気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「夫が多すぎて」メモ

<<   作成日時 : 2014/11/15 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
上映時間/ 120分
舞台監督/ 内田けんじ
原作/ W・サマセット・モーム
舞台監督/ 小川亘
音楽/ 佐藤史朗
出演/ 大地真央,中村梅雀,石田純一,徳井優,水野久美,未沙のえる,樋渡真司,朝廣亮二
【演劇】
++++++++++
銀座のシアタークリエで上演されていたW・サマセット・モーム原作の芝居「夫が多すぎて」のメモです.主演の大地真央が,以前,林家パー子の物まねを年末のTV番組で披露していて驚いたのですが,この芝居を観ていて彼女の演技力ならば容易いことだったのだと妙に納得してしまいました.

第一次戦争が終わって間もないイギリス.
ヴィクトリアは寝室でネイルをしてもらいながら談笑している.マニュキア師はヴィクトリアに一生懸命に話を合わせていた.彼女たちの会話を聞いていると,ヴィクトリアの最初の夫ウィリアムは軍人で出兵先で帰らぬ人になったようだ.その後,彼女は夫の親友で夫同様軍人であるフレデリックと再婚した.彼女には二人の子供がいる.一人は初めの夫との間にできた子供で名前はフレデリック.もう一人は二番目の夫との間にできた子供で名前はウィリアム.現在の彼女は一人の夫と二人の子供とともに最初の夫の家で幸せに暮らしているようだ.

そこに,二番目の夫フレデリックが帰ってきた.
彼はヴィクトリアに,さっき最初の夫ウィリアムから電話があって,今駅にいる,これから家に帰る,と連絡があったと告げた.死んだはずの夫が帰ってくる.現在の状況をウィリアムにどう説明すれば良いのか.そしてこれからどうすればよいか.
それに,現在,ヴィクトリアは成金のレスター・ペイトンにも求愛されていた.さてさて,ヴィクトリアの周囲に男3人が存在するというややこしい状況の幕が切って落とされるのですが・・・

およそ2時間30分の芝居.途中で20分の休憩を挟んでの二部構成になっていて,物語の部分は実質2時間だった.そして最後におまけのステージが10分ほどあった.

何も考えずに主人公のヴィクトリアの感性とその廻りで翻弄される3人の男の姿を楽しむ芝居だった.しかし,物語の背景を考えると悲劇を逆手に取ったコメディである.それを皮肉を込めつつ面白可笑しく仕上げられているのがこの芝居の魅力だった.

全体的には軽妙なタッチで物語が進んでいくが,ラストに向かう前の弁護士が出てきて離婚協議をするシーンだけはごちゃごちゃしていてくどい感じがした.そこを,もう少し,すっきりとスマートにまとめてあればもっと楽しかったに違いない.

ヴィクトリアが住む家が舞台.彼女の寝室,居間,台所の場面,それらの場面を家の門口の場面が繋いでいた.
ヴィクトリアの寝室の場面は,中心に彼女の座る椅子を置き,舞台左手に大きな化粧台,右手にはヴィクトリアのベッドが配置されていた.やや右手奥にはクローゼット.そして左隅には部屋のドアがあった.彼女の座る椅子を中心にライトが当てられ,舞台全体がとても明るくこの芝居のイメージを象徴していた.

物語の主人公ヴィクトリアを演じたのは大地真央.ヴィクトリアは自分勝手でとても我儘な女性なのだが,でも天真爛漫でとてもかわいい.そんな女性を彼女は嫌みなくとても明るく演じていた.60歳近くとは思えないほど若々しく華のある彼女の魅力が芝居全体に溢れていた.

彼女の二人の夫を演じたのは中村梅雀と石田純一.死んだはずの最初の夫ウィリアムを演じた中村梅雀は,自由自在の演技で芝居を楽しくするとともに,大地真央を引き立てていた.一方,二番目の夫フレデリックを演じた石田純一は,格段演技が上手いとは言えないものの,「不倫は文化だ!」という台詞が用意されていたりして,芸能人としての彼のイメージが前面に押し出されていた.大地真央を抜きにした二人の夫の掛け合いの芝居もなかなか楽しかった.

二人の夫に割り込んでくる成金レスターを演じたのは,かつて引越しサカイのCMでブレイクした徳井優.二人の夫には出せないコテッとしたキャラで芝居に幅を作っていた.あとヴィクトリアの母親役で出演していた水野久美は芝居に安心感を生み出していた.

舞台での大地真央はTVよりも宝塚オーラを発して華やかな印象でした.物語を引っ張るのはもちろん大地真央ですが,中村梅雀,石田純一そして徳井優らの演技もそれぞれの個性を発揮していて,なかなか楽しい芝居だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「夫が多すぎて」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる