☆「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」メモ

スターウォーズ_ES9_02.jpg
STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER
製作年度/ 2019年
製作国/ 米国
上映時間/ 142分
監督/ J・J・エイブラムス
製作総指揮/ カラム・グリーン,トミー・ゴームリー,ジェイソン・マクガトリン
原作/ (ジョージ・ルーカス)
脚本/ J・J・エイブラムス,クリス・テリオ
音楽/ ジョン・ウィリアムズ
出演/ デイジー・リドリー,アダム・ドライヴァー,ジョン・ボイエガ,オスカー・アイザック,マーク・ハミル,キャリー・フィッシャー,ビリー・ディー・ウィリアムズ,アンソニー・ダニエルズ,ケリー・ラッセル,ナオミ・アッキー,リチャード・E・グランド,イアン・マクダーミド,グレッグ・グランバーグ,デニス・ローソン,ケイリー・フラミング,ビリー・ハウル,ジョディ・カマー,ジェームズ・アール・ジョーンズ,ヘイデン・クリステンセン,ユアン・マクレガー,リーアム・ニーソン,サミュエル・L・ジャクソン,アンディ・サーキス,J・J・エイブラムス,ハリソン・フォード
【映画館】
++++++++++
新型コロナウイルス対応として,政府からの“不要不急”の行動は慎むようにとのお達しで,来週からの2週間,社会活動が大きく制約される(2週間後は不明.脆弱な医療体制が多少は手当てされると思うが・・・).1月上旬には,これほど大騒ぎになるとは夢にも思わず,なんの心配もなく“スター・ウォーズ”シリーズのラストを飾る「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を鑑賞していた.前々作の“フォースの覚醒”で最後にするつもりでいたのだが,本作がかなり話題になったことと,全9部作のフィナーレということで,鑑賞することに(なお,前作のEP.8 “最後のジェダイ”は未鑑賞).

監督は,前々作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でも監督を務めたJ・J・エイブラムス.主演は,デイジー・リドリー,ジョン・ボイエガそれからアダム・ドライヴァー.これまでの作品で活躍してきた面々も多数出演している.

いつものように,“A long time ago in a galaxy far ,far away...”が消えるとともに,ジョン・ウィリアムズ作曲のスター・ウォーズのテーマ曲が流れて物語は始まった.
ファースト・オーダーの最高指導者になったカイロ・レン(アダム・ドライヴァー)は,銀河中にその勢力を拡大.一方,元新共和国のレイア・オーガナ将軍(キャリー・フィッシャー)が組織した私設軍隊レジスタンスに,かつての同志や宇宙船が結集していた.
ファースト・オーダーに戦いを挑むレジスタンス軍.その鍵を握るのは,ジェダイの道を究めるために修行を積んでいた最後のジェダイ,レイ(デイジー・リドリー)という展開.ただし,レイに対するカイロ・レンの挙動がどうも怪しい・・・

話のテンポがとても良いのに,大味さをあまり感じない.相当,細部まで詰めた脚本のせいか,冒頭から次々とスリリングな展開を楽しみつつ,カイロ・レンとレイのつながりや謎が徐々に判明していく.
“ジェダイの騎士”と“フォース”という言葉で代表される第一部の“スター・ウォーズ”シリーズの世界観は,第二部で迷走し,“ダーク”観の強いエンターテイメントになっていた.それを,“フォースの覚醒”で方向転換させ,“スカイウォーカー夜明け”でも楽しいファンタジー作品に仕上がっていた.
さらに,シリーズの総決算に相応しく,これまで活躍してきた面々が,いろんなところで顔を出す.ピーター・カッシングやアレック・ギネスにはお目にかかれなかったものの,ハリソン・フォード,ユアン・マクレガー,リーアム・ニーソン,サミュエル・L・ジャクソン,マーク・ハミルそれからチューバッカ,R2-D2,C-3PO等のお馴染みメンバーに出会うことができた.あれっ,ナタリー・ポートマンもいたのかなぁ.
メカでは,ミレニアム・ファルコン,Xウィング,TIEシリーズが登場.砂漠で躍動するトレッド・スピーターが最も気に入った.

スケール観のある映像が随所に見られ,特に,惑星パサーナでの砂漠と渓谷の戦闘シーンと終盤の巨大惑星エンドアの衛星ケフバーの風景は壮大.また,ラストの無数のスター・デストロイヤーとレジスタンス軍の無数の宇宙船との壮絶な戦いは,まさしく理屈抜きのエンターテイメントだった.

レイを演じた主演のデイジー・リドリーは確かに若くて美人なのだが,どうも自分の中では影が薄い.敵役カイロ・レンを演じたアダム・ドライヴァーの存在感に押されていた.EP.7“フォースの覚醒”では,迫力不足でミスマッチ感を覚えたアダム・ドライヴァーだったが,本作では彼の魅力が存分に引き出されていた.ちょうど,ジム・ジャームッシュ監督作品「パターソン」でのバス運転手のときのように.彼の表情は他の役者にはない何とも言えない雰囲気がある.あと気になったのがレイア姫ことキャリー・フィッシャー.彼女はEP.8“最後のジェダイ”の撮影後に亡くなったはずだが,本作の中に違和感なく出演していた.

ジョージ・ルーカスが,おそらく中世の物語からヒントを得て製作したスペース・ファンタジーに飛びついた40年前の若者から,リアルな若者までが楽しめるファンタジーを作り出すのは容易なことではなかったはず.ノスタルジーに陥ることなく,旧作品の魅力を新しい息吹きに置き換えつつリアルな若者を取り込めたのは,やはり,脚本と監督を務めたJ・J・エイブラムスの忍耐力とち密さによるところが大きいに違いない.しかし,個人的には,もっと遊びの部分があっても良かったように思えた.

自分が,まだ10代の頃にEP.4“新たなる希望”が公開されて以来,続編が常に世界的にヒットし続けてきた超大作スペース・ファンタジー.完結してみると“スター・ウォーズ”は三代にわたるスカイウォーカー家の物語.アナキン(ダース・ベーダー),ルークとレイアそしてカイロ・レンは,銀河共和国の統治による平和な時代から,銀河共和国が通商連合や分離主義からの攻撃により衰退する時代,帝国軍と反乱軍との戦争,新共和国の時代,帝国軍の残党によるファースト・オーダーが勢力を増す時代,そして,ファースト・オーダーと新共和国の元将軍レイアが設立したレジスタンス軍との戦争の中で生きてきた.ときには,宇宙規模で繰り広げられる親と子の戦い.そんな銀河の歴史とスカイウォーカー家の背後に存在したのが,光と闇,“ジェダイ”と“シス”という2つの勢力.これらのすべてを纏めつつ,しっかりと風呂敷の紐を結んだようなラストだった.これだけスケールの大きな娯楽作品シリーズを作り出せるハリウッドは流石である.本シリーズはEP.9“スカイウォーカーの夜明け”だけを観ても感慨はおそらく生まれない.自分の場合は,8/9作品を観て,スケールの大きい物語と認識できるとともに,映画の背景にある世の流れ,技術の進歩を痛感し,とても興味深いシリーズだったかなっ・・・

スターウォーズ_ES9_04.jpg
+++++
新しい会社で新入社員として働き始めて,“はや”と言うか,“やっと”と言うか,2ヶ月が経過した.この歳になって新しい文化の中でゼロからスタートというのは,味わってみないと判らないだろうなぁ~というのが正直なところ.仕事の進め方,組織の仕組み,人間関係等,全てにおいて手探り状態.それでも,“何とかなりそうだ”というのは見えてきた(クビにならない限り).自分的には,これから5年間,中途半端なポジションで古巣に燻っているよりは,後悔しなさそうである.神田のカレー屋巡り,密かに進行中(^^♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年03月10日 21:30
こんばんは~ 超ご無沙汰しております~
新しいお仕事お疲れさまです
慣れるまで時間がかかりますが なんとかなりそうと思えると良いですね
スターウォーズ見ましたけど・・もうこれで終わることはない!と思って帰ってきましたね
レイを演じた主演のデイジー・リドリー・・同じように思ってました(笑)
この映画が終わってからコロナ騒ぎ!! ホント大変ですね
その間にも映画は見ましたよ 1917 命をかけた伝令! このときは結構人がいてました
今日は厳戒態勢の中 「ジュディ 虹の彼方に」を見てきました
15人くらいでしたね 映画は良かったですね
レニーゼルフィガーのファンでしたから イメージが違う役でした ラストはちょっとうるるときましたね~
それじゃ また遊びに来ますのでよろしく~
しゅー
2020年03月13日 19:54
本当に超ご無沙汰しています!!

>新しいお仕事お疲れさまです
新しい仕事に慣れる前に,コロナでテレワークになってしまいました.
テレワーク中は,これまでにも増して,何をすべきが手探り状態です.

>レイを演じた主演のデイジー・リドリー
若くて,きれいな女優さんなんですけどねっ.

>1917 命をかけた伝令!
とても評判の良い作品のようですね.コロナがなければ見ようと思っていました.

>レニーゼルフィガー
復活ですね.一時は整形どうのこうのとかなり叩かれていましたが,実力はありますからね.
自分は,”オズの魔王使い””スター誕生”は見た記憶があります.

>それじゃ また遊びに来ますのでよろしく~
お待ちしています(^^♪
HOSHIO
2020年03月29日 00:53
先日、といってももう数ヶ月前のことですが、番組で紹介して美味しそうだったボンディに行ってみました。しかし驚いたことに(関係があるのか)それは業界で有名な出前カレー「オーベルジーヌ」とまったく同じ!

といったらカレー通には叱られる?でも付け合わせのじゃがいもとバターを含めてクリソツでした。並んでたわー。
しゅー
2020年04月19日 10:30
いつの間にか,コメントが・・・
HOSHIO様,気づかずにすみませんでした!

ボンディは,ちょっと高いですね.具材はしっかりしていますが・・・
自分は,あまり並ばずに入ることができました.味はまずまずではないでしょうか.ポテトは,神田周辺のカレー屋のスタイルにようです.
ちなみに,ボンディは本店と支店の2店舗あり,どちらも会社から5分以内のところにあります.

欧州風カレーは味が似てしまいます.タイ,スマトラとかエチオピアとかのカレーの方が面白いです(^^♪