気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★「ホーリーモーターズ」メモ

<<   作成日時 : 2014/11/22 13:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
HOLY MOTORS
製作年度/ 2012年
製作国/ フランス,ドイツ
上映時間/ 101分
監督/ レオス・カラックス
製作総指揮/ −
原作/ −
脚本/ レオス・カラックス
音楽/ −
出演/ ドニ・ラヴァン,エディット・スコブ,エヴァ・メンデス,カイリー・ミノーグ,エリーズ・ロモー,ミシェル・ピッコリ,レオス・カラックス,ナースチャ・ゴルベワ・カラックス,レダ・ウムズンヌ,ジェフリー・キャリー,アナベル・デクスター=ジョーンズ,ジャンヌ・ディソン
【映画館】
++++++++++
「ホーリーモーターズ」は去年の5月に観た作品.忙しい最中に気分転換にと劇場に観に行ったものの,多少,睡魔と闘いながら鑑賞した作品です.

ホテルの一室.真夜中に目覚めた男は,部屋の壁に隠し扉があるのを見つける.その扉は,汽笛とカモメの鳴き声が鳴り響き,顔のない観客で満席の映画館へと続いていた.彼らはいったい何を観ているのか.

早朝,船の様な豪邸に住む大富豪の銀行家が,子供たちに見送られ白いリムジンに乗り込んだ.彼の名はオスカー.リムジンを運転するのは落ち着いた感じの女性.彼女はオスカーの秘書のようでもある.オスカーはその日の予定を確認し,鳴り出した携帯をとる.電話の相手に向かって夜にカフェで会う約束をする.

電話を終えたオスカーはリムジン内に用意された化粧鏡の覆いをはずし,白髪交じりのカツラを梳かし始めた.そしてある橋のたもとに到着したリムジンから降りてきたのはみすぼらしく腰の曲がった物乞いの女.それは見事に変装したオスカーなのですが・・・

本作の監督,レオン・カラックスという名前は聞いたことがあった.彼のこれまでの作品「ボーイ・ミーツ・ガール」,「ボンヌフの恋人」,「ポーラX」もどこかで聞いたことがある.しかし,彼の作品を観たのはこれが初めて.本作は,1999年に制作された「ポーラX」以来,実に13年ぶりの彼の長編作品らしい.

主人公はオスカーと呼ばれる正体不明の謎の人物.初めは大富豪の銀行家としてリムジンに乗り込むが,一日中,車の中で変装を繰り返し11人の異なる人格を演じている.
途中までは,白いリムジンの映像で仕切られた個々のエピソードに隠された監督の意図を読み取ろうとしたり,エピソード間の関連性を探ったりしたが,後半は眠気もあっていつの間にかぼんやりとエピソードを眺めていた.

陰鬱で怪しげな雰囲気を醸し出す映像の中で,オスカーら登場人物たちの唐突でエキセントリックな行動がだらだらと続く.どのエピソードもストーリー的には意味不明.オスカーが“メルド”なる怪物を演じるエピソードも,背景にゴジラのテーマが流れていたので少しだけ興味が持てたが,内容的には他のエピソードと同様に意味不明だった.

ちなみに“メルド”は下水道に潜む怪物.モデルの撮影現場に現れ,モデルを連れ出して洞窟へと逃げ込む.そこで“メルド”は裸になり,モデルを膝枕にして眠りにつくという内容である.おそらく,いずれのエピソードもレオン・カラックス監督のインスピレーションを映像化したもので,以前から彼の作品が好きな良き理解者にしか理解することが困難な代物である.

本作の主人公オスカーを演じたのはドニ・ラヴァンという俳優.監督のレオン・カラックス作品にはなくてはならない存在らしい.彼の演技には悲壮感と緊張感が漂うばかりか,演技以上のものも感じた.それでもレオン・カラックス監督の筋書のないだらだらした演出により,作品全体に魅力を感じるまでには至らなかった.

どうやら自分はレオン・カラックス監督の感性を受け入れられなかったようです.多少,睡魔との闘いもあって,楽しむことが出来ませんでした.各国の映画祭で賞を取っていたり,雑誌の年間ベストテンで上位に食い込んだ作品のようですが,万人向きの作品ではありません.自分はお奨めしない作品だったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この手の映画がまだ作られると言うことは、芸術を支えるパトロンがいるってことなんですかねww

それにしてもカラックスってこんなに寡作でどうやって食っていけるんでしょう?それもパトロンが養ってるんでしょうか・・・。同世代ですが、羨ましいですwww
HOSHIO
2014/11/29 15:02
HOSHIOさん
>芸術を支えるパトロンがいる・・・
この映画は芸術ですか・・・自分には理解できないから芸術なのでしょうね!
13年間も長編が作れないということは,今回はやっと見つけたパトロンということ(・・)?

>どうやって食っていける・・・
影の部分は解りません.しかし何かに憑りつかれた人間は強かに生きていけるような気がします.凡人は執念がないので生きられません・・・
しゅー
2014/11/29 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
★「ホーリーモーターズ」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる