気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「月に囚われた男」メモ

<<   作成日時 : 2010/06/07 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
MOON
製作年度/ 2009年
製作国/ イギリス
上映時間/ 97分
監督/ ダンカン・ジョーンズ
製作総指揮/ マイケル・ヘンリー,ビル・ザイスブラット,トレヴァー・ビーティー,ビル・バンゲイ
原作/ −
脚本/ ネイサン・パーカー
音楽/ クリント・マンセル
出演/ サム・ロックウェル,ケヴィン・スペイシー,ドミニク・マケリゴット,カヤ・スコデラーリオ,ベネディクト・ウォン,マット・ベリー,マルコム・スチュワート
【映画館】
++++++++++
はやいものでもう6月.5月中は珍しく読書に勤しんでいました.6月最初のメモは,そんな最中に劇場鑑賞した作品です.

舞台は近未来.月では核燃料生産会社のルナ産業が核融合で必要となるHe3の採掘を行っていた.主人公のサム・ベルは,3年契約で,一人だけで月に滞在する仕事についた.採掘現場はほとんど自動化されており,精製したHe3をボットで地球に送ることが仕事の内容.
一人ぼっちでの月での生活は退屈でとても寂しい.
それなのに,TV電話での妻テスとの交信が衛星事故により出来なくなった.
人工知能を持つロボット,ガーディーがそんな彼の唯一の話し相手.
彼は,退屈なときには,街のミニチュアの製作に没頭して時間を紛らわせていた.
しかし,その任期も残すところあと2週間と迫った.
あと2週間すれば,地球に残してきた妻と娘に再会できる.娘は地球を離れたときは生まれたばかりだった.彼女ももう3歳になっているはず.もうすぐ地球に帰れるという期待に胸を膨らませるサム.
任期を無事完了できると思われた.その矢先に幻覚が彼を襲い始めるのですが・・・

“月”を題材にしたSF映画.監督はダンカン・ジョーンズ.本作は彼が初めて手掛けた長編映画.最近のSF映画としては低予算で製作されたインディーズ作品ながら,サム・ロックウェルとケヴィン・スペイシーという二人の俳優が参加し,話題性にも恵まれて公開に至った.彼がデビット・ボーイの息子であることも影響しているに違いない.原題は「MOON」という実にシンプルなもの.しかし,邦題は,父,デビット・ボーイ主演の「地球に落ちてきた男」を意識して「月に囚われた男」と名付けられた.

本作のテイストは映像的にも内容的にも1970年代のSF映画.
設定はスタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅」,物語のアイディアはポール・ヴァーホーヴェンの「トータル・リコール」,そして作品全体の雰囲気は当時TV放映された「スペース1999」を連想させる.また,月面基地,月面車そしてロボット等の出てくる施設やメカも1970年代の映画に登場しそうなとてもレトロなものだった.

最近の宇宙を題材にしたSF映画では,地球から遠く離れた太陽系以外の星を舞台にすることが多い.そんな傾向を逆手にとって,我々にとって最も身近な“月”を舞台としている.アイディアとして悪くない.
派手なCGとかアクション・シーンは皆無の作品.ほとんどのエピソードは月面基地内のもの.たまに映し出される月面の風景はミニチュアのセットをベースにCG処理が施されているようである.それが功を奏して冷たい色調の映像に温もりが感じられた.

作品として目新しさはないものの,堅実な脚本と演出は好印象だし,SFマインドに溢れていた.そして,映画全体をとおして切なさが感じられる作品に仕上げられていた.
主人公の幻覚や地球との交信映像を通して数人の人物が登場するが,直接的な存在として登場するのは主人公のサム一人.そのサムの内面をとても上手く描いていた.

そんなサムを演じたのは「銀河ヒッチハイク・ガイド」という不思議な作品でも主役を演じたサム・ロックウェル.堅実な演出もさることながら,彼の確かな演技がこの作品を支えている.さらに,シリアスな物語ながら,ロボット,ガーディーとサムとのやり取りにはほのかなユーモアが感じられ,センスの良い遊び心も感じられた.ガーディーの声だけの出演ながらケヴィン・スペイシーの存在も見逃せない.

かつてのSFテイストに溢れた作品.最近のSF大作に馴染んでしまっているせいか多少物足りなさを感じるものの,切なさがとても良く伝わってくる内容に拾いものをした気分になりました.時代遅れのSF映画の佳作.SF好きな人にはちょっと魅力的な作品かなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画は全然知りませんでした。
「2001年宇宙の旅」と「トータル・リコール」が元ネタらしいですが、何となく「サイレント・ランニング」をも思わせる映画ですね。
SF好きの自分なら楽しめそう (^^)
DVDになったら買います!
タラララ
2010/06/07 15:00
タラララさん
>この映画は全然知りませんでした。
タラララさんが知らない映画を知っている・・・というのはちょっと気分がよいです♪

>「サイレント・ランニング」
おそらく参考にしているのでしょう(・・?)
未見のため自分はわかりませんが・・・

>SF好きの自分なら楽しめそう (^^)
設定から工夫で勝負している作品です.
万人向けではありませんが,SF好きならニヤッとできる作品だと思います!!
しゅー
2010/06/07 18:22
同じくこの映画、まったく存じませんでした.
SF好きともあろうものが….お恥ずかしい.
切ないSF作品ですか、いいですねぇ.
SFだけが持つ悲哀感をこよなく愛するワタシ向けですね.
よい映画を教えてくれてありがとうございました.

しかし、どうやってこういう地味な作品を見つけてくるんですか?
トースケ
2010/06/08 23:01
トースケさん
>SF好きともあろうものが….お恥ずかしい.
そんな,そんな全然そんなことはないですよっ!!

>どうやってこういう地味な作品を見つけてくるんですか?
基本的にはミーハーなため話題作中心なのですが・・・ときどき無性にマイナーな作品が観たくなります.きっとひねくれ者なのでしょう.そういうとき,ミニ・シアターで上映されている映画を探すと,思わぬ掘り出し物に出会います♪
しゅー
2010/06/09 09:02
(〃 ´  ▽  `  )ノ"▽ ちわぁ♪

いや〜〜〜この映画殆ど全く・・何も知りません〜〜

彼が幻覚に襲われたのって・・
気に成る======

どんなのかな?(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・
スー
2010/06/09 13:10
スーさん
>彼が幻覚に襲われたのって・・気に成る======
えー,ひとつは若い女性が出てくるやつ・・・男だねぇー♪
もうひとつは,寝たばれ(ネタバレ)になってしまうので・・・ヒ☆ミ☆ツ☆ です!!
しゅー
2010/06/10 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「月に囚われた男」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる