気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「きっと ここが帰る場所」メモ

<<   作成日時 : 2012/08/26 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
THIS MUST BE THE PLACE
製作年度/ 2011年
製作国/ イタリア,フランス,アイルランド
上映時間/ 119分
監督/ パオロ・ソレンティーノ
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ パオロ・ソレンティーノ,ウンベルト・コンタレッロ
音楽/ デヴィッド・バーン,ウィル・オールダム
出演/ ショーン・ペン,フランシス・マクドーマンド,ジャド・ハーシュ,イヴ・ヒューソン,ケリー・コンドン,ハリー・ディーン・スタントン,ジョイス・ヴァン・パタン,デヴィッド・バーン,オルウェン・フエレ,シェイ・ウィガム,リロン・レヴォ,ハインツ・リーフェン
【映画館】
++++++++++
ここのところ“平たい顔族”も含め,意外にもハリウッド映画以外の作品が続きました.今回はショーン・ペン主演の映画「きっと ここが帰る場所」のメモです.

ぼさぼさの長く伸びた髪,真黒なアイラインと毒々しい口紅,ゴス・ファッションに身を固め,ちょっと見た目にはオカマかと思える50代半ばの男が映し出される.男の顔には生気がない.男はかつて絶大な人気を誇ったロック界のスーパースターのシャイアン.
彼はある時を境に,一切表に出ない引きこもり生活を送るようになった.広大な邸宅に住み,消防士として働く妻ジェーンとひっそりと暮らしている.
彼の日課は株への投資と親友である16歳の少女メアリーとショッピングモールのカフェに行くこと,そして妻ジェーンとのゲーム.

そんなシャイアンのもとに,30年以上も会っていない父の危篤の知らせが故国アメリカより舞い込んできた.
飛行機嫌いのシャイアンは船でアメリカに向かったが,彼がついた時には,すでに父親は他界していた.父親の亡骸の腕に刻まれたナチ収容所時代の番号を茫然と見つめるシャイアン.その後,旧友のデヴィット・バーンのライブに出かけたシャイアンは,彼が歌う“THIS MUST BE THE PLACE”を聞きながら涙ぐんだ.
父の葬儀の日,墓地に伝説のナチ・ハンター,モーデカイ・ミドラーが現れる.そして,彼から,晩年,父親が残された人生をかけて,かつて収容所で辱めを受けた元ナチス親衛隊員アロイス・ランゲを探し求めていたことを知らされた.

10代で家を飛び出し,その後,一度たりとも父と面会することがなかったシャイアンだったが,どういう風の吹き廻しか,父の遺志をついでみようと思い立つ.おぼつかない足取りでキャリー・バックをゴロゴロと引き摺り,俄かナチ・ハンターの旅が始まるのですが・・・

パオロ・ソレンティーノというイタリア人監督の作品.カンヌ映画祭出品作「イル・ディーヴォ」が,審査員を務めるショーン・ペンの目に留まり,彼の才能に惚れ込んだショーン・ペンは彼に新作の話をもちかけた.ソレンティーノはあまり信じていなかったものの,1年後,完成した脚本をショーン・ペン宛てに送る.ショーン・ペンは脚本が届いた翌日には電話を入れ,本作の製作が決定した.

これまで観たこともない,オカマのような出で立ちをして,変な話し方,おぼつかない足取りのシャイアンを演じるショーン・ペンを映し出しながら,ゆるやかに物語が流れていく.
序盤は,とても変な主人公シャイアンという人物像への興味で観る人を引っ張っていた.ゆっくりとした調子で綴られるユニークなエピソードはユーモアとシニカルさを併せ持つ.
長回しのロングショットと極端なクローズアップの混在が,ちょっとシュールで独特な空気を作り出していた.不思議なリズムと浮遊感は,シャイアンの心情をとても上手く描いているだけでなく心地よさがあった.

中盤で,デヴィット・バーンのコンサートが映し出され,原題にもなっているトーキング・ヘッズの名曲“THIS MUST BE THE PLACE”をまるまる一曲耳にした.見ているときは唐突に感じたが,見終わってみれば,映画全体のイメージを形成する上でも,物語の転機としても重要なシークエンスになっていた.

それ以降は,ミスマッチなナチ・ハンターのとても緩い復讐劇が展開する.シャイアンが遭遇する変てこな人物とのとぼけたエピソードは,復讐劇というよりも,ユーモアが塗された自分探しの旅だった.草臥れた中年男の自分探しは,若い主人公の夢を追いかける自分探しとは一味違う味わいのあるものだった.

怪演したショーン・ペンと共演したのは,何とフランシス・マクドーマント.出番はあまり多くないものの,彼女ならではの陽気で気さくながらも,知的で安堵感を感じさせる雰囲気はこの作品の肝になっていた.また,ハリー・ディーン・スタントン,ジャド・ハーシュら演技派の役者で脇はしっかりと固められていた.

パオロ・ソレンティーノの感性とショーン・ペンの怪演それにトーキング・ヘッズの“THIS MUST BE THE PLACE”が絶妙なバランスで融合した逸品.心地よいシュールさがとても魅力的な作品だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ヘッズの「THIS MUST BE THE PLACE」とは、また懐かしいものを (^^;;
ショーン・ペン、マクドーマンド、スタントンと好みの役者も出ていますし、これはDVDになったら見ることにします!
タラララ
2012/08/26 14:08
タラララさん
とても気に入った作品でした♪
一般受けする作品ではないかもしれませんが,タラララさんにはお奨めしておきたい一本です.
DVDになったら,是非,ご覧ください!!
この作品の空気が自分にはたまりませんでした(^^)v
しゅー
2012/08/26 20:19
お久しぶりです 生きてます
私のノーマーク映画が並んでましたので
非常に興味深く読ませていただきました

最近はレンタルやにも行かず
CSで見るかんじになってしまったので
映画のタイトルだけ番組表をチェックしてる私にとって
知ってるタイトルの映画しかみれない状態です

チェックできる映画が増えてよかったです♪
タ〜コ
2012/09/03 11:03
タ〜コさん,お久しぶりです!!

>私のノーマーク映画が並んでましたので・・・
ここのところちょっとマイナー映画が多かったようですね!
「ヘルプ」と「きっと ここが帰る場所」はお薦め作品です.
ただし,後者はちょっと癖がありますが・・・

>CSで見るかんじになってしまったので
”カーナビ”とか”スイカ”同様にこれまで当たり前にやっていたことがとても面倒くさくなってしまいますよね.今のところ,まだ,”小さなお祭り”として劇場に足を運ぶようにしています!!
しゅー
2012/09/04 12:34
おおっ。'ひとりごと'が更新されていたのに今気付いた!

「塞翁が馬」なんて境地にはなかなかなれないっすよねー。
仕事に生きるも良し、仕事以外に生きるも良し、ですが
やっぱり先立つものは必要なので

「それが悩みのタネじゃ〜ん?」

と宇崎さんも歌っていました。

でも来年辺りからは

「もう50年息災に暮らしてきたからあとはおまけで気楽にやろう!」

的思考にシフトチェンジしたいと思っています。

なんちって。
HOSHIO
2012/11/16 11:21
HOSHIOさーん,こんばんは!
>もう50年息災に暮らしてきたからあとはおまけで気楽にやろう!
ここ数年,まさにそんな気分で過ごしていたのですが・・・(^^);
なかなか世の中,自分の思うようには事は進まないようですね.
最近は,概ね1日の1/2が打合せ,1/4がメールのチェック,1/4が雑用で,技術屋としての仕事はアフターファイブか休日に追いやられています.その上,年棒が今年もまた下がります・・・ドッヒャー,何なのこの状態.
そして現在何より不安なのは,これまでスカスカだったエンジニアとしての引き出しの中身が空っぽになりそうなことです.まったく自分の人生設計が描けません・・・
しゅー
2012/11/18 00:37
しゅーさん、年俸ですよ、年俸。「ねんぽー」って入力してみてね。

ま、50過ぎたらそれもよし。但し時間が緩ければ、ですけど。
(むしろそちらを望んでいるので身の振り方を考えようかと・・・)

因みに僕は引き出しもうないです。(^^;)
HOSHIO
2012/11/18 01:42
HOSHIOさん
あららっ,そこに目が行っちゃいましたか・・・確かに“年俸”ですよね.
でも,自分の給与は硬直しているので“年棒”の方が相応しかったりして・・・(^^);

>因みに僕は引き出しもうないです。(^^;)
引き出し自体がない・・・HOSHIOさんの秘伝の技はきっと金庫にしまってあるのでしょう!!
しゅー
2012/11/19 01:58
今日は「自主休業」の私です。
しゅーさんは「激動の人生」の真っ只中、という感じですがそれでも日々は過ぎていきますね。ネパールには3日より先のことを考えてる人はいないような気がしました。よい年を迎られますように。来年もよろしくお願いします。
HOSHIO
2012/12/31 11:38
ブログの更新もされていないようですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
今日はちょっと買物に出たのですが、どこも混んでいて疲れて帰ってきました (^^;;

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
タラララ
2012/12/31 15:56
HOSHIOさん,返信が遅くなりました.
明けましておめでとうございます.
昨年は途中からフェード・アウトしてしまいましたが,今年は仕事にかまけることなくブログの方もコツコツと書き込んでいきたいと思います.
よろしくお付き合いのほどお願いします.
しゅー
2013/01/04 14:47
タラララさん,“変身”が遅くなりすみません.
明けましておめでとうございます.
>ブログの更新もされていないようですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
昨年の7月以降,何だか世の中の動き翻弄されつつ仕事をする日々を過ごしていました.まだ1,2年そんな状態が続くようです.
もっとも,自分がジタバタしても仕方がないので,今年はブログの方もコツコツと書き込みたいと思います.
昨年の前半までと同様,お付き合いのほどよろしくお願いします.
しゅー
2013/01/04 15:11
つつがなくお過ごしでしょうか。

もうじき春ですよ。
(^_^)
ことの
2013/02/19 23:06
ことのねえさん,お久しぶりです♪
>つつがなくお過ごしでしょうか。
柄にもなく仕事にかまけています.3.11がなければマッタリしていたはずなのですが・・・

>もうじき春ですよ。
では,ちょっと気取ってみますか(^^)v

ps.
何とか3月中には再開したいと思っています!!
しゅー
2013/02/20 00:47
↑3月に成りましたよ^^
しゅーさんいかがお過ごしですか?

福岡は梅満開で今は桃が咲き始めました♪
この後は桜ですな〜〜(*'ー'*)ふふっ♪
んでその次が・

藤===ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

て・その前に黄砂とPM2・5がやばいですが・・
スー
2013/03/13 19:56
スーさん、本当にお久しぶりです!!

>↑3月に成りましたよ^^
>しゅーさんいかがお過ごしですか?
3月になり,だいぶ暖かくなってきたのに,いまだに余裕が作れません(^^);
本当に世の中,ままならないものです!
このままズルズルと深みにはまって這いだせなくなってしまうのでしょうか?

さて,スーさんはいかがお過ごしですか?
しゅー
2013/03/14 13:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「きっと ここが帰る場所」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる