気ままに映画メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「海月姫」メモ

<<   作成日時 : 2015/01/12 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
製作年度/ 2014年
製作国/ 日本
上映時間/ 126分
監督/ 川村泰祐
製作総指揮/ −
原作/ 東村アキコ
脚本/ 大野敏哉
音楽/ 前山田健一
出演/ 能年玲奈,菅田将暉,池脇千鶴,太田莉菜,馬場園梓,篠原ともえ,片瀬那奈,速水もこみち,平泉成,長谷川博己
【映画館】
++++++++++
遅くなりましたが,明けましておめでとうございます.今年もよろしくです.
今年の正月映画はあまり惹かれる作品がなく,能年玲奈のメガネをかけて引き攣っている姿が決め手となり観ることにした作品です.

髪は三つ編み,顔はスッピン,野暮ったいメガネをかけ,ジャージ姿の出で立ちで少し俯きかげんで歩く女の子が登場する.彼女の名前は倉下月海.渋谷で開催されているクラゲ展を見に行く途中だった.しかし,渋谷の街を行交うオシャレな女性たちを見た途端,立ち竦み,クラゲを観れずに敢え無く撃沈.

月海は,子供の頃,お母さんと水族館で見て以来,筋金入りのクラゲおたくになった.イラストレーターを目指して鹿児島から上京したものの,恋愛とかオシャレとかには見向きもせず,部屋にこもってクラゲの絵ばかり描いている.彼女が渋谷に行くのは無謀な行動だったようだ.

そんな月海にとって,古びたアパート「天水館」は唯一心の落ち着く場所.そこには彼女と同じようなおたくでニートな仲間たち“尼〜ず”が住んでいる.メンバーは,鉄道おたくのばんば,和服おたくの千恵子,枯れ専のジジさま,三国志おたくのまやや,そしてクラゲおたくの月海である.

ある日,月海は,熱帯魚ショップの水槽にいたタコクラゲを救いたい一心で,勇気を出してショップの男性店員に話しかけた.しかし店員には,必死の形相で,ひたすらまくし立てる彼女の姿は変人にしか見えない.そんな店員と月海がトラブっているところに,オシャレ女子蔵子が登場.蔵子は月海を助けるとともに,ショップにいたタコクラゲを彼女にプレゼントする.翌朝,月海は彼女の部屋に一緒に泊まった蔵子を見てパニックに.実は蔵子は近所に住む女装好きのイケメン大学生,蔵之助だったのですが・・・

アニメ化もされた東村アキコのコミック「海月姫」を,「のだめカンタービレ 最終楽章(後編)」や「ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐監督が実写化したもの.正月に観るにはもってこいのコメディ映画だった.

特に前半は楽しい.主人公のクラゲおたく月海と彼女の周囲の面々を,滑って転んでしまうような小ネタを散らしたエピソードを交えて紹介しつつ,物語が展開する.とてもおバカながらもなかなか良い味を出していた.
後半は,再開発のために天水館を取り壊す計画が浮上.暇さえあればやってくる蔵之助に尻を叩かれながら,心が折れそうになりつつも不動産会社の女狐と闘う“尼〜ず”の姿が描かれる.前半とは打って変わり,青春学園ものドラマのようなノリで物語は展開する.しかし,クライマックスに向けての進行が間延び気味で,途中から背景に流れるSEKAI NO OWARI「スターライト・パレード」のファンタジックなメロディにかなり助けられつつクライマックスに辿り着く.クライマックスももたつき感は否めなかった.後半をシャープにまとめ上げ,“尼〜ず”の表面的な面白さだけでなく,彼女たちの魅力をもっとしっかりと描いたならば,面白い作品というだけでなく,もっと良い作品に仕上がったに違いない.

主人公,月海を演じたのは,NHKの朝の連続小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈.「あまちゃん」で見せたコメディアンヌぶりは本作でも健在.彼女の一生懸命さと独特の間合いが笑いを誘う.そして満面の笑顔がキラキラと輝いていた.
一方,女装好きのイケメン男子,蔵之助を演じたのは本作で知った菅田将暉.女装をすると多少オカマっぽさは出るものの,本作で登場する女優の面々とひけをとらない綺麗さを披露していた.まだ二十歳ちょっと過ぎながら,演技の方も安定感があった.仮面ライダーから内気な少年,そして女装好き男子まで何でもこなせる芸達者な俳優のようである.
“尼〜ず”の面々はというと,鉄道おたくのばんばは池脇千鶴,和服おたくの千恵子は馬場園梓(アジアン),枯れ専のジジ様を演じたのはシノラーこと篠原ともえ,そして三国志おたくのまややは太田愛菜.馬場園梓を除けばみんな誰だかわからないくらい見事に変装していた.

東村アキコのコミックは未読ですが,「のだめカンタービレ!」が上野樹里なしには成立しなかったように,本作も能年玲奈なしには成立しない作品のように感じました.それほど,能年に嵌り役で,彼女のコメディアンヌぶりを楽しめる作品です.作品的にも面白かったのですが,おたく女史たちの面白い面だけでなく,世界が注目する日本文化の担い手“おたく”の魅力をもっとしっかり描いてほしかったかなっ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆「海月姫」メモ 気ままに映画メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる