気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「her/世界でひとつの彼女」メモ

<<   作成日時 : 2014/07/12 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
HER
製作年度/ 2013年
製作国/ アメリカ
上映時間/ 126分
監督/ スパイク・ジョーンズ
製作/ ミーガン・エリソン,ヴィンセント・ランディ
原作/ −
脚本/ スパイク・ジョーンズ
音楽/ アーケイド・ファイア,オーウェン・パレット,カレン・O
出演/ ホアキン・フェニックス,エイミー・アダムス,ルーニー・マーラ,オリヴィア・ワイルド,スカーレット・ヨハンソン,クリス・プラット,マット・レッシャー,ポーシャ・ダブルデイ
【映画館】
++++++++++
;ミュージック・ビデオやCM監督として活躍しつつ,映画でも「マルコヴィッチの穴」(1999)で華々しくデビューを飾ったスパイク・ジョーンズ監督の作品.
「マルコヴィッチの穴」とセンタックの童話を映像化した「かいじゅうたちのいるところ」(2009)は,未見ながらも興味を惹いた作品でした.
そんな彼の最新作ということで鑑賞した作品です.

舞台は近未来のロサンゼルス.
一人の中年男性の顔がスクリーンいっぱいに映し出される.
彼の名はセオドア.しばらく,ぶつぶつと独り言を呟くシーンが続くが,そんな彼からカメラを引くと,そこにはハートフル・レター社のオフィスで代筆作家として働く彼の姿があった.依頼主に代わって家族や恋人への手紙を書くのが代筆作家の仕事.彼の文章の出来は良く,同僚からも一目置かれる存在だった.
しばしば恋のキューピットにもなるセオドアだったが,私生活は上手くいかず,妻キャサリンと離婚調停中.現在は男やもめの暮らしを強いられていた.
そんなある日,彼は人との会話ができる世界初のAI型OSを購入した.家に帰ってインストールすると,PCからちょっとハスキーな女性の声が聞こえてきた.彼女の名はサマンサ.セオドアは彼女との会話に夢中になり,そして,何時しか彼女に恋するのですが・・・

この作品の最大のポイントは,恋人同士の二人のうち一人しかスクリーンに登場しないこと.近未来のアイテムは惜しみなく映像化しているけれど,サマンサの姿は最後まで拝むことが叶わず,いやが応でも想像力が掻き立てられた.そのアイディアが実に心憎い.

前半では,センスの良い主人公の説明の後,人々が快適に暮らせる近未来と主人公セオドアの孤独感が対照的に描かれていた.それが効果的だったのか,セオドアとサマンサの恋愛物語にすんなり入り込んでいった.恋人との何気ない日々の会話の楽しさ,お互いが理解しようとする気持ちは刺激的で,一人でいるよりも何倍も人生に喜びをもたらすこと.さらに,相手から自分とは異なる物の見方を学び互いに成長する様にすがすがしさを感じた.

しかし,この恋物語は人生に疲れたオジさんに向けたファンタジーに終わることなく,後半での二人の恋の行方が醍醐味になっていた.そこには思わず考えてしまう要素が盛り込まれていた.サマンサの感情は,単にプログラムが作動しているのにすぎないのか,それともAI自らの感情なのかという疑問.セオドアだけのサマンサからネットワークを介して多くの人たちとつながっていく彼女の成長は,セオドアへの想いと矛盾しないのか.そこには,陰りが見え始めた中年男とこれから花開いていく若き女性との間に生ずる葛藤に似たものを覚えた.
もしサマンサのようなAIが開発されたなら,現在,スマホが親友となりつつある我々の中には,セオドアのような人間が間違いなく現われる.この異種間の恋愛は互いの幸せをもたらすのか.もしどちらかが傷つくとすればAIなのか,それとも人間なのか.そんなことが頭の中を過っていった.
つい,そんなことを考えてしまうのも,脚本と演出の出来の良さと,主人公セオドアを演じるホアキン・フェニックスのリアルな演技とサマンサに息吹を吹き込んだスカーレット・ヨハンソンの声あればこそ,に違いない.

ソフィア・コッポラは,元夫スパイク・ジョーンズとの想い出をスカーレット・ヨハンソン主演の「ロスト・イン・トランスレーション」(2003)に綴った.それからおよそ10年の歳月を経て,スパイク・ジョーンズが作った作品が「her/世界でひとつの彼女」である.
そんな作品の背景が,サマンサとルーニー・マーラ演じるキャサリンにソフィア・コッポラを感じ,また,いろんな描写に元妻へのメッセージを探すこととなり,この作品をより興味深いものにしていた.ラストに物足りなさは残るものの,物語をとおして監督自身の考えや気持ちがセンス良く散りばめられた良作だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、約1年ぶりの復活!
これはスパイク・ジョーンズ監督らしい一風変わった映画みたいですね。
ソフト化されたら見てみたいと思います。

二世さんは入院されたのでしょうか。
2年ということは修士課程なのかな。
2年後の就職も有利になる気がします。

仕事の環境が変わるのは確かにオジサンには辛い (^^;;
でもリストラされることを思えば…。
タラララ
2014/07/15 21:08
タラララさん
本当に久しぶりのアップです。その後が続けばよいのですが・・・(・・?)

>スパイク・ジョーンズらしい一風変わった映画・・・
比較的地味な作品ですが、個人的にはとても気に入った作品でした。

>二世さんは・・・
今年から、2年間の予定で低学校に通い始めました。
しかし、入学2か月でつまずき、現在、落語で心を癒しながら踏ん張っている状態です。どうやることやら・・・
しゅー
2014/07/16 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「her/世界でひとつの彼女」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる