を歩み,容姿も変貌し,一時期は俳優としてどん底の状態にあったようである.そんなミッキー・ロークを知り,この作品を鑑賞したとき,ランディとロークが重なった.

映像はランディを追いかけ,物語はランディをくっきりと浮かび上がらせている.
ランディの後姿を執拗に追いかける長廻しの撮影には趣があり,物語そっちのけでロークの姿を追いかけることに夢中になった.リングを降りたときのランディは長い髪を無造作に結んでいた.そんな彼の後姿はまさに初老を迎えようとする男の後姿.決して格好良いとはいえない.なのに,その姿に酔いしれた.

監督のダーレン・アロノフスキーはランディ役にミッキー・ロークを起用することに拘ったようである.映画会社はランディ役にニコラス・ケイジの起用を提案したが,それを拒否したために大幅に制作費が削られたらしい.しかし,ニコラス・ケイジがランディでは,これほど気持ちに突き刺さる作品は生まれなかったに違いない.

ランディが活躍した1980年代,スタン・ハンセン,ブルーザー・ブロディ,ハルク・ホーガンなどが頻繁に来日し,日本のマット界を賑わせていた.彼らに対抗する日本人レスラーには,ジャンボ鶴田,天竜,藤波辰巳らがおり,長州力や三沢光晴なども活躍していた.まだK-1よりもプロレスの方が人気のあった時代.そんな当時のプロレスを想いだし懐かしんだ.

ランディの気持ちを受け止めるとともに,ロークの演技を受け止めたキャシディ役のマリサ・トメイが見せる微妙な表情の変化もなかなか印象深かった.

友人の誼でブルース・スプリングスティーンは,ロークの手紙に応じて,ノーギャラでこの作品に曲を提供したようですね.そんな事情から生まれた「レスラー」が,この映画の最後を締めくくり,痛い内容の作品にもかかわらず,後味は悪くない作品だったかなっ・・・

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レスラー
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウンテン 永遠につづく愛』のダーレン・アロノフスキー。ずいぶん前に前売券を購入し待ってましたがやっと公開されました! ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2009/06/29 01:40
レスラー [映画]
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたものの今... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/06/29 11:06
映画レビュー「レスラー」
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引退を... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち...
2009/06/29 23:19
映画「レスラー」
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  ...続きを見る
おそらく見聞録
2009/09/29 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。

>しかし,ニコラス・ケイジがランディでは,これほど気持ちに突き刺さる作品は生まれなかったに違いない.

そうかもしれませんね。
ミッキー・ロークは監督の期待に十二分に応えていたと思います。
実際のリングで演じた過去の恥を、俳優として、映画の中でみごとにすすぎました。
きぐるまん
2009/06/29 07:26
ああ、もうこれ上映されているんですね。
「見に行かなきゃ」と思って会員になっているシネコンの番組表を見たのですが、上映していません (+_+)
「トランスフォーマー」と「T4」のあおりを喰って、はじかれちゃったのかなぁ…。

ミッキー・ロークは“猫パンチ”ボクサーのイメージが強いのですが、レスラーに見えるのでしょうか。
ニコラス・ケイジなら充分それっぽく見えるような気がしますけど (^^;;
タラララ
2009/06/29 12:02
きぐるまんさん
>ミッキー・ロークは監督の期待に十二分に応えていたと思います。
そうですね.ダーレンがミッキー・ロークに拘っただけのことはありましたね・・・(^o^)
この映画は,まるでミッキー・ロークのドキュメンタリーを観ているような気分になりました.彼の演技がとても素晴らしかったからなのか,単に地で演技をしていたのか・・・どちらなんでしょう・・・(・・?)

>実際のリングで演じた過去の恥を・・・
これって,やっぱり“猫パンチ”のことなのでしょうねぇ・・・
しゅー
2009/06/29 17:55
タラララさん
>レスラーに見えるのでしょうか。
十分レスラーに見えました.ただし,いきの良いレスラーではなくて,年老いたレスラーですが・・・

>ニコラス・ケイジなら充分それっぽく見えるような気がしますけど (^^;;
ニコラス・ケイジではダメです.とても哀愁漂う年老いたレスラーには見えないと思います.
たとえ見えたとしても,彼では恵まれすぎていて,とても感情移入できません(^^);
しゅー
2009/06/29 18:12
しゅーさん こんちは〜 ご無沙汰しております〜

「レスラー」タラララさんと同じく見逃しました
神戸ではやってるんですけど・・なぜか大阪はやってません

ミッキーロークのレスラー姿を見たかったですね
ボクシングは肩すかしくらいましたからね(笑)

マジソン・スクウェア・ガーデン!!
懐かしいです〜
私にとってMSGは「ブルーノ・サンマルチノ」がやはり一番印象に残りますね

「トランスフォーマー リベンジ」相方が見たいと言ったのですが
これを見逃したんですよ 涙・・・
テス(nosaman)
2009/07/04 17:43
テスさん
>「レスラー」タラララさんと同じく見逃しました
この映画はミニシアター扱いなのであまり上映されていないようですね.
ちなみに調べてみると,大阪だとシネマート心斎橋とシネリーブル梅田の2館のみの上映でした.

>ミッキーロークのレスラー姿を見たかったですね
なかなか味わい深いミッキー・ロークでした♪

>ブルーノ・サンマルチノ・・・
人間発電所ですね!!
巨漢空母???ヘルスタック・カルホーン,人間山脈アンドレ・ザ・ジャイアント・・・
1960年代から1970年代のレスラーだと・・・ビル・ロビンソン,ルー・テーズ,ボボ・ブラジル,キング・カーチス・イヤウケア(ハワイ出身の・・・),デストロイヤー,ブラッシー,フリック・フォン・エリックなどなど.あとファンク兄弟,ミル・マスカラスも懐かしいですね〜
日本人レスラーは,やはり力道山ではじまり・・・大木金太郎,ジャイアント馬場,アントニオ猪木,ラッシャー木村,グレート草津,吉村道明,坂口征二ですね!!
しゅー
2009/07/05 00:36
ミッキーローク 懐かしいというか・・・
エンゼルハートが大好きな映画で、
ミッキーロークの大ファンになったんですよ♪
あまりにも体格がかわっちゃったから、一瞬わかりませんでした。
多分DVDになっちゃうけど、
絶対みたい映画です。
タ〜コ
2009/07/07 09:37
ご無沙汰してました(*^_^*)

プロレスはあまり好きじゃないのですが、三沢さんの生まれを
ニュースで知って、とっても親近感を覚えました。

一番下の画像は、ミッキー・ロークですか?
もし、そうなら愕然です。。なんて変わってしまったのかしら
人生に起こる様々な事が、人をこんなにも変えるのかしら・・・

マリサ・トメイは好きな女優さんの一人です(*^ー^*)
一輪花
2009/07/07 19:33
タ〜コさん
>エンゼルハート・・・ミッキーロークの大ファンになったんですよ♪
当時,彼は若い女性に絶大なる人気を誇っていましたからね.

>あまりにも体格がかわっちゃったから、一瞬わかりませんでした。
彼が30,40そして50代の人生を物語っている部分もあるでしょうが,やはり歳をとったということが大きいのではないでしょうか(・・?)

>絶対みたい映画です。
精神的にも肉体的にもちょっと痛いと感じる作品ですが,味のある作品なので,是非ご鑑賞ください♪
しゅー
2009/07/08 09:37
一輪花さん
>一番下の画像は、ミッキー・ロークですか?
はい,そのとおりです.ずいぶんと変わりました!!

>人生に起こる様々な事が、人をこんなにも変えるのかしら・・・
年齢によるところが大きいのではないでしょうか.あと歩んだ人生もスパイスにはなっているのでしょうね・・・

>マリサ・トメイは好きな女優さんの一人です(*^ー^*)
この作品では,とても笑顔が素敵でしたっ(^o^)
しゅー
2009/07/08 09:43
毎度、記事へのコメントでなくてごめんなさい。
(^^)

プレゼン、どうでしたか?
お疲れ様でした。

暑中、お見舞い申し上げます。

ことの
2009/07/31 21:38
ことのさん
>記事へのコメントでなくてごめんなさい。(^^)
ここのところ記事をアップしていませんし,どんな内容でもコメントをいただけるだけでうれしいです(^o^)

>プレゼン、どうでしたか?
まあ,ぼちぼちの状態です.
自分の場合,上手くいくことは100%ありません・・・
必ず自己嫌悪に陥ります.あそこは上手くしゃべれなかった,あそこは話しすぎた,あれは余計だった・・・等々です.来週も,4セット,6時間程度話すことになっています・・・アセアセ(^^);それが終われば,この夏のイベントはとりあえず終了です!!

最後になりましたが・・・暑中,お見舞い申し上げます.
しゅー
2009/08/01 14:49
はじめまして 

友達とDVDでみました。レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。娘との約束すっぽかすのは さすがにマズイよ〜(´Ц`)
>ニコラス・ケイジがランディでは,これほど気持ちに突き刺さる作品は生まれなかったに違いない→これについて友達は「ニコラス・ケイジじゃムリだろ!ギャラうるさそうだし、レスラー役できるかわからんし・・・・」だと。

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。 セクシー俳優として80年代は全盛期だったのに ボクシングのために自分から全盛期を捨てちゃって・・・半ばバカだと思いましたよ。

 ロークは'88年に「ホームボーイ」というアメリカを渡り歩く流れ者のボクサーのジョニーを演じています。ランディとはまた違った不器用さをジョニーには あります。ボクシングはスクリーンの中だけにしておけばよかったんだと思いますがいかがでしょうか

ただ、「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ふたつの作品を比べて見るのも悪くないですよ。

zebra
2011/10/30 09:33
zebraさん,はじめまして・・・こんばんは!!
ニコラス・ケイジでもレスラー役は出来ると思うのですが・・・
でも,やはりローク自身の人生とこの作品の主人公が被るために,とても強烈な印象の残る作品になったのだと思います.

>ボクシングのために自分から全盛期を捨てちゃって・・・
とってもセクシーで若い女性の憧れの的だったのに・・・
なのに,女性ファンからもネコパンチと揶揄されて,そして消えて言った・・・個性派俳優として復活したけど・・・
人の人生はわからないものですねぇ・・・しみじみ.

>「レスラー」と「ホーム・ボーイ」を見比べる・・・
了解しました.機会があれば是非♪

ps.
zebraさん,もしブログとかしていたら是非教えてください.
しゅー
2011/10/30 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「レスラー」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる