☆「ハウルの動く城」メモ

画像
製作年度/ 2004年
製作国/ 日本
上映時間/ 119分
監督/ 宮崎駿
製作総指揮/ -
原作/ ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
脚本/ 宮崎駿
音楽/ 久石譲
声の出演/ 倍賞千恵子 、木村拓哉 、美輪明宏 、我修院達也 、神木隆之介
【DVD】
++++++++++
英国の児童文学作家,ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」をモチーフにした宮崎駿監督のアニメーション「ハウルの動く城」を観ました.
アカデミー賞まで獲得した前作「千と千尋の神隠し」同様,大ヒットを記録したスタジオ・ジブリの作品です.

魔法と科学が混在する不思議な世界の物語.
主人公の少女ソフィーは亡き父の遺した帽子屋を引き継ぎました.しかし,お客との対応は人に任せ,いつも,仕事場に籠もり帽子を作るか,窓越しの風景を眺める日々を送っています.
妹のレティーはカフェ,チェザーリの看板娘.彼女はソフィーに尋ねます.「本当に帽子屋になりたいの・・・」.ソフィーはその答え探しをやめてしまった少女.
彼女は,ある日,悪名高き魔法使いハウルに出会います.ところが,実際のハウルはハンサムで紳士的な青年.その夜,ハウルに執着している荒地の魔女がソフィーのところを訪れ,彼女を90歳の老婆にしていまいます.翌日,目を覚ました彼女は,昨日の出来事が夢であることを願いつつ鏡を覗き込みます.しかし,鏡に映る姿は老婆のまま.だれも自分とは気づいてくれない姿になってしまった以上,もうここにはいられない.ソフィーは荷物をまとめ,荒地の魔女のいる荒野を目指して旅立つのですが・・・

老婆になった少女ソフィーが青年魔法使いハウルや弟子マルクルたちと“動く城”で奇妙な共同生活をする物語.宮崎駿のいつもながらのノスタルジー感溢れるファンタジー.
昔のヨーロッパのように見えて,魔法使いや未来の空飛ぶ乗り物が平然と出てきても違和感がない,そして東洋も混在する不思議な世界が出現します.
このアニメの風景の美しさ,構図の上手さは抜群です.美しい色彩,自然の風景と空の描写は他のアニメには見られないもの.空が見せる様々な表情が丁寧に描かれています.さらに美しい町並みと愛らしいキャラクターたち.そしてノスタルジー感に拍車をかける久石譲の素晴らしい音楽.

“動く城”は4本足で歩行する.がらくたが寄せ集まってできた城ですが,よく見ると目や口もあったりして暖かみがある.この城の持ち主ハウルはハンサムでかっこ良い青年.でも,城の中での彼は,ちょっと弱虫で,意外にわがままで甘えん坊.“動く城”はハウルの心の隠れ家.ハウルの弟子マルクルは,ハウルに代わって城へやってくる来客に「待たれよ~」と対応するかわいい少年.この城が動くのはハウルとの契約により暖炉に縛りつけられている火の悪魔カルシファーの魔力.彼はお調子モンの憎めないやつ.途中から加わる憎き荒地の魔女も含め,“動く城”の住人たちはみんな実に個性的.

「ハウルの動く城」は感覚的な部分が多く,ストーリーが作り出すわくわく感はありません.
それでも,青年魔法使いハウルとソフィーが一緒に空へ舞い上がり,束の間の空中散歩を楽しむシーンや,後半の“動く城”の暴走シーンは躍動感があり,たいしたストーリーがなくてもそれなりにわくわくできる楽しいアニメ.
また,主人公ソフィーの姿が,若返ったり年老いたり,目まぐるしく変化する様が印象的.
心が前向きなときは若返り,そうでないときは呪いをかけられた状態に戻る.ソフィーにも潜在的な魔力があり,その魔力が強く働くとき荒地の魔女の魔力が打ち消されるのかもしれませんね.それは兎も角,実写ではホラーになるような表現を,敢えて作品に持ち込んだ宮崎駿の新たな試み.そして,肉体は衰えても,精神年齢というやつは若者も年寄りもそんなに大差がないことを表現したかったのでしょうか.

「ハウルの動く城」の映像の素晴らしさ,キャラクターの愛らしさは,きっと子供たちにも魅力的でしょう.でも,子供がこのアニメの持つ“曖昧さ”を自力で理解できるとは思えません.善悪のみでは表現できない登場人物,彼らの複雑な係わり方などは,親子の会話をとおして理解を深める必要がありそうです.
ソフィーに魔法をかけた荒地の魔女の妖艶さは,その声を演じた美輪明宏そのものでした・・・


ハウルの動く城@映画生活

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月02日 09:39
確かに、綺麗でした。
ハウルって母性本能くすぐるんですよね。
あんなカッコイイハウルに「君を守る」とか言われたら、
化け物だってなんだっていいわ♪私ついていきます♪
ってなっちゃいますよ\(^▽^@)ノ アハハ

ただ、私とハニーにとっては肝心なストーリーで謎が多く、
頭をひねらして劇場から出てきたわけで、
説明が足りない部分たくさんありすぎではないでしょうか?
想像力を膨らませるって事かもしれないけど、
私には納得いきませんでした。
残念な映画だと思います。
タラララ
2006年05月02日 12:38
これ、まだ見ていません。
個人的にジブリ作品は世評ほど高く評価していないので、レンタルでいいかな…って (^^;;
GW中は確実に貸出中でしょうから、連休明けにでも借りてみます。

美輪さんは「TAKESHIS'」でも、一種のオーラを発していました。
歌うような話し方が好きです (^^)
黒一
2006年05月02日 13:27
『しゅう』さん みみみ 観たんか(・_・?)
観たんやな~(゚_。)?

( ̄~ ̄;) ウーン あっ とんどるぞ
「歯売るの飛ぶ城」か(・_・?)
私も観たいなぁ~
私もジブリの作品だけいうなら
それほど 高い評価はしないと思います
アニメの表現手法的には 特筆ものですが

ナウシカくらいでしょうか・・・
それ以降のさくひんは 何かしら
曖昧なテーマで走り出してるって感じで
いまひとつ 納得できないものがあって

千と千尋は テーマが遥か彼方だし・・・
これって なんなんだろう

てな具合ですが
やっぱ 観たいのは確かです

観た~な~
しゅー
2006年05月02日 14:10
タ~コさん,こんにちはっ!
>肝心なストーリーで謎が多く・・・
なははははっ,このアニメにまともなストーリーはないのでは(・・?)
この世界の説明と登場人物&かれらの関係の説明.
それから,いくつかのエピソードが並んでいるだけではないでしょうか・・・
この映画にしても,「千と千尋の神隠し」にしてもストーリーがないですね~

この映画は,映像&音楽は素晴らしいと思います♪
本当に,ちゃんとしたストーリーがないのが残念です(^^);
しゅー
2006年05月02日 14:23
タラララさん,こんにちは!
>個人的にジブリ作品は世評ほど高く評価していないので・・・
なにしろストーリーがないですからね~(^^);
これからどうなるだろう,というわくわく感がないんですよ~
映像を見て,楽しいな~と思うシーンは結構あるのですが・・・(^^);

この映画では,久石譲の音楽に嵌りまして・・・
音楽が映像をさらに魅力的にしていました(^o^)

ところで,“ジブリ”はディズニーの息がかかっていますが・・・
タラララさんの場合,ディズニーと関係する作品は拒絶反応を起こすのでは・・・なははは(^^)v
しゅー
2006年05月02日 14:40
黒一さん,こんにちは!
>「歯売るの飛ぶ城」か(・_・?)
ははははっ!・・・確かに♪

>アニメの表現手法的には 特筆ものですが
そうですか~.プロの黒一さんがいうなら間違いないですねっ!
本当にこの映画でも映像(+音楽)は素晴らしいと思いました.
とくに空に非常にこだわった映像でした(^o^)

ジブリ作品・・・
けっこう,好きな作品があります.
「ナウシカ」はストーリーによるわくわく感がありました.
「魔女の宅急便」もストーリーはしっかりしてたかな.
「トトロ」は“子供の頃の懐かしい想い出”がテーマだから,当然ノスタルジー映像とベストマッチング(^^)v

その後はちょっとね~
宮崎駿はノスタルジーおやじになってしまった(・・?)
とってつけたようなテーマを見せられてもね~
そうはいっても「もののけ姫」には迫力を感じました!
でもって,「ハウル」では映像と音楽がベストマッチングでしたよ~(^^)v
タ~コ
2006年05月02日 16:08
私ったら、千と千尋はちゃんと理解できたんですよ。
カオナシさんは、千尋の「欲」の象徴だと思うんです。
人間にしかないから、千尋が連れてきたことになるんでしょうねぇ。
10歳の現代っ子が両親と共にもとの世界に帰りたいって
成長していくところ。とっても良かったと思います。
ハクが迎えに来る所は何度見てもウルウルしちゃうw

そんな訳で、「ハウル・・・」期待しすぎちゃった(-_-;)
でも、ハウルとカルシファは好きなキャラ♪
野沢菜っ葉。
2006年05月02日 16:10
ハウルは・・・友達が見にいって
何が??なんだかよく分からないって言っていたので
見にいくのは止めた映画でした。

私は「もののけ姫」が1番好きかな~
旦那は「猫の恩返し」と「千と千尋の神隠し」が
好きみたいですがね。
しゅー
2006年05月02日 17:50
タ~コさん,カオナシさんですか~
なかなか不思議なキャラクターでしたねっ!
どんな行動するか予想がつかないところが良かったですね~♪
「千と千尋の神隠し」は宮崎駿が,本当に,子供のために作ったアニメって感じがします.
それに比べると,このアニメはそういう意識が感じられない作品ですねっ!
しゅー
2006年05月02日 17:57
菜っ葉ちゃん,こんにちはっ!
猫の恩返し・・・
そうそう,菜っ葉ちゃんの旦那は「猫の恩返し」を何回も見たんでしたねっ.
完璧に嵌ったのでしょうね~♪
私はこの映画は未見のため,“ジブリ”作品であることを忘れていました(^^);

もののけ姫・・・
女性で,この作品が気に入っている人って結構珍しいのでは・・・(・・?)
野沢菜っ葉。
2006年05月02日 21:27
もののけ姫は本当に1番初めに観た時は
本当に気持ち悪いくらいリアルで
怖かったんだよね。
アニメで怖いって思ったのが初めてで
衝撃だったのよ^^:
タラララ
2006年05月02日 22:16
しゅーさん、ディズニーとブラッカイマーは嫌いですが、それはたまたま嫌いな2つが関連しているだけで…。
別にディズニーと関連しているから嫌いになるということはないですよ。
ホホホ~。
黒一
2006年05月02日 23:34
確かに ディズニーのアニメは凄いぞ!!
昔のアニメだけどね・・・

セルを使って撮ってたころのものは
ディズニーのアニメって 滑らかな動きで
感動させてくれたものです (。-_-。 )ノハイ

ところで 「千と千尋」って 神様のお話
では無いのですか(・_・?)
ストーリーというよりも 警鐘はあると思う
しゅー
2006年05月03日 00:22
菜っ葉ちゃん,こんばんは
>もののけ姫
>怖かったんだよね。
そうそう,かなり緊迫感のあるアニメで,怖い印象も受ける作品でした.
だから,子供にはもちろん,女性にもあまり評判が良くない作品だったと思います.
この映画にも,なんとなく“自然の大切さ”というテーマが曖昧に語られていたような気がします・・・(^^);
しゅー
2006年05月03日 00:35
タラララさん
宮崎駿って,単なるアニメ親父ではないと思うのですよ~
私見を述べると,非常に商魂逞しい人なのかなって思っています.
やはり,物凄い興行成績をあげたり,スタジオ・ジブリを作ったり,人気俳優を声優に使ったり,ディズニーと組んだりするのは,その目的は何であれ,かなり商売上手な人なのかと・・・
そう考えると,作品を作るにあたっても,かなりディズニーの要望を飲んでいるように思うのです.
もっとも,ピクサーのようにかなりの実績があれば,無理も利くでしょうが,“スタジオ・ジブリ”の場合にはそこまで力があるとは思えませんし・・・
なんてことを思い浮かべると,タラララさんはジブリの作品にも現在のディズニーと同じ臭いを感じるのではないだろうか,と思ったまでです・・・はい!
しゅー
2006年05月03日 00:54
黒一さん
>ところで 「千と千尋」って 神様のお話
そうですね~.一応設定としては,神々の国に千尋は迷い込んだことになってますから,神様のお話になるのかもしれませんね~
でも,神は神でも八百万の神.だから,いろんな神がいて,神というか,妖怪というか,魔物というか・・・(゚_。)?
確か,千も千尋が小さい頃に落ちた川の主だったし・・・
湯婆婆は魔女ですよ~.和の世界には巫女は存在しても,魔女はね~.風貌も呼び方もやっぱり西洋出身だと思うのですが・・・
ってことで,宮崎駿の頭の中で生み出された神々のお話っていうのが妥当かと思います(^^);
タラララ
2006年05月03日 15:37
へぇ~、宮崎さんってそういう面もあるのですね。
全然、知りませんでした。
ディズニーとの提携に関しては、憧れのディズニーから話があれば、よほどの酷い条件でない限りアニメーターなら断らないだろう…とは思いますけど。
ディズニーの商売上手を見越して…というのもあるでしょうしね (^^;;

古いディズニーには個人的に思い入れがあるので、最近のディズニーを腹立たしく思うのですが、古い宮崎アニメ(ジブリ)には特に思い入れがないのです (^^;;
「カリオストロ」は好きじゃないですし、「ナウシカ」「ラピュタ」は多分、見ていないはずです。
「トトロ」ぐらいでしょうか、古いジブリ作品で面白かったのは。
逆に、しゅーさんが、かなり古い宮崎アニメに思い入れがあるような (^^;;
mick
2006年05月03日 16:48
ハウル見ましたよ。宮崎作品は好く見てますね。
特に「となりのトトロ」「千と千尋」は好きです。
あまり深く追求しないで、みております・・・
しゅー
2006年05月04日 00:01
タラララさん,こんばんは
>古い宮崎アニメに思い入れがあるような・・・
「風の谷のナウシカ」&「となりのトトロ」には思い入れがあります.
これまでに,どちらも4~5回は観ていると思います(^^)v

タラララさんが「ナウシカ」を観ていないというのはちょっと意外かな~♪
しゅー
2006年05月04日 00:12
ミックさん,こんばんは
「となりのトトロ」&「千と千尋」ですか~♪
「千と千尋の神隠し」は,宮崎駿の作品で唯一劇場で観た作品です(^o^)
そのとき思ったのは,彼の作品はTV画面で観るよりも,劇場で観た方がずっと映えるということでした.
映像に躍動感がありました(^^)v
黒一
2006年05月04日 03:01
『ナウシカ』は アニメージュに連載して
それから 映画の話が上がったのですが
その時から 思い入れはありまして・・・
宮崎氏の画風が好きなのです それに
映画としては 原作の一部分しか作られて
なくて少々 物足りないのかな(・_・?)

でも 当地方にはあの頃 レンタルショップ
というのが無くて 買いましたよ ビデオ
1万数千円で・・・
久石氏のイメージアルバムも買ったし・・・

まぁ アニメージュの影響 大ですね
タラララ
2006年05月04日 13:24
「ナウシカ」と「ラピュタ」は、ひょっとしたらテレビ放送した時に見ているかも知れません。
見ていたとしたら、自分には印象に残らなかったということですね。
友人たちも口を揃えて面白いと言うので、「それなら多分、見ていないのだろう」と思っているのです (^^;;
自分はかなり、いい加減なヤツなんですよ、オホホ~。
しゅー
2006年05月05日 22:45
黒一さん,こんばんは!
風の谷のナウシカ・・・
映画が製作された後もアニメージュで連載されてましたね!
今から,10年ぐらい前に完成したのでしょうか(・・?)
映画のナウシカは1984年の作品ですから,確かに原作のほんの一部でしょうねっ♪

>買いましたよ ビデオ
私は,TVで放映されたのを録画して観ました.
ですから,上映されてからだいぶ経ってから鑑賞したことになります.
しゅー
2006年05月06日 10:00
タラララさん
当時,このタイプの劇場用アニメって,かなり本数が少ないですから,おそらくご覧になっていないのだと思います.

>オホホ~
「プロデューサズ」を鑑賞後,タラララさんはオカマになっちゃったかな~♪
黒一
2006年05月06日 11:08
意味も無く感動したのが「風の谷の馬鹿」∑(・o・;) アット
「風の谷のナウシカ」でしてね
イメージソングで成田安美・・・(; ̄ー ̄)...ン?
安田成美さんが 歌っておったが・・・
買ったのは 久石さんの イメージアルバム
映像を見る前に 既に感動モードでしたよ

ああ 「歯売るの飛ぶシロ」・・・
∑(・o・;) アッ シロさん 飛ばしちゃったよ

DVDでも 買って来るかな~
連休も明日でおわりだ
御曹司の誕生日でおわりか~ 出費が・・・
しゅー
2006年05月07日 01:34
黒一さん!
久石さんのイメージ・アルバムだとすれば,安田成美は何も関係ないような・・・(^^);
だって,彼女の歌は,たしか,松本&細野コンビの作品!
それに,映画にも使われていませんでしたよねっ・・・・
黒一
2006年05月07日 08:17
('-'*)オハヨ♪
そうなのよ 成美ちゃんの歌も
イメージソングですた 買ったけど・・・
え~ ( ̄ο ̄) 一回聴いただけでした

もうね イメージアルバムの方が良かった
何ていうのか (-^▽^-) オーホッホ
何いってるのかわからんな~ 
脳みそが まだねてらーよ

(; ̄ー ̄)...ン? 松本零士と細野不二彦(・_・?)
しゅー
2006年05月07日 17:52
黒一さん
>松本零士と細野不二彦(・_・?)
ナイスです♪

細野不二彦は大好きな漫画家です!
その中でも,「愛しのバットマン」&「ダブルフェース」が好きかな~(^o^)
その次ぐらいに「ギャラリー・フェイク」・・・
昔,TVで放映されていた「さすがの猿飛」にも,結講,嵌っていました(^^)v
脱線魔王 黒一
2006年05月07日 19:26
パットマンX (・・∂) アレ?
( ̄ω ̄;)エートォ... 「さすがの猿鳶」の
(・_・?)鳶・・・ ダイジェストビデオあるぞ
伊藤さやかの 主題歌も 持ってるぞっ
て なにしてんにゃろか今頃・・・

細野不二彦さん イチジ「クラ・ジョウ」
描いてたので 好きなのですが
あまり 作品を見ていないのです(。-_-。 )ノハイ
野沢菜っ葉。
2006年05月07日 20:48
しゅーさん
ごめんよ~しゅーさんの質問の返事
今ごろ気がついて返事しておきました
m(。_。;))mペコペコ

金曜日には「もものけ姫」やるね~TVで
ビデオの録画予定です
しゅー
2006年05月07日 21:46
黒一さん!
>イチジ「クラ・ジョウ」描いてたので・・・
「クラッシャージョウ」は未読ですが,この漫画のスタッフだったのですか(^^);
若かりし頃の黒一さんの謎に迫る・・・なははっ♪
しゅー
2006年05月07日 21:49
菜っ葉ちゃん,こんばんは!
>今ごろ気がついて返事しておきました・・・
今頃気づいてって,まだコメントしてからいくらも経っていませんよ~(^o^)

今回は残念でしたが,次の機会こそ,いい話を期待してます(^^)v
脱線王 黒一
2006年05月07日 23:53
(; ̄ー ̄)...ン? (゚∇゚ ;)エッ!? (・・∂) アレ?

不二彦さんですがな クラ・ジョウ描いてたのは
安彦さんとは 別に 描いてたのですよハイ(^-^)/

ああ 寝よう・・・ (*゚・゚)ンッ? ダウト・・・
しゅー
2006年05月08日 12:30
脱線魔王から脱線王に降格(・・?)
黒一さんの「クラ・ジョウ」と「クラッシャージョウ」は別物だったのですね!
黒一さんの↑はどんな作品だったのかな~♪
脱線列車 黒一
2006年05月08日 21:39
( ̄ω ̄;)エートォ...

ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

> 黒一さんの↑はどんな作品だったのかな~♪
ヾ( ̄o ̄;)チガウッテバ、、、
しゅー
2006年05月09日 12:52
底抜け脱線列車の黒一さん,こんにちは!

>ぶぁっはははっははは♪
どうも,噛み合っていないようですね(^^);

>イチジ「クラ・ジョウ」描いてたので・・・
これはどういう意味だったのだろう(・・?)

黒一さんの“火の鳥”はないのですか・・・・(^o^)
脱線おやじ 黒一
2006年05月09日 21:58
> 細野不二彦さん イチジ「クラ・ジョウ」
> 描いてたので

・・・っちゅう 訳ですね
「クラ・ジョウ」 かあ~ しみじみ

-{}@{}@{}- 焼き鳥どうぞ
( ゚人゚)ダーレガ( σ。。)σコロシタ ( ゚人゚)クック( σ。。)σロビン
2006年05月10日 01:10
宮崎作品で好きなのは「コナン」「カリ城」あとジブリ時代では「紅の豚」ですね.「もののけ」「ハウル」は未見です.
ワタシの勝手な私見ですが、宮崎さんて自分が描きたいマンガやアニメを描いていられればいい、という人なのではないかと. だから有名タレントを声優に使ったり、話題作りをして商魂たくましくしたり、というのは本当に宮崎さんの意思なのかどうか、と思います.
あと、ジブリ関連グッズって、他のキャラクター商品に比べてバカ高いですよね.好きなマンガを描きたい氏と、金儲けをしたい会社との間に大きなズレを感じてしまうのは私だけでしょうか.
もひとつ言えば、「千と千尋」のDVDカラーバランスの問題.緑の空にピンクの雲.どう見てもおかしいのにジブリは「これが正しい色」と言い張ります.あのシビアな宮崎さんがこんな色を認めるはずがないですよね.ジブリが色ズレを認めると、莫大な返品・交換費用がかかるから「これが正しい色」だと言っているのだと想像するのですが….
ちょっと辛口になりましたね.でも宮崎さんは好きですよ.
しゅー
2006年05月10日 12:19
は~い,脱線おやじ君♪
>・・・っちゅう 訳ですね
そうですか,そういうわけが逢ったのですか(・・?)
なるほど,なるほど,さっぱり判らない・・・(^o^)

>-{}@{}@{}- 焼き鳥どうぞ
戴きマンモス・・・(^^)v(めちゃ陳腐・・・小さな声)
どこかで,使ってみようっと・・・あはっ♪
しゅー
2006年05月10日 12:50
トースケさん,お久ぶり~♪
「ナウシカ」&「トトロ」好きのしゅーです.
「紅の豚」は,フランス版(・・?)ではジャン・レノが声優をして話題になりましたねっ!
でも,私自身は見たのですが,あまり印象に残っていません(^^);

>ジブリ関連グッズって、他のキャラクター商品に比べてバカ高いですよね.
どんなに高いのだろ~と思って,ネットで調べていたら,“クマのプーさん”もジブリ・グッズになってました.DVDも販売元はブエナ・ビスタだし,ディズニー色が強いですね~.

>緑の空にピンクの雲.
「千と千尋」は劇場で見たのですが,↑のようだったかは覚えていません.
どうだったろう(・・?)
もし,劇場とDVDとで配色が異なっていれば,トースケさんのいうとおりかもしれませんねっ(^o^)

>本当に宮崎さんの意思なのかどうか・・・
小さな声で・・・
宮崎さんは結構ワンマンそうだから,↑でも書いたように“その目的は何であれ”彼の考えも強く働いているのではないでしょうか?
黒一
2006年05月10日 21:54
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
ただいま帰りました・・・
『紅の豚』 私的に 雰囲気が好きです

何にせよ 殆どの宮崎アニメに出てくる
「飛ぶもの」は 案外綺麗だったりします
まだ観てないけど 「ハウルの~」も
飛んでるようだし・・・

千と千尋の ハクが 飛んでるとこも
ああ 長いものが 飛ぶと実際も
こんな感じなのかなぁ~ と 思ってしまいます

ハイ(^-^)/
トースケ
2006年05月10日 23:27
しゅーさん、カラーバランス崩れは、劇場版にはありません.
DVDだけです.(VHS版も大丈夫という噂)
これって結構社会問題になりましたよ.
しゅー
2006年05月11日 19:01
黒一さん
宮崎産のアニメには,たいてい空とノスタルジーがつきものです♪
小さな声:“もののけ”だけは空を飛ぶシーンがイメージできない(^^);
黒一さんの言うように,確かにハウルは飛びませんでしたが,ソフィーが空中散歩するシーンがありました.
ずっと,昔から,宮崎産はこのシーンを暖めていたのではないでしょうか(・・?)
しゅー
2006年05月12日 01:15
トースケさん,うふふっ・・・
>社会問題になりましたよ.
そこまで,言っちゃいますか♪
私の場合は,もし,DVDで見ても意外と気づかなかったかもっ!
しかし,ジブリって,姑息ですね(^^);
ミスはミスとして認めたほうが,潔くて好きだな~♪

猫姫少佐現品限り
2006年06月27日 01:17
こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
あたしがこの映画イマイチなのは、日本が舞台じゃないからだと思っています。
だから他の宮崎アニメでも、もののけ姫、千と千尋、とかが好きです。
一番好きなのは、耳をすませば、なんですケド、、、
しゅー
2006年06月27日 23:50
猫姫さん,こんばんは!
>日本が舞台じゃないからだと思っています。
そうですか・・・
それじゃ,「ナウシカ」とか「魔女の宅急便」もダメですね!
自分は,「トトロ」が一番好きで,次に「ナウシカ」が好きです♪
「耳をすませば」は未見ですので,こんど見てみますね(^o^)

この記事へのトラックバック

  • ハウルの動く城 今年の225本目

    Excerpt: ハウルの動く城 こういう世界観を創ることが出来る人、尊敬します。 宮崎アニメって、その題名を聞いて、これで良い映画になるの?感動できるの?って、思ってしまうのです。この映画もそう。題名を聞いただけ.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2006-06-26 02:26
  • ハウルの動く城

    Excerpt: 家族など 足手まといの 我がまま国   そっと言います、「ハウルの動く城」をやっとこさ観ましたよ。なんのことはない、テレビで放映されたものですから。当時から、おもしろい、つまらない、賛否両論.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2006-07-22 15:22
  • 「ハウルの動く城」

    Excerpt: 宮崎駿監督の話題作「ハウルの動く城」を観賞。 今年初めに一度観賞したが、このたび改めて、立て続けに2度観賞。 ひと言で言うならば、難解な映画である。 難解というのは、「分かりやすさに.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2006-07-25 23:25
  • ハウルの動く城

    Excerpt: 見た目は90歳のおばぁちゃん。…でも?! ハウルの動く城ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 宮崎駿 倍賞千恵子 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-16売り上げランキング.. Weblog: ムーパラ控え室から・・・ racked: 2006-08-12 00:29