☆「ザ・ロック 」メモ

画像
製作年度/ 1996年
製作国・地域/ アメリカ
上映時間/ 135分
監督/ マイケル・ベイ
製作総指揮/ ショーン・コネリー
原作 -
脚本/ デヴィッド・ワイズバーグ 、ダグラス・S・クック 、マーク・ロスナー
音楽/ ニック・グレニー=スミス 、ハンス・ジマー
出演/ ニコラス・ケイジ 、ショーン・コネリー 、エド・ハリス 、マイケル・ビーン 、ウィリアム・フォーサイス
【ビデオ】
++++++++++
ショーン・コネリーが,アルカトラズ刑務所(通称ロック)を唯一人脱獄したことのある元英国諜報部員メイソンとして登場します.
ショーン・コネリーは私の好きな俳優の一人です.
007シリーズでのジェームス・ボンドは,子供心にもカッコ良く魅力的でした.
映画自体も大好きで,毎シリーズ,はらはら,どきどきしながら見ました.

ジェームス・ボンドの役がショーン・コネリーからロジャー・ムーアに変わったとき,ロジャー・ムーアでは,これまでの映画のような色気がなくなってしまう,と大変残念に思いました.
でも,その頃は,まだショーン・コネリーが大好きと言うわけではありませんでした.

私は好きになったのはその後のショーン・コネリーです.
「未来惑星ザルドス」、「風邪とライオン」(当時のお気に入り映画),「ロビンとマリアン」などを通して,ダンディで,渋くて,それでいてどこか男の哀愁もある,憧れの俳優になっていきました.
一時は,彼が主演する映画なら,まず間違いなく楽しめる,と感じたものです.
最近は,「リーグ・オブ・レジェンド」のようなつまらない作品もありますが,彼自体はやっぱりかっこいい.
ああいうふうに年を取れたら,幸せな人生だろう,と思います(絶対になれない・・・).

この映画では,元英国諜報部員メイソンとVXガス搭載のミサイルを盗み,アルカトラズ島に立て籠もったハメル准将との緊張感あふれる駆け引きが見所となっています.ハメル准将を演じるのはエド・ハリス.指揮官としては非情と思えるほど厳しいが,心の奥底では人を愛し,慈しむ気持ちを大切にする男を好演しています.
そして,ニコラス・ケイジ演じる化学兵器専門家グッドスピードが,この映画の緊張感を解きほぐしてくれます.

最後まで,はらはら,どきどき,子供の頃に見た007シリーズと同じような感激が味わえました(アクション映画の定石であるカーチェイスもなかなか良い).
緊迫感・迫力・躍動感そしてユーモアもあり,これぞ,娯楽アクション映画だ,と私には思える作品でした.
また,この映画はストーリーが良いので,アクション映画ファンでなくても結構楽しめる映画だと思います.【dshu echo】

ザ・ロック@映画生活

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

笑也
2005年09月29日 23:12
雄庇鰤です。ご無沙汰しました。

あなたの好きな俳優は?と訊かれたら...答えてあげるが世の情け...じゃない←ロケット団。
一番最初に出てくるのが Sコネリーです。私 毛が薄くなってからの彼が好きです。
何となく007の時は彼を好きだからでなくて 今風に言えば 格好いいドラえもん...?だったような気がします。
じゃあ 今ビデオをさらって見るか?というとそうでもないなあ~と...。
ただ 自分の中にSコネリーは若い人を勇気付けたり 応援したりするイメージが強いです。その辺はやっぱり「ザ ロック」かな。
頼りない 学者さんのケイジを静かに力強くフォローするような 広さとか深さを感じさせるものがあって いいなあ...と思います。
その2
2005年09月29日 23:30
以前 何かの読者のページの投稿にあった話なんですが...
見知らぬ男性とエレベーターで間じかに乗り合わせた女性が 1階に到着して ドア側からどんどん同乗のお客が降りていき、何となく2人きりになった時 その男性から「夜景を楽しみに行きませんか?」と声かけられ
つい 「はい」と答えてしまったんだそうです。
エレベーターでそのまま最上階まで行き(確か 外が見えるエレベーター)そのまま夜景をみて さーっと1階へ...「素敵な夜でした...ありがとう」と言ってその男性はでていったのですが 仄かなトワレの匂いも素敵だったとか。
私もこの話が大好きで...思い出すたび 浮かんでくるのはSコネリーだったりします。
なんだか Sコネリーだったら「はい~!」ってついて行ってしまいそう(^▽^;ゞ
dshu echo
2005年09月30日 03:08
笑也さん,こんばんは
そうなんですよね~
S・コネリーには,今でも男の色気がありますよね.
そして,若い頃にはなかった,渋さもあるから魅力を感じるのだと思います.

映画って,楽しいだけでも,じゅうぶん良いのですが・・・
自分の将来像を模索するうえでの道しるべであったりもします.

あと10年後に,こんな感じになれれば良いな~とか
とても,こんなにはなれないけど,少しでも近づければ良いな~とか・・・

映像ですから,小説よりイメージがはっきりします.
とても,S・コネリーのようにはなれない・・・でも,彼が理想のイメージ・・・なんちゃって(^^);

あと好きな俳優・・・
つい最近みた映画のマイケル・ケインも良かった.
昔の俳優だとジョン・ウェイン.日本だと原田芳雄あたりかな・・・

ああ~,また青臭いことを書いてしまった(^^);

この記事へのトラックバック