気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」メモ

<<   作成日時 : 2012/02/06 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL
製作年度/ 2011年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 132分
監督/ ブラッド・バード
製作総指揮/ ジェフリー・チャーノフ,デヴィッド・エリソン,ポール・シュウェイク,デイナ・ゴールドバーグ
原作/ ブルース・ゲラー
脚本/ ジョシュ・アッペルバウム,アンドレ・ネメック
音楽/ マイケル・ジアッキノ
出演/ トム・クルーズ,ジェレミー・レナー,サイモン・ペッグ,ポーラ・パットン,ミカエル・ニクヴィスト,ウラジミール・マシコフ,ジョシュ・ホロウェイ,アニル・カプール,レア・セドゥー,ミラジ・グルビッチ,サムリ・エーデルマン,トム・ウィルキンソン,ヴィング・レイムス,ミシェル・モナハン
【映画館】
++++++++++
今年も,はや1か月が過ぎましたが,記事の方はのんびりしておりやっと2つ目です.トム・クルーズ主演の“M:I”シリーズの最新作「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のメモ.このシリーズは劇場鑑賞したことがなく,DVDでもレンタル・ショップで1作目を借りてきたものの途中で眠ってしまい,その後,観ることはありませんでした.けれども,今作はCM等を見る限り,これまでになく力が入っているようなので,取り敢えず押さえておくべく劇場鑑賞することにした作品です.

CIAの秘密機関IMF(Impossible Mission Force)エージェントのジェーン・カーター,トレバー・ハナウェイそしてコンピューターの専門家ながらエージェントとしては新米のベンジー・ダンは,ロシア保有の核ミサイル発射用コードIDを追跡していた.それはコード・ネーム:コバルトなる人物がクレムリンから盗み出したもの.けれども彼らはミッションに失敗.女殺し屋サビーヌ・モローにコードIDを奪われたばかりかトレバーが彼女に射殺されてしまった.

IMFは,急遽,モスクワの刑務所に服役中のエージェント,イーサン・ハントをミッションに使うことに.ジェーンとベンジーの手引きで刑務所から脱獄したイーサンは,彼らとともにクレムリンに侵入してターゲットとなるコバルトの情報収集を敢行.しかし,彼らの妨害を受けミッションを途中で断念.しかも,脱出最中にクレムリンの一部で爆破が起き,巻き込まれたイーサンは負傷して病院に収容され,ロシア警察に要注意人物として目を付けられてしまう.

何とか病院から抜け出したイーサンはIMF長官と合流.そこで,イーサンらにクレムリン爆破の嫌疑が掛けられていること,米国とロシアが緊張状態に陥り,米政府が“ゴースト・プロトコル”を発令して事件との関与を否定,IMFは政府から切り離されたことを知らされる.その後,間もなくコバルトらの襲撃によりIMF長官がイーサンの目の前で息を引き取った.それほどまでに米国を苦しめる“コバルト”は,腐りきったこの世を立て直す唯一の手段は核戦争という信念に取り付かれ,そのためならばどんな手段も辞さない危険人物だった.
政府からの支援を受けられない状態の中,イーサンはジェーンとベンジー,それにIMF長官に同行していた分析官ブラントを加えたチームでミッションを決行.嫌疑を晴らすべく情報を追ってドバイへと向かい,世界一の高層ビル,ブルジェ・ハリファで“コバルト”らと接触を図るのですが・・・

日本でも人気のあった往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を,トム・クルーズが自ら企画・製作・主演して映画として復活させた人気アクション・シリーズの第4弾.ロシア,ドバイ,インドそして米国など世界をまたにかけて物語が展開するスケールの大きなスパイ・アクション娯楽大作.本シリーズは,1996年に製作された1作目がブライアン・デ・パルマ監督,2作目はジョン・ウー監督,3作目にJ.J.エイブラハム監督と,起用される監督がバラエティに富んでいるが,今作では「Mr.インクレディブル」や「レミーのおいしいレストラン」等のアニメで知られ,実写映画は未経験のブラッド・バード監督が起用された.

イーサン・ハント役のトム・クルーズの合図で始まるシリーズのテーマ曲をバックにしたオープニング・タイトルは,とてもスタイリッシュで,まさにスパイ・アクション映画に相応しいものだった.その後は目まぐるしく物語が展開.そこには爆発シーン,バトル・アクション,相手との心理戦,お色気シーン,カー・アクションそれにユーモアとスパイ・アクション映画の要素がサービス精神旺盛に盛り込まれていた.

派手なアクション・シーンもさることながら,最新鋭のスパイ・アイテムの見せ方,小道具の使い方が実に上手い作品だった.スリルとユーモアのバランスは絶妙.アニメで培われてきたブラッド・バード監督のセンスによる所が大きいに違いない.イーサンらが様々なトラブルに遭遇し,それを乗り越えていく様子には,とてもハラハラさせられた.

話題になったドバイの超高層ビル,ブルジュ・ハリファ(全塔828m)を舞台としたシークエンスは傑出していた.建物内でのサビーヌ・モローやコバルトらとIMFメンバーとの駆け引きはスリリングだったし,ビルの外壁でのトム・クルーズのアクションには手に汗を握った.50歳近いトム・クルーズが,スタントマンを使わずに,身体を張ってアクション・シーンを演じているのは本作の魅力の一つ.画面より伝わってくる迫力,緊張感および熱気はリアルな彼の肉体による演技の賜物でしょうね.

スパイ・アクション映画といえば“007”シリーズが確立したジャンル.厳しい見方をすれば,本作はアメリカ版の“007”シリーズといった感じで,007が築き上げてきた流儀の良いところをつまみ食いしている感は否めない.ただし,主人公のキャラクターはショーン・コネリー,ロジャー・ムーア,ピアース・ブロスナンらが演じてきたジェームズ・ボンドほどの魅力は感じられない.
そのかわり,チーム“イーサン”でイーサン・ハントの魅力を補っていた.ポーラ・ハットン演じる女性エージェント,ジェーン・カーターにはセクシーさが,サイモン・ペック演じる新米エージェント,ベンジー・ダンにはユーモアが,ジェレミー・レナー演じるIMF分析官ブランドには敵か見方か解らない謎めいたところがあった.彼らのキャラクターがバラエティに富んでいる上,チームワークの魅力が描き込まれており,それは007にはない本作独自の魅力になっている.

冒頭からノンストップ・アクションの2時間超に,ドバイを舞台にしたシーンでほぼ満腹となり,インドでの展開では初めのうち凭れていたが,ラストでの踏ん張りでスッキリと見終えることが出来ました.ハイテクを駆使した作品は,時が経つにつれて古臭くなるので,10年後20年後にどんな評価が残るかはわかりませんが,現時点では一級のアクション娯楽大作だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「スパイ大作戦」の醍醐味はチームプレイだと思っているので、この映画シリーズは不満でした。
1作目はまだしも、2作目、3作目と回を重ねるごとにトム・クルーズの一人舞台になっちゃったので。
3作目を見た時は「もうミッション・インポッシブルの冠は外して欲しい」と思ったほどです (^^;;
でも今作は巷の噂どおりにチームプレイがメインのようですね。
これなら時間があれば劇場で見ておきたいかも。
でも、今月は他に色々と見たい映画が固まっているので困りました (+_+)
タラララ
2012/02/06 13:49
タラララさん
>「スパイ大作戦」の醍醐味はチームプレイ・・・
「おはよう,フェルプス君・・・もし,君もしくは君のメンバーが・・・シュルルルル〜」なんて言ってましたよね!
ほとんど内容は覚えていないのですが,このテープの声(ミッション)だけは記憶に残っています♪

>でも今作は巷の噂どおりに・・・
ドバイのエピソードは最高です(^^)v
しゅー
2012/02/07 02:24
そうなんだ、毎回別の監督だったんですね.知らなかった.
確か第1作を劇場で観たと思うのですが、ストーリーがよくわからなかったので、自分の評価はイマイチで、2以降は観てないんです.↑のレポート読んだら観たくなりました.
今月スカパーで「レミーの〜」を放送するので観ようかなと思ってたんですよ.
トースケ
2012/02/08 22:56
トースケさん
>1作目・・・ストーリーがよくわからなかったので、
自分はDVDだったから・・・ストーリーを追いかけることもなく眠ってしまったのかもしれませんね.

>レポート読んだら観たくなりました.
劇場鑑賞して損はない娯楽映画だと思います!!

「レミーのおいしいレストラン」は未見ですが,とても評判がよい作品ですよね.自分も観たい作品の一つです.
しゅー
2012/02/09 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる