気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

<<   作成日時 : 2013/08/02 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
現在,プーになるかどうかの瀬戸際で悪戦苦闘しているうちの二世に薦められて読むことにした東野圭吾の作品.彼の作品を読むのはこれが3作目.過去の2作品は,映画化された作品を映画鑑賞と前後して読んだものだった.最初が「容疑者Xの献身」で次に読んだのは「手紙」.そして今回は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」という比較的新しい作品である.

過去の2作品は暗い過去を持つ主人公たちにスポットを当て,主人公とその周囲の人々との関わり合い,立ち位置の相違がもたらす思考および感情の対立を上手く綴ったものだった.重いタッチで展開する物語の末に見えてくる光に安堵感を覚えた.
しかし,本作はこれまで読んだ作品とは違い,タイトルからしてほのぼのとさせるものがあった.「34丁目の奇蹟」が脳裏をよぎったからかもしれない.
読み始めてみると,やはりこれまでとは異なり,SF的(幻想的,怪奇的)な要素が多分に盛り込まれた内容で,さらに作品全体からは落語(人情話)チックさが漂ってきた.

若い三人組のコソ泥が冒頭に登場する.一方で,小説のタイトルにもなっているナミヤ雑貨店の老店主,波矢雄治が登場する.この両者が軸になって物語はナミヤ雑貨店を舞台にして進行する.ただし両者には30年以上の時間のずれがあるのがみそ.
ちなみにナミヤ雑貨店の老店主は,晩年,商売よりも店が近所の子供たちの“子供相談室”になっていることを楽しんでいた.子供たちの意地悪な質問をトンチで回答するゲームのようなものだったのだが,それが評判になり週刊誌に取り上げられると,子供だけでなく大人からも相談を受けるようになった.内容もずっしりと重いものが混じり,さながら人生相談所のようになっていった.浪矢老人は,大人たちの人生相談はもちろん,子供たちの無邪気な質問に対しても,相談者あるいは質問者の気持ちを思い描きながら目一杯悩みつつ回答するのが常だった.
そして,そんな“ナヤミ”雑貨店にいつしか宿った不思議な力に巻き込まれたのが冒頭のコソ泥三人組だったのですが・・・

10代から20代にかけてSF小説好きで,小松左京,半村良,筒井康隆そして星新一などの作品を読み漁っていた.そしてこの歳になっても自分のSF好きは健在のようである.若者向きの作品と感じつつも「深海のYrr」,「1Q84」も楽しめたし,本作も会社のいき帰りや,就寝前を利用していっきに読んでしまった.2つの時代を目まぐるしくエピソードが行き来するにもかかわらずスラスラと読み進められたのは,自分のSF好きもあると思うが,やはり東野圭吾という作家の文章力と構成力によるところが大きい.また,あまり外見は書き込まれていないが,コソ泥三人組の人間性が読み進めるに従いはっきり見えてくる演出もなかなか良かった.そして最後の“落ち”ですっきり読み終えることができた作品だったかなっ・・・

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

音沙汰がなかったので心配してましたが、
久しぶりの更新で、しかも本の紹介で嬉しいです。
(^_^)

これは読んでないなあ。
楽しみ。♪

ことの
2013/08/04 20:56
やあ,ことのねえさん,こんばんは♪
およそ1年間,顔を見せずにゴメンナサイ.
“気まま”をモットーに生きてきた自分には,ちょいと仕事の荷が重く,二世ともども悪戦苦闘中.ところが,最近,仕事が膠着状態になったため,こそっとブログを復活させました!!
この1年間に観た映画の記憶が濃霧に包み込まれる前に何とかしたいのですが・・・さてさてどうなることやら・・・
あとで遊びに行きますね(^^)v
しゅー
2013/08/04 22:24
やあやあ、お久しぶり.
仕事が膠着状態?ってことは、あまり良くもないのかな?
相変わらずワタシはポテチを食いつつ、ゆるゆるとやっております.

ワタシもSF好きですが、もうめっきり読書はしなくなってしまいました.
就寝前に読めるなんてすごいなぁ.ワタシなんかマンガでさえ即寝落ちですよ!
せめて映画でも観ようと今月からSTAR Channel契約してみたものの、果たして何本観られるやら・・・.
トースケ
2013/08/07 22:56
トースケさん,本当にお久しぶりです♪
>仕事が膠着状態?ってことは、あまり良くもないのかな?
良くないですねぇ.でも自分のような下っ端の分際ではどうすることも出来ないので,事態が好転することを祈るばかりです(^^);

>ワタシもSF好きですが、もうめっきり読書はしなくなってしまいました.
自分もあまり読む方ではないのですが,読みだすと一気に読んでしまう性分のようです.

ポテチを食べても健康体のトースケさんが羨ましい!
自分はコレストロールが溜まっている上に血圧も高くメタボの王道まっしぐらです.
まずいなぁ.
そうそう,最近はカルビーの堅あげポテト(うすしお)が定番になってますよー!!
しゅー
2013/08/08 01:43
あっ、いつの間にか復活してた (^^;;
東野圭吾はまだ読んだことがありません。
なかなか電子書籍化してくれなくて…。
最近は活字の大きさを調節できるKindleでないと読書が辛いんです。
ホント歳はとりたくないですね (+_+)
タラララ
2013/08/11 10:20
タラララさん,お久しぶりです.
訪問ありがとうございます!

>東野圭吾・・・なかなか電子書籍化してくれなくて…。
浅田次郎と東野圭吾は書籍の電子化に反対の立場をとってますから,当分,電子化されないでしょうね.

>Kindleでないと読書が辛いんです。
残念ながら自分の読む書物は電子化されていないものがほとんどなので,小説も今のところ紙ベースが当たり前の状態です.
でも,図面等は電子ファイル(CADデータ)の恩恵を受けています.
たまに昔の図面を見る時もスキャンしてパソコンをとおしてみています.
本当に歳は取りたくないですね(>_<);
しゅー
2013/08/12 00:28
iPhoneでkindleを導入してみました。アプリはタダ。無料の「ドグラ・マグラ」と寺田寅彦の「数学と語学」をDLして・・・まだ読んでません。Bookliveなんていうのもあってこっちも「タダ」のものばっかり読んでます。

最近読んだ本では(今夜紹介しようと思ってますけど)「(日本人)」という本が面白かったです。図書館の期限が来たので返却して買うことにしました。こっちは紙です。
HOSHIO
2013/08/17 13:15
HOSHIOさん,お久しぶりです.

寺田寅彦の「数学と語学」・・・ちょっと難しそうですが,魅かれますね!!

今日は5年に1度の高校の同窓会で,今,戻ったところです.
いろんな人と会話して,刺激を受けて・・・この魔法は10日間続くのです(これまでの実績に基づけば・・・)(^^)v
しゅー
2013/08/18 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる